●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

陸王 (第2話/15分拡大・2017/10/29) 感想

陸王

TBSテレビ系・日曜劇場『陸王』公式
第2話/15分拡大『執念で完成させろ! 想いは金に勝てる?』の感想。
なお、原作:池井戸潤「陸王」(集英社)は未読。



宮沢(役所広司)たちは新たなランニングシューズを「陸王」と名付け、開発に着手。シューズに使う新しいソールの素材候補から、繭を特殊加工した新素材「シルクレイ」に目を付ける。だが開発会社は既に倒産し、特許を持つ元社長・飯山(寺尾聰)も行方知れずになっていた。そんな中、宮沢は坂本(風間俊介)の協力で飯山の居場所を発見。飯山との交渉に臨むが、年間5千万円という高額の特許使用料を要求されてしまう。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

更に好みが分かれる作風に… 役所さんの演技が救いだ!

演出担当は、第1話と同じ福澤克雄氏。内容は、前回と同じ好みが分かれる作風。これを「じっくりと丁寧。熱い男性俳優の名演技の競演」と思えば絶賛だし、「相変わらず物語はのらりくらり。オジサンのアップの連続」と思えば意気消沈だし。では、かく言う私はどちらなのか?

前回は半分半分だったのだが、第2話では残念ながら後者に近くなった。しかし、主演の役所広司さんの、映画の時のような落ち着き抑えた中に、情熱が漲る渋い演技が継続されたのが最大の救いであり、本作の一番の魅力であることが更に際立ったのは間違いない。役所さんが目を充血させてどアップにならない事だけを祈るのみだ。

"ものづくりへの情熱" を描くにしてもまだ素材選びって?

さて物語だが、なぜ “のらりくらり” に見えるのか?1週間空いたせいもあるし、第2話も拡大版のせいもある(第3話も15分拡大)。しかし、最大の理由は第2話なのに、まだ「素材」選びしか進んでいないことだ。本作は “ものづくりへの情熱” を描くドラマのはず。

そう、描くべきは「靴の製造工程」であり「靴が出来上がるまで」だ。だとすると、原作を読まなくても、靴が好きな私でなくても、「素材選び→木型作成→型紙の設計製作→裁断→皮漉(す)き→縫製→成型→底付け→型抜き→仕上げ」と大凡の作業工程でもこれだけはあるのは想像がつくのでは?なのに、第2話でまだ「素材選び」って?

「靴の製造工程」を描くドラマで無いのは百も承知だが…

確かに、「靴が出来上がるまで」を描くドラマで無いのは百も承知。しかし、この先、上記の過程を経て「試作品」が出来、試行錯誤を繰り返して「完成品」が出来るのは間違いないであろうから、一体どんなバランスで描くつもりなのか不安だ。それでなくても、主人公の息子や陸上部など盛り込んでいることが多いのに…

あとがき

残念ながら、成功体験を忘れられないのか、益々『半沢直樹』テイストが加速したのが残念です。ただ、第2話も役所広司さんが “暑苦しい芝居” でないのが最大の救い。ただ、ちょっと暑苦しくなったのが気掛かりですが。あと、魅せるのは俳優の演技でなく、物語でありドラマであると言う原点に帰って欲しいです。次回に期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
陸王 (集英社文芸単行本)池井戸潤
陸王 クリアファイル 山崎賢人 竹内涼真
[無敵]MUTEKI 【ランニング足袋】[リストバンド付き]伝統職人の匠技が創り出すランニングシューズ《008-muteki-r-サックスブルー》 (27.5)
[無敵]MUTEKI 【ランニング足袋】[リストバンド付き]伝統職人の匠技が創り出すランニングシューズ《008-muteki-r-グレー》 (26.0)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/10628/


【これまでの感想】
第1話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

陸王 第2話

ランニングシューズ「陸王」を開発する覚悟を決めた宮沢(役所広司)ですが、道のりは遠く険しいものがあります。 懸案課題だった靴底のソール部分は、試作で採用された生ゴムではランニングシューズとしての耐久性に問題がありました。 従来の素材に見切りを付けた宮沢は、坂本(風間俊介)から紹介された繭で作られた特殊素材「シルクレイ」を思い出します。 ランニングインストラクター・有村(光石...

陸王 「執念で完成させろ!想いは金に勝てる?」

ついに、「こはぜ屋」社長、宮沢(役所広司)の情熱が勝ち、理想とされるソールの素材・特許を持つ飯山(寺尾聰)に、使わせてもらえることになりました。また、うらぶれていた、飯山も、宮沢に会う内、かつて開発した頃の情熱を思い出し、開発スタッフに混ぜて欲しいと。やりましたね。そして、ようよう、レース中に負傷した茂木裕人(竹内涼真)がこはぜ屋のシューズを手にとることになりました。分かっていても感動してし...

日曜劇場『陸王』第二話

「執念で完成させろ!想いは金に勝てる?」 『1億円の特許を手に入れろ!』内容取引銀行の坂本(風間俊介)の勧めもあって、ランニングシューズ“陸王”の開発を決断した宮沢(役所広司)しかし実績がないため、協力してくれるランナーが見つかっていなかった。丈夫な素材も見つかっていなかったが、坂本に教わった素材会社の飯山晴之(寺尾聰)と交渉することに。が、すでに飯山の会社は倒産。特...

陸王 第2話

陸王の第2話を見ました。 こはぜ屋の存続のために取引先銀行の融資課長の大橋から勧められた提言を振り切り、「陸王」開発の覚悟を決めた宮沢だったが、、開発への道のりは遠く険しいものであった。 試作品で採用された生ゴムのソールではランニングシューで求められる耐久性は望めず、従来の素材に見切りをつけた宮沢は以前、坂本から紹介された繭で作られた特殊素材「シルクレイ」を思い出す。 ソー...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR