海月姫 (第2話・2018/1/22) 感想

海月姫

フジテレビ系・月9『海月姫』公式
第2話『恋の試練天水館が消滅!?尼~ず最大の危機』の感想。
なお、原作:東村アキコ「海月姫」(講談社「Kiss」所載)は既読で、2014年12月27日公開の監督・川村泰祐/主演・能年玲奈の映画『海月姫』は鑑賞済み(感想なし)。アニメは未見。


修(工藤阿須加)のことが気になる月海(芳根京子)は、漫画のペン入れのアルバイト中も上の空。そんな中、天水館の水道管が破裂し、修理代20万円が必要になる。だが、実家からの仕送りに頼る月海たちに金はなく、遊びに来ていた蔵之介(瀬戸康史)はフリーマーケットや月海デザインの縫いぐるみ製作で金を稼がせる。その一方、修から天水館の周辺を取り壊す再開発計画を聞いた蔵之介は、計画を阻止してくるよう月海たちに促す。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


脚本:徳永友一(過去作/HOPE~期待ゼロの新入社員~、僕たちがやりました)
演出:石川淳一(過去作/リーガル・ハイ、リスクの神様、フラジャイル) 第1,2
   山内大典(過去作/無痛~診える眼~)

久々に『月9』で吹き出し笑いでテレビに突っ込んだ!

月海「中に 知らん人が…」

中盤で、月海が三国志オタクのまややが蔵之介に「劇的ビフォーアフター中」の扉から中をチラリと覗き見た時に言う台詞↑だが、爆笑してしまった。『月9』で声を出して笑ってテレビに突っ込んだのは何年振りだろう。『べっぴんさん』での “坂東すみれ風な月海” の天然ボケの面白さ。女優・芳根京子、いいじゃん!

ピュアで真面目タイプな芳根京子が全力で演じる変人が秀逸!

やはり、映画『幕が上がる』で脇役ではあるが、キラリと輝いていた芳根京子さんのピュアで真面目な雰囲気が、本作の月海役にもちゃんと活かされた上に、「変人」を全力全開で演じる新境地が重なって、主人公&主役として、作品全体を力強くけん引しているのがいい。


幕が上がる [DVD] 百田夏菜子

変人だけど憎めなず愛おしい脇役キャラクターたちも新鮮!

そのお蔭もあるだろう。月海以外の「尼~ズ」を演じる女優陣も、芳根さんに負けず劣らずのキレッキレの芝居で変人キャラを熱演。最近の『月9』は中途半端で共感しにくいキャラが多かったから、その意味では変人だけど憎めず愛おしいキャラクターたちも新鮮。ホント、これいいよ!

原作となった漫画をこの1週間で一気読みしたら…

さて、能年玲奈さん主演の実写映画版は鑑賞済みで、かなり面白く良く出来た作品だった記憶はあるのだが、実写テレビ版は映画版と少しテンションが違う。私は原作と映像作品は基本的に比較しない立場を取っているが、原作となった漫画をこの1週間で一気読みした。すると、あることが分かった。

"ヴィレヴァン的な世界観" と "サブカル風味" がお茶の間に!

本作は全体の “ハチキレ度” や “キャラ作り” が、映画版よりもテレビサイズに若干抑え目で且つ分かり易くなっているのだ。全ての登場人物たちで、寄り付き難さを適度に排除させつつ “ヴィレッジヴァンガード的な世界観” を構築しながら、サブカル風味をお茶の間に持ち込んだと言っても過言でない。

※ ヴィレッジヴァンガードとは…「サブカルチャー」、「ノスタルジー」、「おしゃれ」に加え、「気持ちの悪いもの」や「ある種のダサさ」がコンセプトになっているバラエティーショップ。サブカルチャーの殿堂のような佇まいも特徴。

"一見さんお断り風" と誰もが楽しめるお気軽エンタメが共存!

更に加えれば、テレ東の深夜ドラマ風やNHKのEテレ番組にあるような「一見さんお断り」風の常連さんが楽しめる敷居の高さの心地良さと、誰もが楽しめるお気軽エンタメにもなっているのも見逃せない。是非とも、何とも言えぬ閉塞感と開放感を併せ持つ不思議な作風は、このまま残して欲しい。

あとがき

CN挿入のタイミングも改善され、前回感じた不満はほぼ解消されました。第2話で、ここまで仕上げたのはお見事です。あとは、極上のラブコメに仕上げるだけですが、それには「雰囲気はコメディなのに、物語はラブ」と言うチグハグさを解決するしかないですね。このスタッフとキャストなら出来そうな気がします。次回にも大いに期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


        

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
フジテレビ系ドラマ 海月姫 オリジナルサウンドトラック 末廣健一郎 MAYUKO
海月姫 [DVD] 能年玲奈
海月姫(1) (Kissコミックス) 東村アキコ
海月姫 コミック 全17巻セット 東村アキコ


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/10930/


【これまでの感想】
第1話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

海月姫第2感想

修(工藤阿須加)のことが気になる月海(芳根京子)は、漫画のペン入れのアルバイト中も上の空。そんな中、天水館の水道管が破裂し、修理代20万円が必要になる。だが、実家からの仕送りに頼る月海たちに金はなく、遊びに来ていた蔵之介(瀬戸康史)はフリーマーケットや月海デザインの縫いぐるみ製作で金を稼がせる。その一方、修から天水館の周辺を取り壊す再開発計画を聞いた蔵之介は、計画を阻止してくるよう月海たちに...

海月姫 第2話

海月姫の第2話を見ました。 『天水館』の朝、大慌ての月海が広間に駆け込み、ジジ様達に目白先生が〆切日を間違えていたことを報告する。 目白先生はBL漫画家で、収入の乏しい“尼〜ず”達は時にアシスタントをしており、明日に迫った〆切に間に合わすべく、月海達は原稿の仕上げを始めるのだが、男同士が抱き合うカットを見た月海の動きが止まってしまう。 修に水族館で抱きしめられたことを思い出...

海月姫 第2話

月海(芳根京子)、ジジ様(木南晴夏)、千絵子(富山えり子)たち「尼~ず」が暮らす共同アパート「天水館」で売れっ子BL漫画家・目白先生が、締め切りの日を間違えていたことが発覚します。 目白先生のアシスタントをしていた月海たちは、明日に迫った締め切りに間に合わせるため、原稿の仕上げを始めますが・・・ しかし、男性同士が抱き合うカットを見た月海は、修(工藤阿須加)に水族館で抱き締められ...

海月姫 「初恋の試練天水館が消滅!?尼~ず最大の危機」

それにしても、東村アキコ。「東京タラネバ娘」に「海月姫」とは、ヒットが続いて凄いなぁ… コミックならではのデフォルメと、ほどよいギャグ、現代をうまくユーモラスに斬ってあるところがいいのかな?冒頭、いきなり原稿の締め切りに追われて、動員をかけられた倉下月海(芳根京子)達、「天水館」の住人達。ドタバタです。月海は、鯉淵修(工藤阿須加)に水族館で抱きしめられたことを思い出して夢見心地。そこに、女装...

海月姫 第2話

『初恋の試練!オタク女子×女装美男子が最大の危機に立ち向かう』内容ある朝のこと、緊急事態が発生したと月海(芳根京子)は、“天水館”の面々に告げる。目白先生が締め切り日を間違えたという。早速、月海たちは、原稿の仕上げに取りかかるのだが、途中で月海の手が止まってしまう。脳裏をよぎったのは水族館での出来事。修(工藤阿須加)にハグされたことだった。するとそこに蔵之介(瀬戸康史)がやってくる。蔵之介に...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR