刑事ゆがみ (第10話/最終回・2017/12/14) 感想

刑事ゆがみ

フジテレビ系・木曜劇場『刑事ゆがみ』公式
第10話/最終回『3か月ありがとう』の感想。
なお、原作:井浦秀夫「刑事ゆがみ」(漫画)は未読。



 弓神(浅野忠信)は、ヒズミ(山本美月)が意識不明のまま収容された病院に現れたのを最後に、羽生(神木隆之介)たちの前から姿を消す。
 うきよ署では、ドライブレコーダーの映像などから、資産家の元医師・薮田恒男(渡辺哲)を殺害したのは、死んでいるはずの作家・横島不二実(オダギリジョー)であると断定し、捜査を開始する。横島は、7年前に自らの小説『ロイコ』になぞられた殺人事件を自演し、河合武(渋川清彦)・伊代(酒井美紀)夫妻を殺害していた。そのときに生き残ったひとり娘がヒズミだった。横島は、逮捕される直前に焼身自殺したはずだった。だが、その死は、弓神によって偽装された可能性が高かった。
 それから数日後、ヒズミが突然病院からいなくなる。筆談用のボードには「もう元気になりました」という文字と、ロイコ事件で殺害現場に残されていたものと同じカタツムリのマークが描かれていた。
 同じころ、漫画喫茶にいた弓神は、『ロイコの部屋』サイトで、「空飛ぶサンタを見たい人募集。豪傑で強靭な男性優遇」という募集告知を見つける。横島が書いた小説『聖なる夜空にサンタが舞う』の中にも、「豪傑で強靭な男たちがやってきて、その刑事を襲った」という描写があった。
 弓神の行方を追っていた羽生は、漫画喫茶でようやく彼の身柄を拘束する。そこで弓神は、横島がまだ犯行を続ける気でいることを羽生に告げた。
 「お前か俺のどっちかが狙われているんだよ」と――。
---上記のあらすじは[公式サイト]より引用---


脚本:倉光泰子(過去作/ラフヴソング,突然ですが、明日結婚します)
   第1,2,4,7,8,最終
   大北はるか(過去作/好きな人がいること、テディ・ゴー!)) 第2,3,6,8話
   藤井清美(過去作/映画「るろうに剣心」シリーズ、ウツボカズラの夢) 第4話
   池上純哉(過去作/相棒シリーズ、遺留捜査シリーズ、ヒガンバナ) 第5,9,最終
   徳永友一(過去作/スペシャリスト、僕たちがやりました) 第7話
演出:西谷弘 (過去作/昼顔、ガリレオ、任侠ヘルパー)  第1,2,5,最終
   加藤裕将 (過去作/最高の離婚、問題のあるレストラン、ラスト・フレンズ) 第3,7,9話
   宮木正悟(過去作/水球ヤンキース、残念な夫。失恋ショコラティエ) 第4,6,8話

9話と40分間は、このラスト10分間味わうため時間だった!

この↓ヒズミの自供が、細い明朝体でプリントアウトされた文字が、ヒズミの子どもの頃の心情とダブるような演出が素晴らしい。

「バッドでパパを殴った。人殺しは私です」

そして、衝撃的な殺人シーンの回想、ヒズミの苦悩と続き、「あっ そう」とヒズミが自供したことを知った弓神が再び窓の外を双眼鏡で覗く弓神の小刻みに震える背中と静かなる嗚咽(おえつ)。最小限の台詞と動きでヒズミと弓神の長年に亘る関係に1つの大きなピリオドが打たれたのを描いた脚本もお見事。

弓神「相方に捕まるんなら しょうがねえよ」

と、時効前に自ら羽生に手錠を掛けるよう両手を差し出す弓神。「無理ですよ」と拒否する羽生。

弓神「法にのっとって犯人を逮捕するのがお前の仕事だろ」

弓神の背中ナメで弓神の下に映る羽生が決心をして、カットが2人横並びの2ショットになるカット割りも実に良い。先輩と後輩と言う上下関係と、刑事と犯人と言う関係を巧みに見せた。そして、直後にシリアスから笑いに素早く転換したと思ったら…

羽生「レンズ にじませてんじゃねえよ」

この↑羽生の台詞に馬券だもんな。本当に完成度の高い濃厚なラスト10分間。このラストを味わうためのこれまでの9話分だったと言っても過言でない。

それだけに、倉光泰子氏と大北はるか氏が脚本を担当した第1,2話の中途半端さが残念だ。せめて今回の共著の池上純哉氏が書いていたら、世間の評価も評判も違っていたに違いない…

あとがき

こんなにも人間臭くて人情味に溢れていて、滅茶苦茶で痛快な刑事ドラマを見たのは初めてです。「異色な」と一言で片づける訳にはいかない師玉の完成度。特に、第5話~最終回の脚本と演出と俳優の三位一体はお見事でした。

続編、スペシャルなど何でも良いので、またこのスタッフ&キャストで弓神と羽生のその後を観たいです。最後に、本作のサントラ盤は超おススメです!

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


           

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
【Amazon.co.jp限定】刑事ゆがみ Blu-ray-BOX(A4ビジュアルシート付き)
【Amazon.co.jp限定】刑事ゆがみ DVD-BOX(A4ビジュアルシート付き) [DVD]
刑事ゆがみ Blu-ray BOX [Blu-ray]
刑事ゆがみ DVD-BOX [DVD]
フジテレビ系ドラマ 「刑事ゆがみ」オリジナルサウンドトラック 菅野祐悟
刑事ゆがみ (小学館文庫 お 25-26) 大石 直紀
刑事ゆがみ 1 -働く悪人- (ビッグコミックス)井浦 秀夫


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/10813/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

刑事ゆがみ 最終話

弓神(浅野忠信)は、ヒズミ(山本美月)が収容された病院に現れたのを最後に、羽生(神木隆之介)たちの前から姿を消します。 警察では、ドライブレコーダーの映像などから、資産家の元医師・薮田(渡辺哲)を殺害したのは、死んだはずの作家・横島(オダギリジョー)であると断定し、捜査が開始されます。 横島は、7年前に自らの小説をなぞって殺人事件を自作自演し、武(渋川清彦)・伊代(酒井美紀)夫妻...

木曜劇場『刑事ゆがみ』第10話(最終回)

内容フリーライター河合武(渋川清彦)伊代(酒井美紀)が殺された“ロイコ事件”娘・和美(山本美月)こと“ヒズミ”だけが生き残ったが、記憶喪失。犯人は、作家・横島不二実(オダギリジョー)だった。横島は焼身自殺したと思われたのだが、弓神(浅野忠信)が偽装したと思われた。その横島が、資産家の薮田を殺したとして、警察は捜査を開始する。そんななか、ヒズミが意識不明で病院に搬送され、現れる弓神。が、すぐに...

刑事ゆがみ 第10話 最終回「3か月ありがとう」

ロコイ事件は、結局、一家心中だったのですね。横島不二実(オダギリジョー)は、7年前に自らの小説『ロイコ』になぞられた殺人事件を自演ヒズミ(山本美月)は、その遺児。殺された母を助けるべく、父を殺めたことをショックのあまり忘れてたのでした。横島に罪をなすりつけて、焼死を偽装。そして、取り調べていた弓神(浅野忠信)を全てを承知で、自ら封印。ヒズミの半ば保護者となります。でも、ヒズミが意識不明のまま...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR