●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

コウノドリ[2] (第4話・2017/10/27) 感想

2017/11/11 22:50 記事更新
コウノドリ[2]

TBSテレビ系・金曜ドラマ『コウノドリ[2] 命についてのすべてのこと』公式
第4話『自然分娩 “良い母”になるリスク』の感想。
なお、原作:鈴ノ木ユウ「コウノドリ」(漫画)は未読。


研修医・吾郎(宮沢氷魚)が報告を怠ったことで妊婦の体が危険にさらされた。サクラ(綾野剛)たちがすぐに対応したため、大事には至らなかったものの、四宮(星野源)は吾郎を「使えない」と切って捨てる。そんな折、サクラは「トーラック」を希望する妊婦・蓮(安めぐみ)を担当する。トーラックとは、帝王切開の次の出産で自然分娩をすること。「リスクを伴う出産になる」とサクラは念を押すが、蓮は譲ろうとしない。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

様々な人たちの "理想と現実" を丁寧に優しく描いた秀作

脚本:坪田文(過去作/コウノドリ 第7,8話) ※第1,3話
   矢島弘一(過去作/毒島ゆり子のせきらら日記) ※第2,4
   吉田康弘(過去作/プラージュ)
演出:土井裕泰(過去作/コウノドリ、重版出来!、逃げ恥) ※第1,2話
   山本剛義(過去作/Nのために、夜行観覧車) ※第3,4
   加藤尚樹(過去作/コウノドリ、ホワイト・ラボ)

今回は、これまで描いて来たことを一歩進めて、“母親と子ども” と言う関係に重点を置いた点に於いて、新鮮味を感じた。特に、患者、妊婦、医師、研修医、赤ちゃんと母親、夫婦、母と長女などなど、それぞれの “理想と現実” を丁寧且つ優しく描き分けたことで、妊娠と出産を通して様々な人間模様を魅せた感動作だった。

「今橋貴之」の設定の "上手さと巧みさ" を再確認した

これまでも、本作の素晴らしいことは『1』の時から熱く語って来たが、今回のエピソードを見て新たな発見があった。それは、本作の脚本に於ける「今橋貴之」の設定の上手さと巧みさ。何となくは気付いていたのだが、この第4話で決定的になった。この件については、のちに書く予定の『感想の濃厚版』で書くつもりだ。

あとがき

諸事情でゆっくりと感想を書けないので、まずは今回を見て気付いたことだけを簡単に書きました。本文に書いた通り、後日に改めて熱い思いを綴った『感想の濃厚版』を書きますので、そちらもよろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
邦ドラマ コウノドリ DVD-BOX TCED-2970 パソコン・AV機器関連 CD/DVD ab1-1051515-ah [簡素パッケージ品]
TBS系 金曜ドラマ「コウノドリ」オリジナル・サウンドトラック
[まとめ買い] コウノドリ(モーニングコミックス)
これからはじめる周産期メンタルヘルス: 産後うつかな?と思ったら


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/10648/


【シーズン1の感想(本家blog)】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 最終回


【これまでの感想】
第1話 第1話(濃厚版) 第2話 第3話 第3話(濃厚版)

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

金曜ドラマ『コウノドリ(2)』第4話

『自然分娩 良い母になるリスク』内容赤西(宮沢氷魚)が妊婦の情報を伝えたかったことを、激昂する四宮(星野源)“これだからジュニアは。。。”と。下屋(松岡茉優)も赤西の頬を平手打ちして、叱りつける。そしてサクラ(綾野剛)は、妊婦の体を普通の人と同じに考える危険性を伝える。 同じ頃、秋野蓮(安めぐみ)は、自身の娘・美奈のことを、十分に愛せていないのは、帝王切開のせいでは...

コウノドリ 第2シーズン 「自然分娩良い母になるリスク」

新米ドクター、赤西(宮沢氷魚)と、トーラック(帝王切開後の自然分娩)を希望する妊婦の蓮(安めぐみ)ファミリーの成長が見どころでした。こんな大変な時に「屋台船」なんて言ってた、ダンナさんの、当初の呑気さと、やがて現実を知る部分も、ヨカッタです。ラストの、サクラ(綾野剛)先生のピアノ演奏が素敵でした。誠実なドラマだと思います。    (ストーリー)ある日トーラック(帝王切開後の自然分娩)を希望す...

コウノドリ2 第4話

帝王切開後の自然分娩を希望する妊婦・蓮(安めぐみ)が、サクラ(綾野剛)の元を訪れます。 蓮は、帝王切開で出産したことが、わが子を愛せていない一つの理由なのではと考えていました。 サクラは、次の出産はどうしても産道を通して産みたいという蓮の希望を優先させてあげたいと考えます。 しかし、人員不足の中で子宮破裂の危険を伴うことから、四宮(星野源)は「リスクが高すぎる」と考えて、サ...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR