映画「ジオストーム(2D・日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし

映画「ジオストーム(2D・日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし
映画 『ジオストーム(2D・日本語字幕版)』公式)を本日、劇場鑑賞。採点は、★★★★(最高5つ星で、4つ)。100点満点なら70点にします。

私の評価基準(映画用)

ディレクター目線のざっくりストーリー

近未来。全世界の天候は、天候を制御する宇宙ステーション「気象コントロール衛星」によって管理され、地球の大規模自然災害はなくなっていた。ところが、運用開始から2年後のある日突然、衛星がウイルス感染して暴走し始め、世界各地で同時多発的なジオストーム(地球嵐)が発生し、空前絶後の巨大災害が次々と勃発。

宇宙ステーションの開発者ジェイクと、現衛星の責任者でジェイクと幼い頃から馬が合わない弟マックスは、地球と人類滅亡の危機を食い止めるために挑戦する…

70年代のパニック映画の王道に通じる直球勝負の爽快感!

言ってしまえば、全編に亘って既視感と突っ込み所が満載で、SFパニック映画をベースに、政治サスペンス、カーアクション、そして、兄弟愛に親子愛に同僚愛に人類愛と、恋愛要素以外のあらゆる映画の楽しさがギュッと詰まった王道のSFパニック映画だ。しかし、70年代のパニック映画の王道に通じる直球勝負の爽快感がある。

パニック映画に欠かせないツボもしっかりと描かれる!

上映時間106分だから、とにかくテンポが速い。しかし、雑に進むことは無く, 小気味よく且つ歯切れの良い展開で、寄り道や脇目も振らず目的地へ一直線。要は、単純明快。

でも、パニック映画に絶対欠かせない、あり得ない災害と言う極限下でも決して屈することなく、最後の最後まで諦めずに使命を全うする人間の使命感や責任感、そんな人間だけが得られるカッコ良さや幸福感は、しっかりと描かれる。

だから、単純明快でご都合主義的なストーリー展開ではあるが、本作らしい想定内のハッピーエンドでも思わずこちらがニヤリとしてしまうのだ。

また、映画『カリフォルニア・ダウン』級の大地震、ビル倒壊、津波と言った悲劇の連続、映画『アルマゲドン』を彷彿させる自己犠牲のカッコ良さ、映画『ゼロ・グラビティ』のような宇宙飛行士や科学者の決死のサバイバルなど、既視感は拭えないが、ど派手なVSXの連続はお得と考えるべき。とにかく、良い方に考える。それが、本作の正しい楽しみ方だ。

エメリッヒ監督からの "破壊" の継承と、人間ドラマは見応えアリ!

序盤で、地面に落とした卵が一瞬で目玉焼きになる程の高温地熱化した香港の道路に人が平気で立っている時点で、本作に突っ込むほうが野暮と言うが理解できる。

となれば、あとは東京に降り注ぐ大量の雹(ひょう)、常夏のリオの海は瞬時に凍り、モスクワでは熱射、ドバイでは大洪水、中東の砂漠では氷結など天変地異のオンパレードの美しい?VFXの世界を楽しんだ者勝ちだ。

とにかく殆どが “破壊” の連続で息つく暇も無いが、映画『インディペンデンス・デイ』でローランド・エメリッヒ監督と脚本を手掛けた本作のディーン・デヴリン監督こそのエメリッヒ監督からの “破壊” の継承でもあり、兄弟愛や家族愛などの人間ドラマは十分に見応えがある、それが本作だ。B級映画ではない。

あとがき

あらゆる天変地異のど派手なVFXのオンパレードの合間に、政治サスペンス、カーアクション、そして、兄弟愛に親子愛に同僚愛に人類愛と、恋愛要素以外の映画の楽しさがギュッと詰まった、直球勝負の爽快感は70年代の王道のSFパニック映画(筆者おススメの作品は下記の Amazon のリンクです)を彷彿させます。荒唐無稽で突っ込み所満載ですが、難しい事は抜きで楽しんだ者勝ちです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


               

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
ジオストーム(サウンドトラックCD)
Geostorm (Original Motion Picture Soundtrack)
アルマゲドン [Blu-ray]
カリフォルニア・ダウン [Blu-ray]
ゼロ・グラビティ [Blu-ray]
エアポート'75 [DVD]
パニック・イン・スタジアム [DVD]
タワーリング・インフェルノ [Blu-ray]
ポセイドン・アドベンチャー [Blu-ray]


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/10936/

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ジオストーム

地球温暖化が進んで異常気象が頻発したので、人類は気象制御ができる人工衛星を全世界に打ち上げる。その発明のおかげで平穏な気象が保たれるようになってけど、何者かの陰謀で深刻な異常気象が起きる。極端な冷気や熱波が起きるようになって、その解決のために宇宙ステーシ

「ジオストーム」:中学生レベルの脚本なんだけど・・・

映画『ジオストーム』は、相当にバカバカしいホラ話。ってゆーか、なんか中学生が書い

劇場鑑賞「ジオストーム」

詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201801190001/ オリジナル・サウンドトラック ジオストーム [ ローン・バルフェ ]価格:2592円(税込、送料無料) (2018/1/13時点)

ジオストーム

ジオストーム@よみうりホール

「ジオストーム」

これは面白かった!単純でオーソドックスなディザスタームービー。だけどこういう作品が、疲れた脳みそには心地良い。「王道」というのはなかなかいいもんだ。正直に言うとこういうディザスタームービーは、大体の展開や帰結はわかっていて、結構年を重ねている身としてはわざわざ観なくても…という気がしないでもないのだが、スルーせずに劇場で観た理由は…キャストなのである。主役ではなく「脇を固める」方なんだけどね...

『ジオストーム』 2018年1月15日 ワーナーブラザース神谷町試写室

『ジオストーム』 を試写会で鑑賞しました。 今年初の実写映画鑑賞です。 【ストーリー】  天候を意のままにできる宇宙ステーションが開発された近未来、地球は未曾有の自然災害に襲われることがなくなる。ところが運用開始から2年後、宇宙ステーションがウイルス感染して暴走し各地で異常気象を引き起こしてしまう。巨大災害が同時多発的に起きる地球壊滅災害“ジオストーム”の発生を防ぐため、宇宙ステーション...

『ジオストーム』('18初鑑賞07・劇場)

☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 1月19日(金) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 15:35の回を鑑賞。 2D:字幕版。

ジオストーム

ジェラルド・バトラー主演で贈るディザスター・ムービー。最新鋭の気象コントロール衛星の暴走で全世界に未曾有の大災害が巻き起こるさまを壮大なスケールで描き出す。共演はジム・スタージェス、アビー・コーニッシュ、エド・ハリス、アンディ・ガルシア。監督は「インデペンデンス・デイ」シリーズなどの製作・脚本を手がけ、本作が長編監督デビューのディーン・デヴリン。あらすじ:度重なる自然災害に苦しめられてきた人...

「ジオストーム」

アビー・コーニッシュさんが出ているんだっけ、と教えられて思い出して観てよかった。

ジオストーム

TBはここにお願い致します。

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR