●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

オー・マイ・ジャンプ!~少年ジャンプが地球を救う~ (第2話・2018/1/19) 感想

オー・マイ・ジャンプ!~少年ジャンプが地球を救う~

テレビ東京系・ドラマ24『オー・マイ・ジャンプ!~少年ジャンプが地球を救う~』公式
第2話の感想。



浩史(伊藤淳史)が異動した営業4課はスパルタな世界だった。課長・大嵐(ケンドーコバヤシ)は、得意先をライバル会社に奪われた浩史に、取り戻さないと解雇だと宣告。浩史は元得意先を訪ねてみたものの、店は顧客を奪った黒塚(馬場徹)のアイデアで繁盛していた。その時、浩史は秘密クラブで出会った智子(生駒里奈)を見掛ける。彼女は向かいに座る男性・佐々木を前に、奇妙なポーズをしたかと思うと逃げ出してしまう。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


脚本:根本ノンジ(過去作/居酒屋ふじ、フリンジマン) 第1,2
   西条みつとし(過去作/下北沢ダイハード 第1話)
   横幕智裕(過去作/横山秀夫サスペンス・自伝)
   粟島瑞丸(過去作/居酒屋ふじ 第8,9話)
   守口悠介(過去作/AKBホラーナイト アドレナリンの夜)
演出:三木康一郎(過去作/東京センチメンタル) 第1,2
   今泉力哉(過去作/セーラーゾンビ)
   青山貴洋(過去作/怪獣倶楽部~空想特撮青春記~)

私に全く興味関心のない世界の面白さを教えてくれる!

子供時代も現在も「週刊少年ジャンプ」を読まない私だが、前回に続いて見てみて気付いたことがある。それは本作が私にとって、今春にテレ東で放送された『ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』に似ていることだ。私が全く興味関心のない世界の面白さを教えてくれると言う点が。

青春時代の魂を持ち続ける大人達の見応えある人間ドラマ!

作品に散りばめられた “週刊少年ジャンプ愛” のことは良く分からないが、取り上げられる漫画作品の登場人物や物語の解説がとても丁寧で、それがきちんとドラマの中の登場人物たちの生活に上手に活かされ、青春時代の魂を持ち続ける、ちょっと変わった大人たちの見応えある人間ドラマになっているのが良い。

あとがき

今回で言えば『NARUTO -ナルト-』は一度も読んだことはありませんが、作品の歴史や当時の作者の思いなども描かれ、単純に「週刊少年ジャンプ」を好きな人だけに向けたドラマで無く、創刊50周年の歴史のドラマでもあり、新たなファンも増やそうと言う思いも込められていますね。あまり話題に上がらない本作ですが、真面目に作られた良作です。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/10922/


【これまでの感想】
第1話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR