相棒 season16 (第2話/15分拡大版・2017/10/25) 感想

相棒 season16

テレビ朝日系・『相棒 season16』公式
第2話/15分拡大版『検察捜査~反撃』の感想。



右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は法務事務次官・日下部(榎木孝明)の後ろ盾を得た検察官の田臥(田辺誠一)によって、3人の妻を殺害したとされる平井(中村俊介)の捜査から閉め出されてしまう。田臥はさらに特命係を追い詰めようと、捜査一課の伊丹(川原和久)と芹沢(山中崇史)にも接近。一方、平井の事件の解明が中途半端であることに納得がいかない右京らは平井の弁護士・慶子(中村ゆり)を呼び出し、平井邸に立ち入る。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

2002年の『season1』以来、初めて睡魔に負けた!

きっと、私が昨夜とても疲れていたからだ。きっと、夜遅くに酒を飲みながら録画を見たせいだ。そうでなければ、大好きな『相棒』が始まって15分で、私が睡魔に負けるはずがない。2002年の『season1』から全話見ているが、睡魔に負けたのは今回が初めてだ。

耳だけで内容が分かるドラマを『相棒』とは言いたくない!

前回(前編)は、特命係を目の敵にする登場人物ばかり増やす話を延々とやりつつ、その中にポツンと何となく事件を描いた。そして、今回(後編)はその事件の方を中心に。それだけに何だか以前に見たようなシーンが繰り返されたような印象が強かったし、映像的だったのはビデオカメラくらいだし、あとは殆ど動く紙芝居。

「朝ドラ」よろしく耳だけテレビに傾けていれば殆ど内容が分かってしまうなんて『相棒』とは言いたくない。それに、今回の事件そのものも違和感が。なぜ、平井が4人を告訴しようとしているのかがさっぱり分からない。田臥が平井に告訴を依頼したなら分からなくもないが…

右京が喋り過ぎだが、相棒2人の違いが明瞭なのは評価す

どうして、ここまで単なる謎解きだけを描くのだろう?以前は、事件に潜む犯人の心情などをキッチリ描いていたのに。ただ、悪い所ばかりでは無かった。右京が喋り過ぎなのは置いておいて、それなりに相棒の2人の違いをしっかりと分かり易く描いた。この部分は是非とも正常進化させて物語に反映させるべきだ。

今後のことを考えると、どうなのだろう?相棒2人の違いを明瞭する方向を目指すか、『相棒』らしい事件を作って描くべきか?本当は両立させてもらいたいが、ここ数年を見ればそれはほぼ叶わぬこと。作り手も、それは承知のはず。だから、今回は前者を試した。そして、視聴率次第で後者になる可能性もあるか?

あとがき

本文に書いた通り、右京と冠城、またその他の登場人物を描き分けたのは良かったと認めたいです。ただ、お話そのものは、かなりつまらなかった。せめて2時間スペシャル1話で済ませておけば印象は違ったと思いますが。テレ朝の上層部さん、人気コンテンツだから放送すれば良いと言うものではないと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


   

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
相棒 Season 15 ブルーレイBOX (6枚組) [Blu-ray]
相棒 Season 15 DVD BOX I (6枚組)
相棒 Season 15 DVD BOX II (5枚組)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/10609/


【これまでの感想】
第1話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

相棒16 「検察捜査~反撃」~どうした相棒? ミステリーとしてツッコミ所満載!

 どうした、相棒?  ミステリーとしてツッコミ所満載。  まず、遺体にきちんと浴衣を着せるのってすごく難しいと思うよ。  見る人が見れば、自分で着てないことがすぐにわかる。  着せ替える際に指紋や髪の毛とかも付くだろうし。  証拠品の浴衣をベッドの下に隠...

相棒16 テレ朝(10/25)#02

第2話 検察捜査~反撃 あらすじ 事故死に見せかけて3人の妻を殺害したとされる平井(中村俊介)は、 自白が強要されたものだったと、無実を主張し続けていた。 法務事務次官の日下部(榎木孝明)を後ろ盾に、その事件の捜査指揮権を 掌握した検察官の田臥(田辺誠一)は、特命係の右京(水谷豊)と 亘(反町隆史)を捜査から閉め出す。 真の狙いは、捜査権を持たない特命係が指示に反して捜査を行った場合、 それ...

相棒16 第2話

右京さん(水谷豊)ち亘(反町隆史)は、担当検事・田臥(田辺誠一)の権限で、平井(中村俊介)が妻たちを殺害したとされる事件の捜査から完全に締め出されてしまいます。 右京さんたちは、告訴対象の「脅迫」ではなく「捜査権」を引き合いに出して特命係の捜査を拒絶した田臥に、何かしらの魂胆があると確信しますが、これまで通りの自分たちのやり方で事件の真相を追います。 一方、田臥は捜査一課の伊丹(...

相棒 Season16 「検察捜査~反撃」

なんだか、どんどん四方八方に敵を作って包囲網される特命係。捜査権も取り上げられ… でも、逆境にありて、ますます右京(水谷豊)の推理が冴え渡ります。そんな中、3番目の殺人の違和感に目をつけ、平井の弁護士・慶子(中村ゆり)とコンタクトを取り、事情を聞くと共に平井邸を見て回り始めます。中でも、転落死した2番目・妻の着物を、屋敷のベッドの狭間から見つけ出しました。安価なもので、風呂敷とアンバランスだ...

相棒season16 第2話

『検察捜査~反撃』内容自白は刑事に強要されたモノだと、無実を主張する平井陽(中村俊介)そんななか、捜査指揮権をもった検察官の田臥(田辺誠一)は、右京(水谷豊)亘(反町隆史)を捜査から外し、捜査をするなと命じる。明らかに、何らかの意図を感じ取る右京と亘。実際、事件の供述調書に接触することすら許されなかったが、すでに右京は、内容を記憶していた。 一方で、田臥は、伊丹(川原和久)芹沢(山中崇史)...

相棒16期第2話(10.25)

『検察捜査 反撃』  脚本:輿水泰弘 監督:橋本一 脅迫により自供を迫られたと特命係を告訴する平井(中村俊介)、 特命係を捜査から締め出し、密かに立件を狙う検察官田臥(田辺誠一)、 杉下(水谷豊)と冠城(反町隆史)はそれでも平井の妻殺しの真相を探る。 平井の部屋で女性物の浴衣を見つけた杉下は事件の真相に近づいていく。 資産家の妻殺しの真相をただひたすら追う特命係、 特命係を違法捜査で立件し...

「相棒 season 16」第2話

妻を殺した男と検察と特命係。 第2話『検察捜査~反撃』ネタバレです。

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR