●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

ドクターX~外科医・大門未知子~[5] (第8話・2017/11/30) 感想

ドクターX~外科医・大門未知子~[5]

テレビ朝日系・『ドクターX~外科医・大門未知子~[5]』公式
第8話『命懸けの内部告発!? 最強黒幕の秘密…』の感想。



厚労大臣による友人への便宜を告発した元大臣秘書官・八雲(林家正蔵)が入院してきた。一躍正義のヒーローになった八雲だが、他の病院が大臣の顔色をうかがい入院を拒む中、蛭間(西田敏行)が売名に利用するため受け入れたのだ。「肝外発育型肝細胞がんステージ4A」と診断された八雲の難しい手術を執刀できるのは未知子(米倉涼子)しかいない。だが、内神田(草刈正雄)の意向を受けた蛭間により、未知子は解雇されてしまう。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

「米倉さんの出演料高騰」で毎回レギュラー陣が1人消える!?

当初、「第5シリーズ」への出演を「未知子のイメージが固定するからイヤ」を理由に拒んでいた米倉涼子さんを多額の出演料アップで了承させたせいで、他の出演者へのギャラを抑える必要が出て、毎回レギュラー陣の1人が出演しない、との噂を耳にしたが、確かに前回は内田有紀さん、今回は鈴木浩介さんがお休み。本当か?

ついに西山の物語。しかも、未知子を目指す医師とは!

さて、世間の噂はこれ位にして。本編だが、いよいよ本シリーズから参戦した新キャラクターである新米医師・西山のエピソードだ。そして、ついに未知子を目指す医師の登場とは上手いストーリーを考えたものだ。しかも、その西山が内神田会長の隠し子で…。

後輩を指導する未知子も新鮮! 予測不能の展開に期待大!

展開も演出も過去のシリーズとは、あちこちが違う本シリーズだけに最終章に向かって何か仕掛けてくるとは思っていたが、まさかこんな展開とは思わなかった。更に、後輩を指導する未知子や「私、失敗しないので」の本当の意味も語られて良かった。原も未知子の第1助手で腕も心も磨いたから、西山も原2号となるのか楽しみだ。

あとがき

残すは、内神田会長がどうなるか?でしょうか。やはり博美が麻酔科医として参加すると画が締まりますね。やはり博美は絶対必要枠ですよ。それにしても、本当に次の展開が予想できず、更に裏切らない面白さと完成度。お見事です。次回にも大いにきたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
テレビ朝日系木曜ドラマ Doctor-X~外科医・大門未知子 オリジナルサウンドトラック 沢田完


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/10758/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ドクターX~外科医大門未知子5 第8話

元大臣秘書官・八雲拓哉(林家正蔵)が記者会見を開き、ある大学病院の補助金不正使用を厚労省が隠蔽して来た事実を告発しました。 彼は根治手術が不可能な肝外発育型肝細胞がんであると診断されて、死を覚悟したと言います。 ならば、正義を貫いてこの世を去ろうと立ち上がったようですが・・・ 週刊誌に暴かれた八雲の赤ちゃんパブ通い・・・晶(岸部一徳)や博美(内田有紀)の赤ちゃん言葉にドン引...

ドクターX 外科医・大門未知子 第5シリーズ 「命懸けの内部告発!? 最強黒幕の秘密…」

元大臣秘書官・八雲拓哉(林家正蔵)が、自らの根治手術が不可能な肝外発育型肝細胞がんであると診断され、死を覚悟。記者会見を開き、ある大学病院の補助金不正使用を厚労省が隠ぺいしてきた事実を告発病院長・蛭間重勝(西田敏行)の手引きで、「東帝大学病院」に入院八雲のオペは最高レベルの技術が不可欠であり、大門未知子(米倉涼子)以外には考えられない状況。ところが、何を思ったか、ゆとり世代の新米外科医・西山...

木曜ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~(5)』第8話

内容元大臣秘書官の八雲拓哉(林家正蔵)が、厚労省の不正を告発する。根治不能のガンのため、覚悟を決めたという。テレビで会見を見ていた未知子(米倉涼子)は、“切りたい”と神原(岸部一徳)に営業を懇願するが。。。神原は一蹴する。たいへんなことに巻き込まれることになってしまうだろうと。そんななか、東帝大病院に八雲が入院する。蛭間(西田敏行)が、病院の広告にしようと受け入れたモノだった。蛭間の命令を受...

科捜研の女17期第7話 & ドクターX 外科医・大門未知子5期第8話(11.30)

科捜研の女17期第7話 男性の遺体が発見される。 転倒して頭を打った事故死の可能性が強いが、 榊マリコ(沢口靖子)は解剖を主張、 一方土門(内藤剛志)は遺体のあった場所に違和感を抱く。 現場に真っ先に駆けつけた地域課の堀口裕子(西原亜希)は マリコの法医学の講義を受けたことがあった。 やがて裕子に法医学の知識を悪用した疑惑がかかってくる。 マリコさんにかつて法医学を教わった女性警察官の隠蔽...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR