監獄のお姫さま (第4話・2017/11/7) 感想

監獄のお姫さま

TBS系・火曜ドラマ『監獄のお姫さま』公式
第4話『秘密』、ラテ欄『彼女たちの事情…裏切り男の面会室』の感想。


2012年6月。しのぶ(夏帆)がひそかに妊娠していることを知ってしまったカヨ(小泉今日子)は、日一日と大きくなるしのぶの腹を見て、居ても立ってもいられない。だが、しのぶから誰にも言わないでほしいと頼まれたこともあり、なんとかふたば(満島ひかり)に察してもらおうとする。2017年。ふたばの号令の下、吾郎(伊勢谷友介)を縛り上げたカヨたちは、勇介(前田虎徹)の母親が誰なのか、本当のことを言うよう迫っていて…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

脚本:宮藤官九郎(過去作/ゆとりですがなにか、うぬぼれ刑事、あまちゃん)
演出:金子文紀(過去作/うぬぼれ刑事、逃げるは恥だが役に立つ) ※第1,2話
   福田亮介(下剋上受験、仰げば尊し) ※第3話
   坪井敏雄(過去作/カルテット、わにとかげぎす) 第4話
   渡瀬暁彦(過去作/アリスの棘、小さな巨人)

冒頭でのカヨの夫婦生活や面会のシーンで…

感想の冒頭でわざわざ “ミーハー宣言” をする必要もないが、キョンキョンお目当ての私としては、冒頭でのカヨの夫婦生活や面会のシーンでの演技で、主演映画『空中庭園』(2005年公開)での “家族間で秘密は作らない”というルールを定めて偽りの夫婦と家族を世間に向けて演じる京橋絵里子 役を思い出した。

『明日への約束』への痛烈な一撃か!?

それにしても、 通称「女優」の洋子にこんな↓台詞を書く宮藤官九郎氏の才気には感服する。

洋子「現実がリアルで吐きそうなの だから ドラマぐらいは」

この↑台詞って、ある意味この直前に他局で放送中の『明日への約束』への痛烈な一撃に聞こえてしまった。私は吐きそうな現実をリアルに描く『明日への約束』も面白いと思うが。

本作は真逆の作風で面白さを引き出す。リアルで吐きそうな過去を持つ元女囚たちで、ありそうで絶対にあり得ない世界観を創出するこの現実味と虚構の絶妙なバランスはお見事だ。

「虚構の中の真実」の魅せ方、言葉の選択の巧みさは秀逸

通称「先生」のふたばが言うカヨへのこの↓一言も実にリアルで面白い。

ふたば「何か言いたいのは分かるけど
    何が言いたいのか分かんないのよ おばさんは…
    愚鈍!」

「妊娠」の2文字で引っ張るだけ引っ張ってネタにしたり、日常で使う事など滅多にない「愚鈍」と言う単語で “オバサンらしさ” を表現したり。こう言うのこそ、リアルなのにフィクションの世界だから存在できる愉快さ。やはり、宮藤官九郎氏の脚本は「虚構の中の真実」の魅せ方、言葉の選択の巧みさは秀逸だ。

「勇気とお節介」こそオバサンの特権と同然と響いてくる

終盤間近か、通称「姫」しのぶのこの↓台詞もグッとくる。

しのぶ「皆さんの勇気と お節介のおかげで
    もうすぐ赤ちゃんが生まれるから」

ごく普通な感謝の言葉なのだが、「勇気とお節介」こそオバサンの特権と言わんばかりに響いてくる。ホント、言葉の選び方が素晴らしい。

サムズアップから「昼ごはんの歌」で泣けた!!!

そして、出産のため救急車に乗るためにストレッチャーの上にいるしのぶに、カヨが名作映画『ターミネーター2』のラストシーンでの超印象的なサムズアップ(親指を上にあげる)を連想させる「だいじょうぶ」のサイン。それにサムズアップで応えるしのぶのテンポと雰囲気の良さ。

ターミネーター2
©Terminator 2

イェイイェイ 離れていても
イェイイェイ 心はひとつ
イェイイェイ 家のご飯が
イェイイェイ最高なんだ

更に、しのぶを見送る6人の女囚が 「昼ごはんの歌」↑を歌うシーンでは、恥ずかしながら泣きそうになってしまった。正に、笑いあり涙ありの1時間。お見事だった。

あとがき

これで、6人全員の過去が描かれた訳ですね。ここからどうなるんでしょう?取り敢えず、しのぶが出産を終えて刑務所で子育てが始まるのでしょうか。本当に楽しみです。次回にも大いに期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
TBS系 火曜ドラマ「監獄のお姫さま」オリジナル・サウンドトラック
空中庭園 通常版 [DVD] 小泉今日子
黄色いマンション 黒い猫 (Switch library) 小泉今日子
コイズミクロニクル~コンプリートシングルベスト 1982-2017~ (初回限定盤プレミアムBOX) 小泉今日子


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/10664/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【監獄のお姫さま】第4話 感想

もしタイムマシンがあったら。自分が生まれる前の時代に行きたいわ。そんで お父さんとお母さんが絶対に出会わないように先回りして邪魔してやるの…

監獄のお姫さま 「彼女たちの事情…裏切り男の面会室」

もう、いちいち、可笑しすぎ!第一、キョンキョンの役名が馬場カヨってのからして、笑えるし、誘拐・拉致された、イケメン社長、橋吾郎 (伊勢谷友介)、クドカンに、遊ばれまくってます。爆笑ヨーグルト姫・しのぶ (夏帆)の描いた、ゆるキャラが「ゆうすけ」君で、応援の旗印になるし、個人的は、ヤクザの姉御にのぼりつめた、、“姐御”明美(森下愛子)の、こんな姿が拝めるとは。それに、財テク(菅野美穂)も、父親...

火曜ドラマ『監獄のお姫さま』第4話

『秘密』『姫の獄中妊娠発覚…』「彼女たちの事情…裏切り男の面会室」 内容久々に、夫・武彦と会ったカヨ(小泉今日子)は、困惑する。息子・公太郎のことが気になるが。。。 2012年夏。カヨは、しのぶ(夏帆)の妊娠を知り、若井(満島ひかり)に伝えようとするが、タイミングがつかめない。バッジの色が落ちる懲罰覚悟で、独居房に行き、カヨは、若井から、妊娠していても、ナントカ...

監獄のお姫さま 第4話

2012年、女子刑務所では、カヨ(小泉今日子)の夫・武彦(赤堀雅秋)が突然、面会に現れます。 小学5年生になる息子の様子を話す武彦は、事件に対して怒りや恨みもなく「自業自得だった」とカヨに詫びますが、話す内容は取り留めもなく、時間のないカヨは要点をまとめるように言っていました。 でも、この事件が起きたのは、武彦が要点だけしか話さなかったからじゃなかったっけ?? 武彦にとって...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR