わろてんか (第123回・2/27) 感想

連続テレビ小説「わろてんか」

NHK総合・連続テレビ小説『わろてんか』公式
第22週『夢を継ぐ者』 『第123回』の感想。


 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


てん(葵わかな)と風太(濱田岳)は、リリコ(広瀬アリス)と四郎(松尾諭)が他社に引き抜かれそうだと、亀井(内場勝則)から報告を受けて二人を問い詰めるが、北村を裏切るつもりは全くないと聞いてホッとする。25周年パーティーの責任者となった隼也(成田凌)は、お目付け役の万丈目(藤井隆)に企画の相談をするが、なによりもまず芸事を理解することが一番と言われ、なぜかうしろ面の特訓をする羽目になる。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

引き抜き話をコソコソと話すのの、どこが面白いの?

今回のアバンタイトルも、何か、何かなぁって感じ。引き抜きの話を主人公ら4人でコソコソ話しをして、手前の男性2人がコケるみたいなの、面白いのかな? そもそも、なぜひそひそ話にしなければいけないのかも分からなければ、主人公の中途半端な表情の意味も分からん。だから、アバンは要らないのに…

よくも、こんな無責任な根拠無き台詞を書けるものだ!

万丈目「北村の歩み それは 芸人抜きでは語れまへん」

あれ、ここ “わろてんかポイント” かな? だって、これまでの約5か月間、劇中時間で言えば北村笑店の24年間の描写で、芸人が出て来たくだりなんて、創業当時くらいでしょ? それでなくても、創業、結婚以前では散々芸人や芸、笑いを見下したような表現を繰り返してよく書くよ、こんな台詞。無責任極まりないぞ。

その後の万丈目の、聞いているこちらが恥ずかしくなる程の “強引な藤吉と主人公のアゲアゲ” もよくぞ平気で書けるものだ。一々文字には起こさないが。

あとがき

隼也の「後ろ面」や、亀井の探偵ごっこ、撮影現場では面白いと思って撮影しているのでしょうか? やればやるほど、テレビの外は醒めていくのに…。まっ 「おてんちゃんの降霊コーナー」が無かっただけが救いですかね。そして、今回も全く見る必要のない15分間でした。これ、脚本家・ 吉田智子さんの罪は大きいですよ。

最後に。前回の感想に、52回もの Web拍手やコメントを頂き、ありがとうございました。いやぁ、面白くないですね。その一言。最近は視聴率も下がっているようで。それにしても、おてんちゃんの存在感の薄さが半端ありませんね。これからどうするつもりなのでしょう?

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


             

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
新版 女興行師 吉本せい: 浪花演藝史譚 (ちくま文庫)
NHK連続テレビ小説 “わろてんか” 吉本せいの生涯 (時空旅人 別冊)
「わろてんか」を商いにした街 大阪
朝ドラ「わろてんか」のヒロインモデル・吉本せい 吉本興業創業物語~NHK連続テレビ小説非公式ガイド~ 三才ムック vol.967
【Amazon.co.jp限定】連続テレビ小説 わろてんか 完全版 Blu-ray-BOX1(全3巻購入特典[わろてんか特製 夫婦茶碗]引換シリアルコード付)
わろてんか メモリアルブック (ステラMOOK)
【Amazon.co.jp限定】連続テレビ小説 わろてんか 完全版 Blu-ray-BOX2(全3巻購入特典[わろてんか特製 夫婦茶碗]引換シリアルコード付)
anan (アンアン)2018/01/31[選択の技術(テクニック)]


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/11070/


★「北村(藤岡)てん」のモデル「吉本せい」のについて書かれた本の感想
[読書] 笑いを愛した吉本せい - 吉本興業創業者の波乱万丈記 (洋泉社) 感想
[読書] 吉本せいと林正之助 愛と勇気の言葉 (坂本 優二/著・イースト・プレス) 感想

【これまでの感想】
「わろてんか」なぜ視聴者を “場違いの笑いと置いてけぼり” を続けるのか?(2017/10/15)

第1週『わろたらアカン』
1 2 3 4 5 6
第2週『父の笑い』
7 8 9 10 11 12
第3週『一生笑わしたる』
13 14 15 16 17 18
第4週『始末屋のごりょんさん』
19 20 21 22 23 24
第5週『笑いを商売に』
25 26 27 28 29 30
第6週『ふたりの夢の寄席』
31 32 33 34 35 36
第7週『風鳥亭、羽ばたく』
37 38 39 40 41 42
第8週『笑売の道』
43 44 45 46 47 48
第9週『女のかんにん袋』
49 50 51 52 53 54
第10週『笑いの神様』
55 56 57 58 59 60
第11週『われても末に』
61 62 63 64 65 66
第12週『お笑い大阪 春の陣』
67 68 69 70 71 72
第13週『エッサッサ乙女組』
73 74 75 76
第14週『みんなの夢』
77 78 79
第15週『泣いたらあかん』
80 81 82 83 84 85
第16週『笑いの新時代』
86 87 88 89 90 91
第17週『ずっと、わろてんか』
92 93 94 95 96 97
第18週『女興行師てん』
98 99 100 101 102 103
第19週『最高のコンビ』
104 105 106 107 108 109
第20週『ボンのご乱心』
110 111 112 113 114 115
第21週『ちっちゃな恋の物語』
116 117 118 119 120 121
第22週『夢を継ぐ者』
122

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【わろてんか】第123回(第23週火曜日) 感想

連続テレビ小説。あの吉本興業の創業者・吉本…「てん」を演じるのは葵わかなさん。他、松坂桃李、濱田岳、高橋一…【わろてんか】第123回(第23週火曜日)…

ビフテキに用心>『わろてんか』第123話

​​​​​​​​​​​​​​ふと思ったけれども… ヒロインてんを、ここまで脇に追いやるのは ドラマの出来やキャラ造形のトホホぶりのおかげで ヒロイン女優の存在が視聴者の​トラウマ​になるのを 防ごうとの配慮か? 実際のところ ドラマとあまりにも同化していた某『ま〇』ヒロインには 今でも見かけるだけで複雑な気持ちになる でも、ドラマでの存在感が薄いとはいえ CM等...

ビフテキに用心>『わろてんか』第123話

​​​​​​​​​​​​​​ふと思ったけれども…ヒロインてんを、ここまで脇に追いやるのはドラマの出来やキャラ造形のトホホぶりのおかげでヒロイン女優の存在が視聴者の​トラ...

連続テレビ小説『わろてんか』第123回

内容リリコ(広瀬アリス)と四郎(松尾諭)への引き抜き話を、偶然、耳にした亀井(内場勝則)は、てん(葵わかな)たちに報告する。てん、風太(濱田岳)たちが、2人を問い正したところ、話があったことは認めた上で、移籍はないと言いきるリリコ。だが、四郎の様子がおかしいことに気付いた亀井は、てんにそれを報告。そんななか、風太が調べたところ、他にも話があるらしいと分かり。。。一方、万丈目(藤井隆)と25周...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR