奥様は、取り扱い注意 (第5話・2017/11/1) 感想

奥様は、取り扱い注意

日本テレビ系・水曜ドラマ『奥様は、取り扱い注意』公式
第5話『太極拳教室』、ラテ欄『妻たちが家出!? 自由な夜に忍び寄る危険から友達を守れ!』の感想。


菜美(綾瀬はるか)と京子(本田翼)は、優里(広末涼子)に元気がないのが気掛かり。2日後、菜美たちを呼び出した優里が、家出するので付き合ってくれと言い出す。優里は、家事にも子育てにも非協力的で、外で働きたいと希望しても耳を貸さない大学教授の夫・啓輔(石黒賢)に対する我慢が、限界に達していた。そして、菜美も勇輝(西島秀俊)に、京子も渉(中尾明慶)に不満を抱く出来事があったばかり。3人はメモを残し、家出を決行する。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

放送当日は、午前中から広末涼子さんが一人で番宣

原案・脚本:金城一紀(過去作/CRISIS、BORDER、SP)
演出:猪股隆一(過去作/THE LAST COP、家売るオンナ) 第1,2話
   長沼誠(過去作/THE LAST COP2、ヤスコとケンジ) 第3,4話
   小室直子(過去作/地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子、東京タラレバ娘) 第5話

放送当日、広末涼子さんがお1人で、朝は『PON!』、昼は『ヒルナンデス!』に番宣で出演されており、広末さん目当ての私には嬉しい時間を過ごしたが、まさか終盤であの名演技が見られるとは!と、今回はミーハー丸出しな書き出しで始まった第5話の感想。この後は冷静に書いてみる。

やっと菜美と優里と京子を1つの塊として描く回が叶った

折角、世代の違う女優さんを3人、それも夫婦と言う設定でご近所さんになっている訳だから、菜美と優里と京子を1つのグループとして扱い、自分たちの専業主婦の悩みを描く物語の放送回があるべきだと考えていたから、やっと希望が叶ったと言う感じだ。

「気持ち良かった!」に菜美の先天的な欲求が見えた

中盤で菜美が京子を騙そうとしたクズ男たちをやっつけた後に「気持ち良かった!」と言う場面があるが、ああ言う描写はとても良い。どうも、菜美は最後に “暴れているだけ” の印象があったから、この台詞でそもそも菜美は暴れたいと言う欲求があることが分かったから。いつもよりのんびしりしたテンポだが、これもまた悪くない。

3人の妻の個性が描かれ良い、感じのホームドラマの折り返し

お次は、優里に言い寄るナンパ男。ここは、菜美の手を煩わさずに優里が自ら解決。これによって、3人の妻たちの個性が描かれた。その事で、3人の夫たち、特に束縛魔の優里の夫・啓輔の実態が明らかになったり、菜美の夫・勇輝の考え方も見えて来たりして、全何話か知らないが良い感じのホームドラマの折り返しになった。

菜美のモノローグが少なくても、台詞なり映像なりで十分

気付いてみれば、前回がほぼ菜美のモノローグで展開されて説得力が無かったが、今回はとてもモノローグが少なくて、終盤の朝日のシーンでの台詞が印象的にさえ感じた。やはり、いくら心情を描くとは言え、多過ぎるのは不自然。今回のようにきちんと台詞なり映像なりで描くべきだ。

広末さんの "涙汲んでから涙を零す名演技" に魅せられた

3人の奥様たちが自分の秘密を話すシーンは最高だった。本田翼さんは『わにとかげぎす』のヒロイン役で確実に大人の女優にステップアップしたと感じていたのだが、このシーンでは「佐藤京子」らしい気弱さが上手く表現されていた。

また、綾瀬はるかさんはアクションが素晴らしいのは当然だが、座長としての風格がお見事。それに、綾瀬さんが画面に入るとパッと華やかになるのも彼女の魅力だ。

乳がんの疑いを吐露する優里を演じた広末涼子さんは、この場面のためにキャスティングされたと言っても過言でない秀逸なお芝居を魅せてくれた。やはり、広末さんの涙汲んでから涙を零すまでの感情表現は、森光子さん、吉永小百合さん、大竹しのぶさんに次ぐ日本屈指の名演技。ファン以外の人の心もグッと来たに違いない。

あとがき

これまでの一話完結のスタイルから、次週からは街に大きな悪党がやって来て…と言う展開になるようですね。「友情のピーク」と言うのも、何か意味深で少々パターン化してきた本作に新風が吹いた第5話は良かったです。特にヒロスエ目当ての私は大満足です。次回にも大いに期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
ドラマ 「奥様は、取り扱い注意」 オリジナル・サウンドトラック 得田真裕


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/10640/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

奥様は、取り扱い注意 第5話

菜美(綾瀬はるか)は優里(広末涼子)、京子(本田翼)と太極拳を習うことになります。 菜美と京子は、優里の様子がいつもと違うように見えるのを心配します。 数日後の日曜日、菜美は、自分との約束をよそに、休日をのんびり過ごしたい雰囲気を隠そうとしない勇輝(西島秀俊)に不満を感じます。 京子は、渉(中尾明慶)に本気の子作りを提案しますが、逃げられてしまいます。 そして、優里は...

奥様は、取り扱い注意 「妻たちが家出!?自由な夜に忍び寄る危険から友達を守れ!」

菜美(綾瀬はるか)は、優里(広末涼子)と京子(本田翼)と一緒に、仲良く太極拳を習うことに。そんな中、優里の様子がおかしく、話は広がり、3人で「家で息が詰まって」家出することに。ダンナさんがオロオロして、心配するのをよそに、3人は楽しく食事して踊りに行ったりする好対照ぶりが可笑しかったです。そんな中、酔った京子が不良に連れ去られそうになり、菜美が持ち前の技でやっつけて救済します。結局、優里は乳...

奥様は、取り扱い注意 第5話

奥様は、取り扱い注意の第5話を見ました。 菜美は優里と京子と一緒に太極拳を習うことにするのだが、言い出しっぺの優里の様子がいつもと違うように見えるのを菜美と京子は心配していた。 数日後の日曜日、菜美は自分との約束はそっちのけで、休日をのんびり過ごしたいオーラを隠そうともしない勇輝に少々キレ気味であった。 姑の嫌味に耐えかねた京子は渉に本気の子作りを提案するがまんまと逃げられてしまう...

水曜ドラマ『奥様は、取り扱い注意』第5話

『太極拳教室』内容優里(広末涼子)に誘われ太極拳をはじめた菜美(綾瀬はるか)京子(本田翼)帰り際、菜美と京子は、優里の様子がおかしいコトに気づく。気のせいなのか? そして日曜日、突然、優里から電話があり、呼び出される菜美と京子。家出するのにつき合って欲しいという。夫・啓輔(石黒賢)とうまく行っていないのが理由らしい。折しも、菜美は、夫・勇輝(西島秀俊)、京子は、夫・渉(中尾明慶)に対し、わ...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR