コウノドリ[2] (第6話・2017/11/17) 感想

コウノドリ[2]

TBSテレビ系・金曜ドラマ『コウノドリ[2] 命についてのすべてのこと』公式
第6話『突然の命の危機 母子の救急救命』の感想。
なお、原作:鈴ノ木ユウ「コウノドリ」(漫画)は未読。


一人前になりたいと焦る下屋(松岡茉優)は、ヘルプに入った産婦人科医院で、切迫早産で入院中の妊婦・カエを診察する。2人は同じ名前ということもあって仲良くなる。ある日、下屋はカエの様子がおかしいことに気付き、院長に報告。週明けに検査をすることになったが、程なく、ペルソナ総合医療センターにカエが緊急搬送されてくる。ペルソナに戻っていた下屋がショックを受ける中、サクラ(綾野剛)らは手術を行うが…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


脚本:坪田文(過去作/コウノドリ 第7,8話) ※第1,3,6
   矢島弘一(過去作/毒島ゆり子のせきらら日記) ※第2,4話
   吉田康弘(過去作/プラージュ) ※第5話
演出:土井裕泰(過去作/コウノドリ、重版出来!、逃げ恥) ※第1,2,5話
   山本剛義(過去作/Nのために、夜行観覧車) ※第3,4話
   加藤尚樹(過去作/コウノドリ、ホワイト・ラボ) ※6

"母体死亡" と "下屋の成長" を華麗に繋げた見事な展開!

もう、スゴイ。この一言。我が家の周産期医療従事者が声を張り上げて言っていた。「それ、描くのぉ!?」って。それが “母体死亡”。何せ、彼女の言うことには、30年の周産期医療経験の中で、母子の命が同時に危険にさらされた時に、夫の100%が「妻を助けて下さい」と言い、妊婦の100%が「赤ちゃんを助けて」と言うそうだ。

だから、周産期医療従事者は全力で両方の命を助ける。助けなければいけない。そう教育され、そう信じて働くそうだ(※個別の考えはあると思う)。そう言う現場で一番あってはいけない “母体死亡” を敢えて、ドラマの中心に置いて、下屋の成長物語に繋げると言う(語弊があるかも知れないが)華麗な展開、それが第6話だった。

命を救うドラマとして「下屋の成長物語」も見続けたい…

そして、これまでも当blogでは、救急救命科医の加瀬をもっと上手く使うべきと訴えて来たが、今回それが叶った形となった。しかし、下屋が救命を志望するとは思わなかったが。だが、「命を救う」と言う点では、周産期も救命も根っこでは繋がっている。その意味で、「下屋の成長物語」もずっと見ていきたい…

「チーム医療」と同時に「地域医療」も描いた秀作!

この第6話で注目しておくべきは、今回のテーマである「チーム医療」と同時に「地域医療」の重要性と(敢えて言う)弊害だ。今回、下屋は「こはる産婦人科院」で妊婦・カエの甲状腺異常に気付くが、検査を院長に依頼して帰ってしまう。「あそこで勇気を出していれば」と言うくだりがあるが、そう簡単な話でない。

「ペルソナ」と「こはる」は謂わば「持ちつ持たれつ」の関係。それを別名「地域医療」と言う。語弊があるのを承知で書くが、もし下屋が気付いた時点で「私がペルソナに転院させます」と言って、結果的に何も無かったら。「こはる」の “稼ぎ” を奪ったことになる。

逆に地域の産婦人科病院は “稼ぎ” を失いたくないために、妊婦の危険をギリギリまで引っ張る傾向にある。これが現実。そう言うリアルな現実も本作では、実はしっかりと描いているのだ。もっと書きたいことは山ほどあるが…

あとがき

すぐにでも「濃厚な感想」を書きたいのですが、土日が仕事の上に、書くのに長時間を要するため今回は、どうしても伝えたいことだけに留めます。それにしても「母体死亡」と「下屋の救命異動」を一緒に描くとは恐れ入りました。でも、感動が止まりません…。どうしましょう………………

そして、前回の「かなり濃厚な第2弾」の感想に、162回ものWeb拍手やたくさんの応援コメントを頂戴し、ありがとうございました。濃厚な感想を期待して下さっている読者さんのためにも、また、私のドラマ愛を記しておく意味でも、追って感想の続編「濃厚版」を書きますので、今しばらく少しお待ち下さい(謝)

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
邦ドラマ コウノドリ DVD-BOX TCED-2970 パソコン・AV機器関連 CD/DVD ab1-1051515-ah [簡素パッケージ品]
TBS系 金曜ドラマ「コウノドリ」オリジナル・サウンドトラック
[まとめ買い] コウノドリ(モーニングコミックス)
これからはじめる周産期メンタルヘルス: 産後うつかな?と思ったら


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/10709/


【シーズン1の感想(本家blog)】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 最終回


【これまでの感想】
第1話 第1話(濃厚版) 第2話 第3話 第3話(濃厚版) 第4話 第4話(濃厚版) 第5話 第5話(濃厚版)

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コウノドリ 第2シーズン 「母子を救え!チーム救命医療」

下屋(松岡茉優)の迷いと成長物語でしたね。でも、問題となる妊婦さん役で、福田麻由子がゲスト出演してて、その成長に驚くと共に、不安や親密さや、微妙な病気の予兆から最期まで圧巻で、その演技に圧倒されました。悲しみを代弁する、サクラ(綾野剛)の演奏も素晴らしかったです。回り道をして、さらに多くなって戻ってきますよう。今回も圧巻でした。      (ストーリー)下屋(松岡茉優)は、ピンチヒッターとし...

金曜ドラマ『コウノドリ(2)』第6話

「突然の命の危機 母子の救急救命」内容その夜、下屋(松岡まで)は、“こはる産婦人科”にヘルプでいた。そこで切迫早産で入院する神谷カエ(福田麻由子)久志(笠原秀幸)と出会う。名前が同じ“カエ”、年齢も同じで、親しくなっていくふたり。 ある日、カエが妙な症状を口にしたことに、違和感をおぼえる下屋は、そのことを担当医の富士院長に伝え...

コウノドリ2 第6話

別の産婦人科病院にピンチヒッターとして出向いた下屋(松岡茉優)は、切迫早産で入院しているカエ(福田麻由子)と出会います。 下屋は、その病院で唯一の入院患者だったカエの不安を取り除こうと、積極的に相談に乗ります。 名前も年齢も同じ2人は意気投合し、子供と一緒に結婚式に出るのが夢のカエから結婚式に招待されていました。 「患者に首を突っ込みすぎでは?」と白川(坂口健太郎)から注意...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR