●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

陸王 (第3話/15分拡大・2017/11/5) 感想

陸王

TBSテレビ系・日曜劇場『陸王』公式
第3話/15分拡大『世界に一つのシューズを息子に託して!』の感想。
なお、原作:池井戸潤「陸王」(集英社)は未読。



飯山(寺尾聰)が「陸王」の開発チームに加わり、宮沢(役所広司)たちは本格的なソール作りを開始。飯山の開発アシスタントを大地(山崎賢人)が担当することになる。一方、けがに苦しむ実業団「ダイワ食品陸上部」の茂木(竹内涼真)は、陸王のサンプルを履いて練習を行い、わずかに手応えを感じていた。ところが、シューズを提供する米国メーカー「アトランティス」の日本支社営業部長・小原(ピエール瀧)は、茂木に不快感を示す。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

素材の1つが完成したに過ぎない、15分拡大の第3話

演出担当が、これまでの福澤克雄氏から田中健太氏に交代されたが、『半沢直樹』『ルーズヴェルト・ゲーム』『下町ロケット』の担当だから、作風はこれまでと微塵の変化もなし。従って、努力をしている姿にはそれなりに感動するが、最初の10分と最後の10分を見れば、素材の1つが完成したに過ぎない第3話だった。

試行錯誤や失敗を延々を描くことが人間ドラマか?

以前にも書いたが、「陸王」が成功するのは分かっている。そして、本作のゴールは「こはぜや」が「陸王」を完成させることでなく、ランナーが実用性を認め、商品化されるところがゴール。しかし、靴が完成するまでには、これだけ↓の作業工程がある。

  ●素材選び ←第3話でここ
    ↓
  ●木型作成
    ↓
  ●型紙の設計製作
    ↓
  ●裁断
    ↓
  ●皮漉(す)き
    ↓
  ●縫製
    ↓
  ●成型
    ↓
  ●底付け
    ↓
  ●型抜き
    ↓
  ●仕上げ

本作が、靴の製造工程を丁寧に描くドラマで無いのは百も承知だ。上手に製造工程の描写を省略することで、その裏にある人間ドラマの部分を描くべきだとも思う。しかし、試行錯誤や失敗を延々を描くことが人間ドラマと言えるだろうかと言うのが私の本作への疑問。

どこも "同じ煽り" で演出するから肝心なものが見え難い

例えば、最も丁寧に且つ劇的な人間ドラマを描くべき主人公である宮沢社長。確かに、陸王づくり、埼玉中央銀行との資金繰り、こはぜ屋の存続、茂木選手とダイワ食品陸上部との交渉、スポーツショップ「アリムラスポーツ」からのお知恵拝借、父親としての顔…と、孤軍奮闘しているのはきちんと見えている。

演じる役所広司さんの(第3話になっても抑え目の)演技で見せ場もある。しかし、流石にあちこちに首を突っ込んでいる印象が強くて、宮沢が一番情熱を注いでいるのかぼやけてしまっているのが残念。そうしているのは、演出だ。どの部分にも “同じ煽り” で装飾するから肝心なものが見え難い。

劇中歌の挿入のタイミングも、リトグリのアレンジも本作にはイマイチ

劇中歌である Little Glee Monster が唄う「Jupiter」にも言える。まず、流れるタイミングが良くない。毎回「なぜここ?」と言う場面で流れてくる。また、歌っている Little Glee Monster のせいではないが、平原綾香ヴァージョンが耳に馴染んでいる(私は嫌いだが)せいもあって、あの重低音でないと物足りなさを感じる。

最初と最後の10分を見れば良いような展開を何とかして!

あれこれ書いたが、一番言いたいのは冒頭で書いた、最初の10分と最後の10分を見れば話の展開は十分に理解できると言うのを、どうにかして欲しい。その他にも気になることは山ほどあるが、役所広司さんが目を充血させたアップが連発するまでは、本作を見守るつもりではある…

あとがき

今回は、役所広司さんと寺尾聰さんの演技に魅了されました。あとは予定調和かな?次回にきたします。因みに、第4話は15分拡大なし…ホッ

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
陸王 (集英社文芸単行本)池井戸潤
陸王 クリアファイル 山崎賢人 竹内涼真
[無敵]MUTEKI 【ランニング足袋】[リストバンド付き]伝統職人の匠技が創り出すランニングシューズ《008-muteki-r-サックスブルー》 (27.5)
[無敵]MUTEKI 【ランニング足袋】[リストバンド付き]伝統職人の匠技が創り出すランニングシューズ《008-muteki-r-グレー》 (26.0)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/10655/


【これまでの感想】
第1話 第2話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

陸王 「世界に一つのシューズを息子に託して!」

宮沢(役所広司)の懸命な説得によって、「陸王」開発にかかせない素材「シルクレイ」を使用できることになったこはぜ屋宮沢の息子・大地(山崎賢人)と、特許を持つ飯山(寺尾聰)がタッグを組み、度重なる失敗ののち、ふとしたヒントから、温度に着目。理想のソールに近づきした。ヨカッタね。また、某サークルから、陸王に注文も。あとは、早く、茂木(竹内涼真)が陸王にたどり着きますように。      (ストーリー...

陸王 第3話

シルクレイの特許を持つ飯山(寺尾聰)も開発チームに加わり、宮沢(役所広司)の会社・こはぜ屋はランニングシューズ・陸王の本格的なソール作りを始めます。 しかし、富島(志賀廣太郎)は、一度は会社を潰した飯山という人間が信用できるのかと懐疑的な目を向けていました。 一方、大手スポーツ用品メーカー・アトランティスからスポンサード契約を打ち切られた茂木(竹内涼真)は、宮沢が送った陸王に足を...

【陸王】第3話 感想

あれが 嘘をついてる人間に見えるか?少なくとも この1カ月、お前と飯山さんが必死にやってきた努力に、嘘偽りはなかったんじゃないのか?【陸王】第3…

陸王 第3話

陸王の第3話を見ました。 宮沢の懸命な説得によって、「陸王」開発にかかせない素材「シルクレイ」を使用できることになった。 飯山は特許使用の条件として、自分自身も陸王の開発チームに加わりたいと申し出る。 こうして陸王の本格的なソール作りが始まろうとしていたが、富島は一度は会社を倒産させた飯山が信用できるのかと懐疑的な目を向けていた。 新しく人を雇う余裕のない宮沢は大地に飯山...

日曜劇場『陸王』第三話

「世界に一つのシューズを息子に託して!」『シューズ業界に殴り込みをかける!』内容“シルクレイ”を開発した飯山(寺尾聰)の協力を得て、宮沢(役所広司)の“陸王”プロジェクトが進み始める。宮沢の息子・大地(山崎賢人)とともに、飯山はソール作りを始めるが。。。 そのころ、偶然にも...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR