●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

ドクターX~外科医・大門未知子~[5] (第9話/15分拡大・2017/12/7) 感想

ドクターX~外科医・大門未知子~[5]

テレビ朝日系・『ドクターX~外科医・大門未知子~[5]』公式
第9話/15分拡大『最終章!未知子VS内神田ついに激突!!』の感想。



博美(内田有紀)の友人の娘でバレリーナを目指す遥(井本彩花)が、足の痛みを訴え、祖父の節郎(大友康平)と来院。当初、有痛性外脛骨(けいこつ)と診断されるが、未知子(米倉涼子)の話を聞いた博美の勧めで再検査を受け、舟状骨骨折と分かる。完治には2回の手術と半年間の治療が必要で、大切な選考会を控える遥はショックを隠せない。未知子は遥の希望をかなえる手術法を思い付くが、内神田(草刈正雄)から圧力がかかり…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

オスカーのゴリ押しで、未知子に整形外科のオペまでさせる!?

直接、本編の感想ではないのだが。私は出来るだけ事前情報は予告編だけにしてドラマを楽しむようにしている。しかし、今回のように事前に「オスカーのゴリ押し」のニュースが世の中を飛び交うと、どうしても穿った見方をしてしまう。

ご存知の方もいらっしゃるだろうが、今回のゲスト患者役である井本彩花さんの事だ。米倉涼子さんが所属するオスカープロモーション主催で、3年ぶりの今年8月に開催された「全日本国民的美少女コンテスト」でグランプリを受賞した井本彩花さんが芸能界入り3か月で女優デビュー。特技がバレエで、歌が下手で…

きたろうさんで整形外科部長を登場させた意味が無い!

オスカーのゴリ押しは武井咲さん、剛力彩芽さんと毎度の事だから諦めているが、井本彩花さんの特技を活かすために、『ドクターX』の物語に歪みを作ってまで登場させるのは如何なものか?と。

バレエで足の手術が必要となり、東帝大学病院整形外科部長で教授の木元博司(きたろう)までゲストで登場させているなら、完全に整形外科のオペのはず。

確かに未知子は獣医の資格を持ち、総合外科の名のもとに、心臓外科も脳外科も何でもやってしまうが、整形外科部長を登場させておいて、病気の説明のシーン以降は一切登場しないと言うのは不自然過ぎる。

高須クリニックの高須院長が本作に出演したいと言っているのを記事で見たが、いっそ美容整形手術対決でもやったら良いのに。ドラマが面白いのは認めるが、流石に未知子が普通に整形外科のオペをやるのは不自然だ。

最終章を意識し過ぎて、少々ドラマチックにやり過ぎ?

上ではああ書いたが、父と娘と孫の三世代のエピソードとしては、ゲストを多数盛り込んで豪華に、且つ感動的に描いたと思う。ただ、全体の展開があまりにも『ドクターX~外科医・大門未知子~[5]』の最終章を意識し過ぎて、少々ドラマチックにやり過ぎている感じがしないでもない。

完成度が高い上に、期待度も高くなるのは贅沢な悩みだ!

とは言え、ドラマとしての完成度が高いのは間違いない。視聴者をワクワクさせ、感動させ、最終回に期待を持たせる。本当に上手く出来ている。しかし、「上手く出来ている」と思わせてしまうのが残念でもある。まっ、完成度が高い上に、こちらの期待度も高すぎるゆえの贅沢な悩みではあるのだが…

あとがき

米倉涼子さんが嫌がっているとされる銭湯での入浴シーンが、今回は2回ありました。やはり、所属事務所によるゴリ押しの対価として米倉涼子さんがテレ朝の要望を受け入れざるを得なかったのかな?なんて見てしまいました。こう言う見方はしたくないのですが。

と言う訳で、今回の感想はかなり愚痴っぽくなりましたが、作品としては最終回に大いに期待をしています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
テレビ朝日系木曜ドラマ Doctor-X~外科医・大門未知子 オリジナルサウンドトラック 沢田完


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/10785/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ドクターX 外科医・大門未知子 第5シリーズ 「最終章!未知子VS内神田ついに激突!!」

ゲストの少女… 患者であるバレエ教室の生徒・九重遥(井本彩花)に、えらく見せ場が。それに、えらく今風の美少女だなぁ、と思ったら、オスカーの期待の星、だったのね。アクロバチックな術式だけど、普通に異物を使うと、長期に渡るものが、自らの骨を加工して… だと、拒絶反応なく、治りも早いって、素朴に納得。祖父・九重節郎(大友康平)にも、見せ場があってヨカッタです。「日本医師倶楽部」会長・内神田景信(草...

ドクターX~外科医大門未知子5 第9話

麻酔医の博美(内田有紀)の娘が通っていたバレエ教室の生徒・遥(井本彩花)が足の痛みを訴えて、祖父・節郎(大友康平)と共に大学病院にやって来ます。 遥は、大事には至らない炎症と診断されますが、未知子(米倉涼子)は、放置すれば運動能力に支障を来す「舟状骨骨折」の可能性を示唆します。 遥を良く知る博美は心配して、母・比佐子(原沙知絵)に再検査を受けるように連絡します。 後日、整形...

木曜ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~(5)』第9話

内容博美(内田有紀)もよく知る、バレエ教室に通う少女・九重遥(井本彩花)が、祖父・節郎(大友康平)に連れられ、東帝大病院にやってくる。検査結果を未知子(米倉涼子)神原(岸部一徳)らに伝えたところ、骨折の可能性もアリ、再検査を勧められる。母・比佐子(原沙知絵)と再検査にやって来た遥。主治医の整形外科医・木元(きたろう)の診断で、骨折と判明する。しかし、通常の手術では、完治まで半年。選考会に間に...

ドクターX 外科医・大門未知子5期第9話 &ドクターY 外科医・加地秀樹2(12.7-9)

ドクターX 外科医・大門未知子5期第9話 バレエのプリマドンナを目指す少女遥(井本彩花)は足を痛めていた。 手術をして金属製のネジを埋め込めば、選考会に間に合わない。 そこで骨のネジを使うことを提案する大門未知子(米倉涼子)。 だがフリーランスを憎む日本医師倶楽部会長内神田(草刈正雄)の策謀で 未知子に協力的だった企業は手を引いてしまう。 未知子は遥の祖父で職人の九重(大友康平)に骨のネジを...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR