明日の約束 (第5話・2017/11/14) 感想

明日の約束

関西テレビ制作・フジテレビ系・『明日の約束』公式
第5話『少年の不穏な過去に母の影…遂に核心へ』の感想。



日向(井上真央)は大翔(金子大地)から圭吾(遠藤健慎)を無視し始めた理由を聞き、圭吾の変化に真紀子(仲間由紀恵)の関与を疑う。だが、霧島(及川光博)らに確証がないと言われる。そんな折、本庄(工藤阿須加)から求婚された日向は、尚子(手塚理美)の動向が気になりつつも承諾する。生徒たちが大翔の暴力動画を撮った犯人捜しを始める中、日向と霧島は中学時代、真紀子が‘モンスターペアレント’で嫌われていたと勝(渡邉剣)から聞く。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

益々謎は複雑化し深まったが、スッキリと観易くなった

漫才師・千鳥の「癖がスゴい」が流行しているが、この第5話を見終えて感じたのは「謎がスゴい」だ。何せ、ついに、いや、とうとう1年B組の担任・霧島(及川光博)まで “あの目つき” で謎が深まってしまったのだから。これでほぼ全ての主要な登場人物に「圭吾の死」に直接関係しない “謎” が見え隠れする状況になった。

普通なら、これだけ「謎がスゴい」とゴチャゴチャするところだが、全体の印象はむしろ前回までよりスッキリして観易くなった。理由は恐らく、日向(井上真央)の母親のくだりを少な目にした上で、本庄(工藤阿須加)との関係を進めたために日向の私生活部分の描写が「圭吾の死」から分離させたためと思われる。

整理したお蔭で "癖が少し抑えられ" て良作度が増した

もちろん、私は前回までも十分に面白いし興味深い作品と評価してきたが、多くの人たちにそのことが伝わっていないことに、若干の疑問や苛立ちがあった。しかし、今回はこれまでで一番主人公中心に物語が進行したお蔭で、物語全体が日向を中心に動いて見えたのは良かった。

更に良かったのは、「週刊ワイド」の社会部記者・小嶋(青柳翔)の立場が明瞭になったこと。これまでは “単なる掻き回し役” で物足りなく感じていたのが、今回から学校側と持ちつ持たれつの関係が見えて面白くなって来た。とにかく、これまでで最も「癖がスゴく無かった」のは、多くの視聴者に受け入れられると思う。

あとがき

第5話にして、ついに、高校のスクールカウンセラーの日向が、圭吾の死の謎を究明していく過程で、いじめ、毒親、非行などの難題とそれぞれの心の闇に対峙しながら、生きる意味や親子のかたちを探っていくヒューマン・ミステリーになって来ましたね。次回にも大いに期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


 

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
大河ドラマ 花燃ゆ 総集編 [DVD]井上真央
永遠の0 Blu-ray通常版 岡田准一 井上真央


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/10693/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

明日の約束5話感想

バスケ部のキャプテン、長谷部が、圭吾から脅されているところから始まりました。 圭吾はベンチ入りして、試合に出たいから脅していたとは思えないなあ。と思いながら、もしかしたらお母さんに言われて、そのとうりに動いていただけなのかな。 日向はプロポーズされて、幸せになれるか。。。まだ、分からない。いろんな問題が山積みになっています。 日向とお母さんとの痛々しい、怖いやりとりが今回は...

明日の約束 「少年の不穏な過去に母の影…遂に核心へ」

圭吾(遠藤健慎)の謎の死を、マスコミはイジメによる自殺だと報道し、バスケ部キャプテンの大翔(金子大地)は加害者として世間から誹謗(ひぼう)中傷されることに圭吾の母・真紀子(仲間由紀恵)弁護士を伴い学校へやって来て抗議大翔の喫煙を暴露し、教師たちは強いリーダーシップでチームを率いていた大翔の裏の顔に、思わず絶句日向(井上真央)は、圭吾が「煙草のことで、ベンチ入り」を脅迫してたことを知り、そもそ...

明日の約束 第五話

内容吉岡圭吾(遠藤健慎)の死を、マスコミはイジメによる自殺と報道した。そしてバスケ部キャプテンの長谷部大翔(金子大地)は、イジメの首謀者として、非難の的になっていく。そんななか、大翔は、顧問の辻を暴行した犯人として逮捕されるのだが、友人たちにより、アリバイが判明。自暴自棄となったためとわかる。そして大翔は、圭吾から脅されていたと、日向(井上真央)に告白する。喫煙をバラされたくなければ、ベンチ...

明日の約束 第5話

明日の約束の第5話を見ました。 1年生のバスケ部員・圭吾の謎の死をマスコミはイジメによる自殺だと報道し、バスケ部キャプテンの大翔は加害者として世間から誹謗中傷される中、圭吾の母・真紀子は弁護士を伴い学校へやって来て抗議する。 さらに大翔の喫煙を暴露し、教師達は強いリーダーシップでチームを率いていた大翔の裏の顔に思わず絶句する。 喫煙の件で大翔本人に話を聞いた日向は圭吾が煙草のことを...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR