●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

リピート~運命を変える10か月~ (第1話・2018/1/11) 感想

リピート~運命を変える10か月~

読売テレビ/日本テレビ系・プラチナイト 木曜ドラマF『リピート~運命を変える10か月~』公式
第1話『運命を変える10か月!衝撃のどんでん返し』の感想。
なお、原作:乾くるみ「リピート」(文春文庫)は未読。



鮎美(貫地谷しほり)は勤務先の図書館で知り合った商社マンの一樹(松田悟志)と交際して1年半。間もなく海外出張から帰国する一樹からのプロポーズを期待している。そんな中、鮎美は携帯電話に連絡してきた風間(六角精児)と名乗る男から、「リピート」と呼ぶ人生のやり直しに招待される。半信半疑の鮎美だが、風間は地震を事前に言い当てていた。鮎美は説明会の会場に行き、そこで風間から招待された他の7人と出会う。
---上記のあらすじは[公式サイト]より引用---


脚本:泉澤陽子(過去作/IQ246~華麗なる事件簿~) 1
   森山あけみ(過去作/ちはやふるシリーズ)
演出:蔵方政俊 (過去作/ファイナルライフ -明日、君が消えても- )  1
   湯浅弘章 (過去作/増山超能力師事務所、ワカコ酒シリーズ)
   片桐健滋(過去作/増山超能力師事務所)

深夜ドラマらしい緩さやチープさのさじ加減が良い感じ

この放送枠とは相性の宜しくない私。従って、最初から感想は書かないつもりでいたのだが、観始めてみると意外と面白くて…。まっ、全体的にはタイムスリップドラマの傑作『素敵な選TAXI』に似ているが。初回を見る限りでは、深夜ドラマらしい緩さやチープさのさじ加減が良い感じだ。

群像劇で人間関係も時間軸も煩雑になる可能性もある

今後、気になるのは、謎解きを始めた「主人公を含めた2人」を中心に描くのか、「リピートする8人」の群像劇なのか?個人的には前者に期待したいです。やはり、8人の群像劇は人間関係も時間軸も煩雑になる可能性があるから…。また、脚本家が2名、演出家が3名で品質が保てるのかも心配です…

あとがき

意外と悪くなかったです。それが正直な感想。第2話も見てみます。感想は、書きたい時に書くことになるかも?

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
リピート (文春文庫)
If ~また逢えたら~【初回限定盤】<CD+DVD> DAY6
素敵な選TAXI DVD-BOX


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/10891/

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リピート~運命を変える10か月~ 第1話

乾くるみの同名小説を連続ドラマ化。貫地谷しほり、本郷奏多、ゴリのトリプル主演で、10か月前の過去に戻り人生をやり直そうとする人間たちの愛憎劇やタイムスリップの謎をミステリータッチで描きます。図書館司書として働く篠崎鮎美(貫地谷しほり)は、人間関係を築くのが苦手で、むしろ、本の中に居場所を求める女性。そんな彼女が、偶然から、おつきあいするようになり、そろそろプロポーズといった日にアクシデント。...

木曜ドラマF『リピート~運命を変える10か月~』第1話

内容座り込む天童太郎(ゴリ)から、先に行けと言われ、篠崎鮎美(貫地谷しほり)は、毛利圭介(本郷奏多)と先へ。すると、目線の先に、光が。。。。。図書館司書として働く、鮎美。人と関わるのが苦手で、本に逃げていた。ある日、久瀬一樹(松田悟志)と出会い、変わりはじめる。そして付き合うようになった2人。付き合い始めて1年半ほどたったある日。一樹が出張先から帰国するのを心待ちにしていた。そろそろプロポー...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR