ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは出来れば本家blogへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

重要参考人探偵 (第4話・2017/11/10) 感想

重要参考人探偵

テレビ朝日系・金曜ナイトドラマ『重要参考人探偵』公式
第4話『殺人シェイクスピア』、ラテ欄『殺人シェイクスピア!!舞台上演中に起きた殺人事件の謎!!』の感想。
なお、原作:絹田村子「重要参考人探偵」(小学館/月刊フラワーズ)は未読。


すぐ死ぬ役で舞台デビューする圭(玉森裕太)が緊張していると、共演するベテラン女優・栞(雛形あきこ)が良い演技ができるおまじないを教えてくれる。その公演直前、シモン(古川雄輝)と果林(新木優子)が見に来たと知り、ますます緊張する圭。そんな折、圭は主役の黒井(福田悠太)がヒロイン役のルナ(矢作穂香)ともめているところを目にする。そして幕が開くが、黒井が舞台上で殺され、それをまたもや圭が最初に見つけてしまう。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

斎(小山慶一郎)の存在で面白さが大半減!

あれ?どうしたの?第2話→第3話と期待以上にドラマの面白さが正常進化してきたのに、今回はまたおかしなことに…。事件や推理はそれなりに面白いのに、ある一点が気になり過ぎて、折角の面白さが大半減って感じだった。それが、圭のモデル仲間の周防 斎(小山慶一郎)の存在。

圭自身がもっと動かないとダメでしょ?

まっ、そもそも圭が1人で事件を解決すれば済む話を2人のモデル仲間に振り分けるのは原作もあろうから良しとしよう。しかし、圭自身があまり動かずシモンと斎があれこれ動いていると言うのは本末転倒。

斎が完全に話の腰を追っている!!!

その上、シモンは圭とくっついている場面がそれなりにあるから良いのだが、大人の事情か知らないが、斎が完全に物語から分離して存在しているのはダメ。更に斎のシーンが話の腰を追っている始末。正直、斎は不要。圭とシモンのバディに果林が加わったトリオで事件を解決した方が絶対に面白くなると思う。

あとがき

益々、玉森裕太さんが演じる「弥木 圭」が板に付いて来ており面白くなっているだけに、この第4話は残念でなりません。斎の出番をもっと工夫するしか、巻き返しは厳しそう。面白いのに、もったいないなぁ。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


   

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
赤い果実(DVD付)(初回生産限定盤A)
赤い果実(DVD付)(初回生産限定盤B)
赤い果実


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/10679/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

重要参考人探偵 「殺人シェイクスピア!!舞台上演中に起きた殺人事件の謎!!」

なんと舞台の上で、第一発見者になってしまった、弥木圭(玉森裕太)そして残った血文字にダイイングメッセージ?謎を解いてしまえば、「なんだ」だけど、なかなか凝っているミステリーでした。      (ストーリー)「死体役なら圭の右に出るものはいない」という浪江社長(滝藤賢一)の提案と売り込みで、なぜか舞台俳優デビューすることになった弥木圭(玉森裕太)。絶海の孤島にある洋館で起きる殺人事件を描いたミ...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: