●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

監獄のお姫さま (第6話・2017/11/21) 感想

監獄のお姫さま

TBS系・火曜ドラマ『監獄のお姫さま』公式
第6話『奇跡』、ラテ欄『決意と結束』の感想



2017年。「エドミルク本社」では、刑事・池畑(米村亮太朗)がふたば(満島ひかり)の経歴を知り、彼女が誘拐事件に関わっている可能性を推理。吾郎(伊勢谷友介)の妻・晴海(乙葉)に、ふたばへ連絡するよう指示する。晴海から電話を受けたふたばは、事件に巻き込まれたと偽り、一度会社へ戻ることにする。2014年。勇介を奪われたしのぶ(夏帆)から笑顔が消えた。一方、勇介の姿を週刊誌の記事で見たカヨ(小泉今日子)たちは…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


脚本:宮藤官九郎(過去作/ゆとりですがなにか、うぬぼれ刑事、あまちゃん)
演出:金子文紀(過去作/うぬぼれ刑事、逃げるは恥だが役に立つ) ※第1,2,6
   福田亮介(下剋上受験、仰げば尊し) ※第3話
   坪井敏雄(過去作/カルテット、わにとかげぎす) ※第4話
   渡瀬暁彦(過去作/クロコーチ、アリスの棘、小さな巨人) ※第5話

満島ひかりさんの大女優たちの中での輝き方が半端無い!

今回は、仕事の都合にて簡単感想で。

ついに “決意と結束” が1つにまとまった過程を描いた第6話。とにかく、ふたば役の満島ひかりさんが、行き来する時間軸とその変化を絶妙な演技で魅せてくれた。そのお蔭で、実は物語的にはあまり進んではいないが、見応え十分。この大女優たちの中での輝き方は半端じゃない!

伏線アリ、オミカルもシリアスも徹底的に、ファンサービスもアリで大満足!

それにしても、今回もあれこれと伏線が張られ、コミカルな部分は徹底的にやり込んで、シリアスな部分もこれでもかと言わんばかりに感動的に。キョンキョンの歌のシーンまで盛り込まれて、小泉今日子お目当ての私は大満足。かつては主演ドラマをやっていただけあってゲストの前川清さんの演技もお見事だった。

あとがき

ついに、計画スタートの所まで来ましたね。これから出所して…と、益々面白くなりそう。次回も大いに期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
TBS系 火曜ドラマ「監獄のお姫さま」オリジナル・サウンドトラック
空中庭園 通常版 [DVD] 小泉今日子
黄色いマンション 黒い猫 (Switch library) 小泉今日子
コイズミクロニクル~コンプリートシングルベスト 1982-2017~ (初回限定盤プレミアムBOX) 小泉今日子


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/10722/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

監獄のお姫さま 第6話

2014年、女子刑務所では、しのぶ(夏帆)が勇介との別れの日を迎えていました。 しのぶは母・民世(筒井真理子)に勇介を託したはずでしたが、車には吾郎(伊勢谷友介)が同乗していました。 上手く、しのぶの母親を丸め込んで、子供を奪い取った模様です。 一方、勇介がいない寂しさに苦しむカヨ(小泉今日子)、洋子(坂井真紀)、明美(森下愛子)、千夏(菅野美穂)は、しのぶを元気づけるため...

【監獄のお姫さま】第6話 感想

ウチらの苦労、無駄にしたんだよ。分かる?ここは帰ってくる場所じゃないの。出ていく場所!「ただいま」 も聞きたくないし、「おかえり」 も言いたくないの…

火曜ドラマ『監獄のお姫さま』第6話

内容板橋吾郎(伊勢谷友介)により、勇介が連れて行かれ、愕然とするしのぶ(夏帆)カヨ(小泉今日子)たちも“勇介ロス”に陥ってしまう。しばらくして、勇介が、吾郎の恋人・西川晴海(乙葉)のもとで育てられていると知る。憤りを感じるカヨたち。そんなとき、慰問コンサートが開かれる。 敬称略 演出は、金子文紀さん もう登場しないと思っていた...

監獄のお姫さま 「決意と結束」

監獄の中は、母親の しのぶ (夏帆)のみならず「ゆうすけちゃんロス」親子モノをやってる、テレビのチャンネルを変えると、またまた母子モノで、再度挑戦すると、泥沼シリーズになってたのが可笑しかったです。カヨ (小泉今日子)、カットモデルで、角刈り、何個作ってまんねん。面会に来た息子との噛み合わない会話と、手紙の思いやりにジーーーーーン「バカか。バカなのか」と罵倒されつつ、弁護士のイケメン君(塚本...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR