FINAL CUT (第6話・2018/2/13) 感想

FINAL CUT

関西テレビ制作・フジテレビ系・『FINAL CUT』公式
第6話『愛する人へ…真犯人は、君の兄さんだ』の感想。



慶介(亀梨和也)は、雪子(栗山千明)が自分の目的に気付いたことを悟る。そんな中、SNSで有名な料理研究家・みちる(今野杏南)が殺された。警察は同棲中の恋人でシステムエンジニアの矢口(中村倫也)の犯行を疑い、「ザ・プレミアワイド」も矢口が犯人であるかのように報道する。慶介のサイトを見た矢口が、助けを求めて自宅を訪ねてきた。慶介は無実を訴える矢口を信じるが、大地(高木雄也)は彼を警察に引き渡すよう促す。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


脚本:金子ありさ(過去作/ナースのお仕事3,4、サプリ、パパドル!、花燃ゆ)
演出:三宅喜重(過去作/銭の戦争、嘘の戦争) 第1,2,3,5
   日暮 謙(過去作/ラブホの上野さん、過保護のカホコ) 第4,6
音楽:菅野祐悟(過去作/東京タラレバ娘、刑事ゆがみ)

若干の失速感が漂ったのは、間違いない…

前回が「第一章」の終焉だったせいもあり、且つ亀梨和也さんの迫真の演技の効果も相まって、かなり見応えある放送回だっただけに、この第6話には若干の失速感が漂ったのは間違いない。

そうなった原因は、第1話から続けていた復讐劇が 百々瀬(藤木直人)まで進んで、一時停止したものの一応何となく片付いてしまったことと、第6話は “ 百々瀬の逆襲劇” に切り替わって面白くなると思ったらそうで無かったことの2つが挙げられるだろう。

「第二章」が "慶介自身の物語" なら次回からに期待!

ただ、こうも考えられる。次回の予告編を見ると、「第二章」は “百々瀬の逆襲劇” でなく、“慶介(亀梨和也)自身の物語” と捉えると、今回はそのイントロ部分として「中村慶介」と言う主人公の内面に肉薄しつつ、 12年前の母・恭子(裕木奈江)が経営する保育園にて女児殺害事件の真相に迫る前哨戦とも言えそうだ。

とは言え、もう少し “何か” あっても良かったし、主人公の見せ場に第1話で描かれた “パルクール” 以外の演技での見せ場も欲しかった。

あとがき

復讐劇そのものの面白さが、だいぶ薄まってしまったのも残念です。その上、今回のように警視庁内の動きに尺を割くとと、「次は、高田副署長(佐々木蔵之介)は何者?」と言う部分への興味が強くなり、ドラマ全体がまとまりの無い、ぼやけた印象になったような。前回の見応えある『FINAL CUT』の復活を期待します。
※2月20日(火)の放送はお休み。次回、2月27日(火)の第7話は、20分拡大SPです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


       

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
FINAL CUT オリジナル・サウンドトラック 菅野祐悟
FINAL CUT(上) (扶桑社文庫) 金子 ありさ(脚本)
ブラックリベンジ DVD-BOX
嘘の戦争 Blu-ray BOX
銭の戦争 Blu-ray BOX


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/11018/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FINAL CUT 「愛する人へ…真犯人は、君の兄さんだ」

なんだか、第二章に突入の感ですね。『ザ・プレミアワイド』の司会者・百々瀬(藤木直人)だと突き止めた慶介(亀梨和也)だったが、突きつけた“ファイナルカット”をフェイクニュースとして扱うといった百々瀬の機転によって、追い込みに失敗ファイナル・カットとして、お仕置きされた面々が結集。今度は、慶介の洗い出しと12年前の事件にロックオンします。そんな中、真犯人だとにらむ小河原祥太の妹・雪子(栗山千明)...

FINAL CUT第6話

慶介(亀梨和也)は、雪子(栗山千明)が自分の目的に気付いたことを悟る。そんな中、SNSで有名な料理研究家・みちる(今野杏南)が殺された。警察は同棲中の恋人でシステムエンジニアの矢口(中村倫也)の犯行を疑い、「ザ・プレミアワイド」も矢口が犯人であるかのように報道する。慶介のサイトを見た矢口が、助けを求めて自宅を訪ねてきた。慶介は無実を訴える矢口を信じるが、大地(高木雄也)は彼を警察に引き渡すよ...

FINAL CUT 第6話

慶介(亀梨和也)が制裁するために脅迫して来たザ・プレミアワイドの関係者・井出(杉本哲太)、久美子(水野美紀)、小池(林遣都)、皆川(やついいちろう)は、司会者・百々瀬(藤木直人)の呼びかけで会議室に集められます。 一同は百々瀬から、全員が慶介に脅迫されていたと知らされて驚きます。 そんな彼らを前に、百々瀬は不敵な笑みを浮かべて、「早川慶介」を調べるように指示するのでした。 ...

FINAL CUT 第6話

『真犯人は君の兄さんだ…愛する人へ宣告のとき』「愛する人へ…真犯人は、君の兄さんだ」内容“ファイナルカット”で百々瀬(藤木直人)を追いつめた慶介(亀梨和也)しかし、百々瀬は、それをフェイクニュースとして公表。慶介の作戦は失敗に終わる。その直後、雪子(栗山千明)から“兄が帰ってきた”と連絡を受けた慶介。しかし、指定された場所には、雪子たちはいなかった。雪子の罠だと感づくも、時すでに遅し。雪子、...

FINAL CUT #06

『愛する人へ…真犯人は、君の兄さんだ』

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR