●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

明日の約束 (第4話・2017/11/7) 感想

明日の約束

関西テレビ制作・フジテレビ系・『明日の約束』公式
第4話『愛情という母の攻撃…悪者を裁くのは誰』の感想。


母・尚子(手塚理美)との幼い頃からの確執を恋人の本庄(工藤阿須加)に打ち明けようとした矢先、日向(井上真央)の元に霧島(及川光博)から、辻(神尾佑)が何者かに襲われ重傷を負ったという連絡が入る。一方、バスケットボール部のマネジャー・希美香(山口まゆ)は、今までにも増して部活動に熱意を傾ける主将・大翔(金子大地)の態度に危うさを感じていた。そんな中、大翔が部員に暴力を振るう動画がニュースサイトで公開される。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

評価をしない人の気持ちが今回はよーく分かった第4話

今回は(“今回も” かな?)、評価が分かれそうな内容だった。私は評価しているのだが、評価をしない人の気持ちが今回はよーく分かってしまった。結局、冷静に見ると第2話から殆ど話が進んでおらず、期待を射せるように煽るだけで、新事実はほんの僅かだけ毎回小出しにしているだけだから。

毎回の1時間内にそれなりのメリハリやドラマチックな何かを求めたりする人には正直不向き。また、終着点が見え難いのも継続視聴するハードルを高くしている。そんな所がこれまでの視聴率が右下がりになっている要員ではないだろうか? ※今回の視聴率は執筆時点で発表させていない。

圭吾の死には母以外に、様々な要因が複雑に絡み合う

しかし、私は本作を面白いと思う。

明白な証拠の無い状況下で、噂やSNSの書き込みへの根拠無き先入観などで、自らのコントロールが効かなくなったバスケットボール部の主将・大翔の混迷。世評や偏った考えやネット情報だけに頼り、事実や真実を確かめずに報道するマスコミ。人格障害を疑わせる日向の母・尚子と娘・日向の切りたくても切れない謎めく親子関係。

また、圭吾の先輩への脅しや、圭吾の母・真紀子の深い心の闇。圭吾の妹・英美里の抱え込んでいる問題も見逃せない。結局、問題は圭吾の死の根本的な原因は母の真紀子だけではなく、学校や部活のいじめ、教師の指導方法や学校組織の隠蔽体質などが複雑に絡み合っているのは確か。

"圭吾の死因解明" から生きる意味や家族の像を模索する

本作は、恐らく “1つに絞り込めない圭吾の死因” を少しずつじわじわと浮き彫りに描写することで、主人公であるスクールカウンセラーの日向と一緒に事実や真実を目の当たりにしながら、生きる意味や親子の像(かたち)探って行く…そんなヒューマン・ミステリーになっている。

あとがき

我が家には高校生の子どもがいないので、30年以上前のネットもスマホもSNSもない時代の自分に、本作で描かれる現代の高校生の置かれた “自由と束縛”、“好き勝手とがんじがらめ” に翻弄されつつ青春を生きる若者たちとそれを支える教師らの姿を投影させて、“現代社会の生きにくさ” を痛烈に感じます。

とにかく、毎回心に響く言葉があり、いろいろ考えさせられる本作。本作を観る度に「視聴率=ドラマの質」でないと声を大にして言いたい。次回にも大いに期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


 

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
大河ドラマ 花燃ゆ 総集編 [DVD]井上真央
永遠の0 Blu-ray通常版 岡田准一 井上真央


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/10663/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

明日の約束 「愛情という母の攻撃…悪者を裁くのは誰」

しかし、「明日の約束」が、スクールカウンセラーの日向(井上真央)にとって、「母の尚子(手塚理美)への絶対服従」だったとは!その、何とか逃れようと悪戦苦闘した諸々を聞いて、救いを求められた、恋人の本庄(工藤阿須加)は、何思う?バスケ部の顧問・辻(神尾佑)を襲ったのは、自分だと、警察に自首したのは嘘でした。友人達の動画が証明登場人物が、みな美形なので眺めていられるのですが、このオハナシは、どこへ...

明日の約束 第四話

内容息子の死を学校のせいと言い始める母・真紀子(仲間由紀恵)マスコミや、ネットでも、イジメだと決めつけて学校を糾弾する。思わぬ事に困惑する日向(井上真央)は、恋人・本庄(工藤阿須加)に助けを求めようとしたのだが、母・尚子(手塚理美)と会ったと聞き、自分...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR