●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~ (第3話・2017/11/6) 感想

民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~

フジテレビ系・月9『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』公式
第3話『自ら望み選んだ冤罪…こんな世の中に誰がした!?』の感想。



智子(篠原涼子)は市役所に来た老女・富子(梅沢昌代)から元隣人・一馬(渋谷謙人)の冤罪を晴らしてくれと頼まれる。事件は深夜、不審な男が子どもを連れていたとの通報があり、一馬の家で小学生のかのん(白鳥玉季)が発見されたというもの。一馬は誘拐の事実を認めていた。智子は誠(高橋一生)と再び富子に会い、かのんにも話を聞こうとするが、母の裕子(安藤玉恵)に拒絶される。さらに、拘置所の一馬に面会するが…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

フジにしては賢明に、さっさと探偵ドラマ転向と思いきや?

脚本:黒沢久子(過去作/映画「花芯」、映画「お父さんと伊藤さん」)
演出:金井紘(過去作/貴族探偵、好きな人がいること)※第1,2,3
   石井祐介(過去作/SUMMER NUDE、探偵の探偵)
   相沢秀幸(過去作/貴族探偵)

ついに、政治ドラマでは数字が取れないと、フジテレビにしては賢明な選択の結果の結果、探偵ドラマを得意としている演出家を揃えているから、さっさと探偵ドラマ転向したのか?と思えるような、興味を惹くオープニングで始まった第3話。しかし、そんな僅かな希望も早々の篠原涼子さんのキンキン声の早口で撃沈。

高橋一生さんの無駄遣い! 誠のキャラもおかしくなったし…

うーん。なぜ最初に誠は智子を止めなかったのだろう?まっ、高橋一生さんのファンを目論んで、第1話でシャワーシーンを披露し、第2話ではヌードシーンを披露したが反響も視聴率にも影響なし。そこで、第3話は単純に出番を増やすと言う作戦か?しかし、智子を制止させなかったことで、誠のキャラもおかしくなったことに気付かないのか?

それと、本作の感想には無関係だが、高橋一生さんのファンって彼の裸を見て喜ぶような人は少ないような気がする。それに、「藤堂 誠」と言う役が彼に合っていないような気も。『わろてんか』もそうだが、所属事務所は露出を増やせば良いみたいな仕事選びはしないほうが良いと思う。

世間知らずのオバサンがご近所トラブルを運良く解決しただけ?

それにしても、冒頭からまるで刑事ドラマか探偵ドラマのような滑り出しで、強引に「陳情」と言う言葉を持ち出して話を進めていたが、「人権蹂躙」を漢字で書けなくても音で聞いて理解できない段階で主人公に共感できない。

その後は、智子は既婚者で子持ちで我が子を学校に通わせているのに、世間の現状認識不足も甚だしい展開へ。まっ、その後の展開はどうでも良いや。で結局、本作って何を描きたいのか第3話でも分からなかった。だって、市議会議員でなくても出来ることを延々と描くなら、主人公が市議である必要がない。

本作って、ごく普通の主婦が市議会議員となって世の中を変えていく話じゃないの?今回は、世間知らずのオバサンがご近所トラブルに首を突っ込んで運良く解決しただけでは?主人公の言動に共感も出来なければ魅力も乏しい。テンポも良くないし、ただただダラダラ感だけが印象に残る1時間だった。

最低限は主人公の言動に共感出来、応援したくなる魅力を

今と昭和のご近所や子育て環境の違いや、現代の貧困家庭の現状などを織り交ぜて、最後の10分で強引に政治ネタに引っ付けようとしたこと自体は、脚本的な構成は稚拙だが間違ってはいない。

しかし、物語以前の問題として、先述の通りに最低限は主人公の言動に共感出来るようにして、更に主人公に応援したくなる魅力が無ければ視聴率が伸びる可能性はないと思う。だって、出演者のお目当てさんは既に視聴済みだから、新規に視聴者を獲得するにはキャラ変更しかないと考えるのは当然では?

その意味では、前回まで大量のモノローグが邪魔だったが、今回は少なかったのは良かった。でも、その程度の改善策では到底視聴率アップも内容改善も無理。本気で改革をしないと満足度が高まることはないだろう。

あとがき

智子の最後のカメラ目線での「一人じゃどうしようもないことを何とかするのが政治家 佐藤智子。まずは目の前の人から幸せに、そして世の中全部幸せにしてみせます」と言う台詞は間違っていませんが、探偵の真似事を描くことで良いのかな?

世間知らずのオバサンがご近所トラブルに首を突っ込んで運良く解決するドラマを見たい訳ではありません。「月9」ブランドが無ければとっくに離脱しているレベルの作品。なので、次回に期待…せず傍観します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


 

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
LIFE(DVD付)(スマプラ対応)AAA
LIFE(スマプラ対応)AAA


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/10660/


【これまでの感想】
第1話 第2話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~「自ら望み選んだ冤罪…こんな世の中に誰がした!?」

たしかに、社会のある一面にスポット。描いてて、冤罪を暴き、丸くおさめたのですから、エンタメしてるのですが、佐藤智子(篠原涼子)が、市議会議員である必要性が見えないような…かぎりなく、高橋一生・人気にあやかってるように感じたのは、私だけでしょうか?でも、善意が報われ、「ありがとう」の気持ちが伝わった意味では、マル?!      (ストーリー)佐藤智子(篠原涼子)は希望通り、あおば市議会の教育こ...

民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~ 第3話

智子(篠原涼子)は希望通り、市議会の「教育こども委員会」に所属することになります。 しかし、会議に出ても専門用語が多すぎて、周りが何を話しているのか理解できずにいました。 一生懸命、書類を読んで勉強しているのですけど・・・w そんな中、智子は、美亜(前田敦子)に押し付けられて、市民の陳情を引き受けることになります。 どおりで、岡本(千葉雄大)も園田(斎藤司)が慌てて逃...

民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~第3話

内容希望した教育こども委員会に所属した智子(篠原涼子)しかし、資料が難しく、よく分からない。会議に出ても、よく分からず。 そんななか、智子は、未亜(前田敦子)が断った陳情を聞くことに。議会事務局の安部(久保田悠来)によると、話を聞くだけで良いと。陳情を持ち込んできたのは、富子(梅沢昌代)。冤罪があるという。 和美(石田ゆり子)に調べてもらった事件というのは。。。初めは、不審な男が少女を連...

民衆の敵 世の中、おかしくないですか!?第3話(11.6)

誘拐犯として逮捕された男は冤罪なので調査してほしいという陳情が来て、 佐藤智子(篠原涼子)が真相を探るという内容。 僕は最近のフジのドラマの中ではこの作品に好感を持ってるし期待もしている。 実際に犯罪が起きた場合、市議にこういう陳情があるのかもしれない。 でも市議が主人公のドラマで誘拐事件の真相を探るというのはおかしいと思う。 シングルマザーの貧困問題も取り上げてはいたけどね。 やはり市議の...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR