[読書] 吉本せいと林正之助 愛と勇気の言葉 (坂本 優二/著・イースト・プレス) 感想

吉本せいと林正之助 愛と勇気の言葉
【おススメ度】★★★★

私の評価基準(書籍用)


『わろてんか』のヒロインのモデル「吉本せい」と実弟の語録

「吉本せい」とは、2017年10月から放送中のNHK総合・連続テレビ小説『わろてんか』の主人公・藤岡てんのモデルとされる人物。知る人ぞ知る “「お笑い帝国」とも称される吉本興業の創業者” だ。「吉本せい」は山崎豊子氏の小説『花のれん』にも登場するが、『わろてんか』のヒロインとはだいぶ異なる。

そこで、「吉本せい」とはどんな人物だったのか興味を抱いたので、早速入門書として『笑いを愛した吉本せい - 吉本興業創業者の波乱万丈記 (洋泉社)』を買ってみたのだが、この本だけで「吉本せい」の魅力を知るのは無理だった。「吉本せい」が、時代と共に大局的な見地で書かれていたから。

[読書] 笑いを愛した吉本せい - 吉本興業創業者の波乱万丈記 (洋泉社) 感想 > 書評・読後感 > ディレクターの目線blog

姉"せい"と弟"正之助"が度胸と知恵で商いを広げていく

そこで、吉本興業創業者として「吉本せい」以上に有名な「せい」の実弟「林正之助」と「せい」の姉弟の語録集を手に入れた。サブタイトル『愛と勇気の言葉」通りに、姉「せい」と弟「正之助」の言葉とエピソードがたくさん紹介されている。

特に面白いのは、「せい」の夫「吉本吉兵衛(通称:吉本泰三)」が37歳の若さで亡くなり、35歳で後家になってからの「せい」と叔父の後を継いた「正之助」が、度胸と知恵で商いを広げていく生き様が手に取るように見えて来ること。エンターテインメントとしても、ビジネス書としても十分参考になる。

「花月」と言う屋号に込められた "せい" の覚悟

例えば、吉本が運営する劇場名に付いている「花月」と言う屋号には、「花と咲くか、月と陰るか、すべてを賭ける」と言う「せい」の覚悟が込められているとか。

軽視されていた芸人達に定期券を渡した "せい" の配慮

「せい」の時代、当時のエリートであるサラリーマンや学生だけが持つ一種のステータス・シンボルだった定期券。吉本は阪急電鉄と阪神電車の定期券を大量に買い込んで、寄席までの交通費として芸人に貸し与えていた。日頃から軽視されていた芸人たちの自尊心を保とうと言う彼女のきめ細やかな配慮が伝わるエピソードだ。

あとがき

本書は見開きで1つずつ、合計85の「愛と勇気の言葉」とその解説が載っている。「芸人」と言う人材こそが企業の生命であると言う、当時では珍しいビジネスモデルを成功させた姉弟の生き様は、常に時代と人材を的確に活かした人生でした。それが、よーく見えて来ます。

人生に行き詰まったり、部下の指導に困ったりしている人など、直感と熱意と誠意で人を動かして来た姉弟の言葉に、ブレークスルーのヒントを貰えると思います。エンターテインメント書としても、ビジネス書としても面白いです。


 <    

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
新版 女興行師 吉本せい: 浪花演藝史譚 (ちくま文庫)
吉本せい 笑いを商売に変えた吉本興業創業者の波乱の人生 (三才ムックvol.967)
吉本せいの生涯 (別冊宝島)
吉本せい お笑い帝国を築いた女 (中経の文庫) 青山 誠

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/10851/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。

【当blog内の関連記事】
[読書] 笑いを愛した吉本せい - 吉本興業創業者の波乱万丈記 (洋泉社) 感想
[読書] 安藤百福~即席めんで食に革命をもたらした発明家 (ちくま評伝シリーズ“ポルトレ”) (筑摩書房編集部/著・筑摩書房) 感想
[読書] 昼のセント酒 (久住 昌之/著, 和泉 晴紀/イラスト・カンゼン) 感想 ※2016年4月期 / 春ドラマ「昼のセント酒」の原作
[読書] 「暮しの手帖」とわたし (大橋 鎭子/著・花森 安治/イラスト・暮しの手帖社) 感想 ※平成28年度前期 NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』モチーフ,大橋鎭子の自伝
[読書] ナオミとカナコ (奥田 英朗/著・幻冬舎) 感想 ※2016年1月期 / 冬ドラマ「ナオミとカナコ」の原作
[読書] 小説土佐堀川 女性実業家・広岡浅子の生涯 新装改訂版 (古川 智映子/著・潮出版社) 感想 ※平成27年度後期 連続テレビ小説「あさが来た」 の原案

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR