ドラマスペシャル「BORDER 贖罪」 (2017/10/29) 感想

ドラマスペシャル「BORDER 贖罪」 (2017/10/29) 感想

テレ朝系・ドラマスペシャル『BORDER 贖罪』公式
『主演:小栗旬×原案・脚本:金城一紀あの衝撃作『BORDER』が3年の時を経て復活!“死者と対話できる刑事VS絶対悪が成す完全犯罪"伝説のラストが始まる!』の感想。
なお、2014年に放送された連ドラ『BORDER 警視庁捜査一課殺人犯捜査第4係』(最終回の感想)と2017年10月に放送されたスピンオフドラマ『BORDER 衝動~検視官・比嘉ミカ~』(前編の感想)(後編の感想)は鑑賞済み。


「死者と対話できる」という特殊能力を得た刑事・石川安吾(小栗旬)は、完全犯罪を成す“絶対的な悪"=安藤(大森南朋)と対峙し、正義と悪の境界線で究極の選択を迫られる。 新たな運命を背負わされた石川の前に、新たな死者・真実(中村ゆりか)が現れる。「わたしを殺した犯人を捕まえてください!」という死者の想いを受け、再び石川が取った予想外の行動とは…。 石川の運命が再び動き出し、物語は伝説のラストへ!!
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

3年前の連ドラと先日のスピンオフを経ての待望の続編SP

●原案・脚本:金城一紀(過去作/SP 警視庁警備部警護課第四係シリーズ 、
            CRISIS 公安機動捜査隊特捜班、BORDERシリーズ、
            奥様は、取り扱い注意 ※放送中
●演出:常廣丈太(過去作/緊急取調室、DOCTORS 3、就活家族)
●音楽:川井憲次(過去作/科捜研の女、BORDER、すべてがFになる)

2014年放送の連ドラ版は、「死者と対話できる」特殊能力を得た刑事・石川の、正義義や法律など様々な境界(BORDER)で命と向き合う姿をヒューマンサスペンスに仕立てて、日本中を震撼させた挑戦的で衝撃的な結末で魅せた。

また、先日のスピンオフドラマ『BORDER 衝動~検視官・比嘉ミカ~』では、優秀だが未熟な人間であることを深く自覚している複雑な立場と心情の検視官「比嘉ミカ」と言う新たな女性ヒーローを誕生させた。

そして今回は、連ドラの最終回で8歳の男の子を誘拐殺害し “向こう側” の人間として完全犯罪を成す “絶対的な悪" となった安藤の対峙が描かれた。

説明過多の前半が残念… だが気になったのはそれだけ

3年前に放送された連ドラの続編だけに、前半の1時間にかなり人物と状況説明を割いた構成が残念だったが、最終回のラストを考えれば、それなりの説明は必要だから止むを得ないだろう。そして、2時間で気になったのはそれ位。むしろ、褒めるべきだろう。

全ての俳優さんたちと演じる役のドンピシャ感が凄過ぎ!

しかし、序盤からグイグイと惹き込まれたのは、全ての俳優さんたちと演じる役のドンピシャ感。当て書きの人物もいるだろうが、まず驚いたのは、シリアスからコメディまで無難に熟す主要キャストらが、こちらの期待通りの役を演じて各登場人物に見事なまでに息を吹き込んだこと。

ゲスト俳優の役へのハマり方もお見事!

また、警視庁監察管理官・久高を演じた國村隼さん、殺人事件の被害者・真実を演じた中村ゆりかさん、そして事件の重要参考人・原口を演じた満島真之介さんら、ゲスト俳優の役へのハマり方もお見事。中でも満島真之介さんの存在感が、ドラマ全体へリアルな恐怖と悪を漂わせた功績は大きかった。

石川を更に研ぎ澄ませた "小栗旬" が生み出す緊張感!

もちろん、主人公・石川安吾を演じた小栗旬さんの演技は超安定感抜群。更に今作では、前作の石川を更に研ぎ澄ませ、刻々と迫る自らの死の境界線(BORDER)と向き合いながら、正義と悪の境界線(BORDER)で究極の選択を迫られ続ける石川に昇格させた。お蔭で、最初から最後まで絶えない緊張感が半端無かった。

石川の "表と裏" の仲間達を丁寧に描き "あの結末" へ!

物語も、ほぼ非の打ち所の無い内容。やたらと主人公ばかりを前面に押し出すのでなく、石川の “表の顔” と “裏の顔” のそれぞれの仲間たちもしっかりと描くことで、 常に “絶対的な悪” の存在が鈍くズッシリと輝き続けさせて、期待を裏切らない “あの結末” に見事に導いた。見応え十分の2時間スペシャル。天晴だ。

あとがき

1,800円を支払って観た最近の日本映画でも、こんな感動と満足感を得られる作品は少ないのでは?そんな見応えと後味の良さを感じる2時間でした。でも、出来るなら連続ドラマで帰って来て欲しいです。

もちろん、様々な “裏表” を描くために最近流行のコンプライアンスに引っ掛かるでしょうが、そこを乗り越えないと新たな魅力的なドラマは生まれません。今後のテレ朝がコンプライアンスの境界線(BORDER)を超えてくれるのを期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
BORDER 贖罪/衝動 [Blu-ray] KADOKAWA / 角川書店
BORDER 贖罪/衝動 [DVD] KADOKAWA / 角川書店
BORDER Blu-ray BOX
BORDER 衝動~検視官・比嘉ミカ~をAmazonビデオ-プライム・ビデオで


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/10627/


【2017年のスペシャルドラマの感想】
BORDER 衝動~検視官・比嘉ミカ~ [前篇] (2017/10/6) 感想
ドラマ特別企画「巨悪は眠らせない 特捜検事の標的」 (2017/10/4) 感想
ドラマ特別企画「テミスの剣」 (2017/9/27) 感想
ドラマ特別企画 名奉行!遠山の金四郎 (2017/9/25) 感想
地味にスゴイ!DX 校閲ガール・河野悦子 (2017/9/20) 感想
浅田次郎ドラマスペシャル「琥珀」 (2017/9/15) 感想
24時間テレビ ドラマスペシャル「時代をつくった男 阿久悠物語」 (2017/8/26) 感想
ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編 [後編] (2017/7/9) 感想
ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編 [前編] (2017/7/2) 感想
7daysTV×金曜ロードSHOW!「帰ってきた家売るオンナ」 (2017/5/26) 感想
松本清張 没後25年特別企画「誤差」 (2017/5/10) 感想
テレビ東京開局記念日 ドラマ特別企画「破獄」 (2017/4/12) 感想
ドラマスペシャル「警部補・碓氷弘一 ~殺しのエチュード~」 (2017/4/9) 感想
ドラマスペシャル「人間の証明」 (2017/4/2) 感想
ドラマスペシャル「パンセ」(前後編) (2017/3/31,4/1) 感想
NHK特別番組 [認知症 ともに新しい時代へ] ドキュメンタリードラマ「母、立ちあがる」 (2017/3/29) 感想
ドラマ特別企画 松本清張「花実のない森」 (2017/3/29) 感想
スペシャルドラマ「LEADERS Ⅱ(リーダーズ2)」 (2017/3/26) 感想
二夜連続ドラマスペシャル「アガサ・クリスティ そして誰もいなくなった」 (2017/3/25,26) 感想
金曜ロードSHOW! 特別ドラマ企画「北風と太陽の法廷」 (2017/3/17) 感想
金曜ロードSHOW!日テレ×WOWOW×Hulu共同製作ドラマ「銭形警部」 (2017/2/10) 感想
「愛を乞うひと」読売テレビ・日本テレビ系スペシャルドラマ【文部科学省選定】 (2017/1/11) 感想
MBS開局65周年記念 新春ドラマ特別企画「しあわせの記憶」 (2017/1/8) 感想
金曜ロードSHOW! 特別ドラマ企画「天才バカボン2」 (2017/1/6) 感想
東京センチメンタルSP~千住の恋~ (2017/1/3) 感想
新春スペシャルドラマ「富士ファミリー2017」 (2017/1/3) 感想
新春大型ドラマ「君に捧げるエンブレム」 (2017/1/3) 感想
孤独のグルメ お正月スペシャル ~井之頭五郎の長い一日~ (2017/1/2) 感想

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

BORDER~贖罪~

これは、死者と話ができる特殊能力を持つ刑事・石川安吾(小栗旬)が事件に立ち向かう連続ドラマの「その後」を描いた続編です。 石川は殺人事件の被害者たちの声に耳を傾けるうちに、正義心を燃え上がらせて、裏の力を借りて証拠をねつ造するなどの危うさも増長させていました。 やがて、史上最悪の敵・安藤(大森南朋)とマンションの屋上で対峙した石川は、自らの正義のため、ある決断をしました。 ...

ドラマスペシャル『BORDER 贖罪』

連続ドラマで、大きなインパクトを残したものの、その後… でも、「ああ、だから、このようなラインナップの再放送したのね」と納得したのでした。久々に、あのメンバーに会えて嬉しかったです。それに、今旬なキャスティングも加えて、人の心の裏表、生と死を描いて、高い完成度。満足でした。小栗旬、またまた代表作ができましたね。でも、偶然ながら「頭に銃弾が残り…」なドラマが続いて、思わず(^^*)      ...

ドラマスペシャル『BORDER 贖罪』

内容完全犯罪を行っていた安藤(大森南朋)を追いつめた刑事・石川(小栗旬) その直後、安藤はビルの屋上から転落死する。屋上にやって来た立花(青木崇高)は、そこに石川しかいないことに愕然とする。石川は、本庁から派遣された久高(國村隼)監察官の聴取を受けることに。 そんななか石川の前に、真実(中村ゆりか)が現れる。死者だった。犯人を捕まえてくれと言う真実。 敬称略 原案・脚本は、金城一紀さ...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR