刑事ゆがみ (第4話・2017/11/2) 感想

刑事ゆがみ

フジテレビ系・木曜劇場『刑事ゆがみ』公式
第4話『秘密』の感想。
なお、原作:井浦秀夫「刑事ゆがみ」(漫画)は未読。



ビルの階段から建築士・大山(姜暢雄)が転落死。同じ建設会社で働く社長令嬢で婚約者の高遠と、彼女と同期の堤(高梨臨)が居合わせた。堤は弓神(浅野忠信)の取り調べに対し、一度だけ関係を持った大山に、ストーカーされていたと供述。やめさせる目的で会ったが、腕をつかまれて振り払ったところ落下したと話す。争う声で駆け付けた高遠と警備員(前野朋哉)の証言も一致。堤は以前、大山の件を交番に相談しており、応対したのは羽生(神木隆之介)で…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

なぜ、もっと視聴率で評価されないのか?

毎度のことながら、弓神と羽生の掛け合いが面白過ぎる。そのため、細かい所は気になるが、それらを払拭する楽しさが本作にはある。とにかく、刑事ドラマとしては、かなり完成度が高い。脚本の細かな台詞の言い回しにも拘りを感じるし、俳優陣たちの本作への意気込みもしっかり感じる。なぜ、もっと視聴率で評価されないのか?

あとがき

「視聴率=質」でないことは、幾度も書いていますが、本作は正にそれ。脚本も演出も演技も緻密に計算されているのに。どこかユルい面白さがあります。次回にも大いに期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
刑事ゆがみ 1 -働く悪人- (ビッグコミックス)井浦 秀夫


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/10643/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

木曜劇場『刑事ゆがみ』第4話

内容完成間近のビルの外階段から、建築士の大山昇(姜暢雄)が転落死する。警備員(前野朋哉)によると、争う声が聞こえ駆けつけると、高遠建設の社員・堤祥子(高梨臨)と高遠玲奈(池端レイナ)がいたという。階段下には、大山。玲奈は社長・高藤金太郎(上杉祥三)の令嬢で、大山と婚約していたらしい。 弓神(浅野忠信)菅能(稲森いずみ)が、祥子、玲奈から話を聞くと。警備員と同じ証言をする。また、祥子は、玲奈...

刑事ゆがみ 「秘密」

ストーカーの相手ともめてて不慮の転落、と思いきや、実は、用意周到に偽装された殺人でした。あいかわらず、うきよ署強行犯係の、クセモノ・弓神(浅野忠信)とワカゾー、羽生(神木隆之介)の掛け合いが可笑しいです。関係者は、羽生の交番時代の知り合いでした。目的は大切な人を守るため… 決め手になったのは指輪。よくできたストーリーだったと思います。迷コンビの、スクープ合戦は、どうなるのかな? 小ネタもまた...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR