99.9-刑事専門弁護士- SEASONⅡ (第1話/初回25分拡大SP・2018/1/14) 感想

99.9-刑事専門弁護士- SEASONⅡ

TBSテレビ系・日曜劇場『99.9-刑事専門弁護士- SEASONⅡ』公式
第1話/初回25分拡大SP『型破りな弁護士が返ってきた!!元裁判官からの依頼!?逆転不可能な事件に挑』の感想。
なお、2016年4~6月に放送された『99.9‐刑事専門弁護士‐』は全話鑑賞済み。※最終回の感想


斑目法律事務所の刑事事件専門ルームでは、弁護士・深山(松本潤)の型破りな仕事ぶりのせいで室長が定着しない。所長の斑目(岸部一徳)は弁護士・佐田(香川照之)に再び室長就任を頼み込む。そんな折、依頼人の加代(谷村美月)が元裁判官の友人・舞子(木村文乃)を伴い事務所へ。加代は殺人で起訴された父親の無実の証明を懇願するが、有罪と考える舞子は情状酌量を求めてくる。深山は舞子の主張を聞かず、独自に調査を始める。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


脚本:宇田学(過去作/TOKYOエアポート、ORANGE ~1.17、99.9[1]、4号警備)
演出:木村☺ひさし(過去作/民王、99.9[1]、IQ246) 1
   岡本伸吾(過去作/隠蔽捜査、ナポレオンの村、99.9[1])
音楽:井筒昭雄(過去作/死神くん、民王、99.9[1]、民衆の敵)
プロデュース:瀬戸口克陽(過去作/99年の愛、運命の人、99.9[1]、A LIFE)
     東仲恵吾(過去作/まっしろ、重版出来!、、死幣、99.9[1]、A LIFE)

20分超は長過ぎるが、ツカミとしては悪くない!

視聴率的には大ヒット作の第2弾だ。前作と入れ替わった様々な登場人物(と言うより俳優の事情?)の説明は想像以上に丁寧に行われたが、事件の関係者・舞子(木村文乃)がメインのキャラクターであることから、実質的に物語が動き出したのが、CM明けの馬主の話が始まった20分過ぎだったのは少々長過ぎたような気がするが。

好みの問題はあるが、ツカミとしては先日始まった『アンナチュラル』の方が格段に良く出来ていた。しかし、これだけの人気作で注目作の第2弾としては、モヤモヤを視聴者に積み残したまま進めずに、明確に映像化したのはお見事と言える。やはり、しっかりと計算尽くした脚本であるのは間違いない。

全体的には、(好みは分かれるが)前作を踏襲した安定感

さて本編だが、これは出演者のファンで無ければ完全に好みが分かれる手法が、第2弾もきっちりと踏襲された。笑うに笑い辛いオヤジギャグの連発と徹底的に稽古を重ねたようなきっちりとした台詞回し。それを(私にとっては)妙なタイミングでカット割りする編集。どれも、前作譲りである。

しかし、前作の感想でも書いた通り、「嵐・松潤・香川照之・弁護士モノ・日曜劇場」とキーワードが5つ揃えば、それなりの視聴率は予測できるし確保もできるのは前作が証明済みだから、敢えて変える気も無いと言うのが、作り手の本音だろう。要は、嫌なら観るなと言う訳だ。

映像的には変化も。テーマを描く点で完成度は高まった

ただ、前作よりも変わった部分もある。トリックの解説が映像的に分かり易くなったこと。これは相変わらず脚本の言葉選びが分かり難いことに映像班が気付いたのだろう。また前作では深山(松本潤)1人の顔だけが白塗りみたいに映っていたのだが、今作では深山が普通の肌色に近づいた分、女性たちの顔色がくすんで映っていた。

あれこれ書いたが、榮倉奈々さんの本作に於ける存在感の偉大さを確認したと共に、登場人物や俳優の入れ替わりはあったものの、きっちりと作り込まれているのは確か。小ネタを笑えるかどうかは別にすれば、起訴されると有罪率が99.9%とされる刑事事件を専門に担当する若手弁護士の活躍を描くドラマとしては完成度が高まっていた。

あとがき

第1話なので、小ネタに関してはまだ手探り状態かも知れませんが、私には今回くらいが丁度良かったです。今期は何かと “やり過ぎ” な作品が多いので、あまり欲張らずに進んで欲しいです。最近はオジサン俳優たちのギラギラした演技が目立つ『日曜劇場』の中で、本作は個性的な作品なので丁寧に作り込んで育てて欲しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


   

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
99.9-刑事専門弁護士- Blu-ray BOX
99.9-刑事専門弁護士- DVD-BOX
TBS系 日曜劇場「99.9-刑事専門弁護士-」オリジナル・サウンドトラック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/10900/

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

99.9-刑事専門弁護士- SEASON II 「型破りな弁護士が返ってきた!!元裁判官からの依頼…

2016年に放送されて好評を博したリーガル・エンターテインメントの第2シーズン。初回延長ゆえ、やや遊び要素が多かったかな? でも、ちょっとトボケたタッチで、ユーモラス。主人公他、周囲が、実にキャラ立ちして、顔芸もたっぷり。何より痛快劇なのが嬉しいです。前作では描かれなかった裁判官との激しい攻防戦も見どころとなる、のだそう99.9%有罪とみなされた案件でも、残された0.1%の事実をとことん追求...

99.9刑事専門弁護士SEASONⅡ 第1話

深山大翔(松本潤)は、有罪とみなされた案件でも、残された0.1%の事実を納得するまで追求する刑事事件専門の弁護士です。 そんな深山に振り回されて、彼が所属する法律事務所の刑事事件専門ルームの室長は、なかなか定着しないようです。 そこで、所長・斑目春彦(岸部一徳)は、民事の仕事に戻っていた佐田篤弘(香川照之)を再び室長に任命するのでした。 そんな中、殺人事件の弁護依頼が舞い込...

日曜劇場『99.9-刑事専門弁護士-SEASONII』第1話

「元裁判官の依頼」「型破りな弁護士が帰ってきた!!元裁判官からの依頼!?逆転不可能な事件に挑め」内容2017年夏。深山(松本潤)の所属する斑目(岸部一徳)の法律事務所では、困ったことになっていた、刑事事件専門ルームの室長が定着していなかったのだ。すべては、深山の仕事ぶりのため。そこで斑目は、佐田(香川照之)に民事との兼務を認めるという条件や、定着する後任が見つかればマネージングパートナーを譲...

99.9 ―刑事専門弁護士― SEASON II #01

『型破りな弁護士が帰ってきた!!元裁判官からの依頼!?逆転不可能な事件に挑め』

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR