●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

「関ジャム 完全燃SHOW 関ジャム音楽史~ヴィジュアル系編~」で、あのバンドも見たかった (2017/10/08放送)

「関ジャム 完全燃SHOW 関ジャム音楽史~ヴィジュアル系編~」で、あのバンドも見たかった (2017/10/08放送)
©テレビ朝日

私の好きな音楽バラエティ番組『関ジャム 完全燃SHOW』

皆さんは、音楽バラエティ番組『関ジャム 完全燃SHOW』(公式)をご存じだろうか。テレ朝にて毎週日曜日23時10分から放送中で、関ジャニ∞が毎回様々な音楽関係者をゲストに迎え、トークや一夜限りのジャムセッションをする番組だ。音楽番組と言うより、音楽を深く掘り下げるマニアックな番組で私のお気に入りの1つでもある。

ヴィジュアル系の音楽史で1本作っちゃうのがスゴイ

今回のテーマは『関ジャム音楽史~ヴィジュアル系編~』。ゲストの鬼龍院翔(ゴールデンボンバー)氏も言っていたように、1つ1つのバンドを「ヴィジュアル系」とカテゴライズするのは難しいし、自分が「ヴィジュアル系」と思えば、それはそれでアリと言う世界でもある。

それにしても、懐かしいバンドが数々登場した。私としてはイカ天出身の「AURA」が色物系だと思っていたし(巧かったが)、「SIAM SHSE」DAITAさんの超絶ギターが炸裂する正統派ロックバンドだと認識していたし。でも、久し振りに「X」を始めとする系譜がきちんと紹介されたのは嬉しいし、流石『関ジャム』と言わざるを得ない。

SOFT BALLET、PIERROT、CASCADEも見たかった

さ~て、個人的には「あのバンドも見たかった」と言うのがいつかある。まず、80年代後半から90年代にかけて独特な世界観で魅了した「SOFT BALLET」が入っていなかったのが大変に残念。とにかく、メンバーの生き様と歌の世界観とヴィジュアルとステージが、ここまで一体化したバンドはあまり見たことが無かった。

SOFT BALLET 10 VIRTUAL WAR

https://youtu.be/mBHahx0BArM

その他にも、90年代から2000年代に活躍した「PIERROT」は、奇奇怪怪なヴィジュアルをしっかりと音楽性にまで落とし込んだ独自の世界観が素晴らしかった。

PIERROT - 脳内モルヒネ

https://youtu.be/DgchUWEl_fQ

90年代に登場した「CASCADE」も再結成されているが、忘れられない。軽快なテクノサウンドに、幼い声のヴォーカルが不思議なバランスで成立していた。

スーパーカー - CASCADE (1999)

https://youtu.be/xzwZiejtUyQ

GALNERYUSは、ヴィジュアル系でないのか?

2001年から活動中のヘヴィメタルバンド「GALNERYUS」は、私の中ではヴィジュアル系バンドなのだが。SYU (Guitar)さんとは、デビュー前に BOWWOW のライブで知り合いから紹介され、一度お会いしたことがある。とても真面目でいい人だった。個人的には、もっと売れても良いと思うバンドの1つだ。

GALNERYUS「ULTIMATE SACRIFICE」Official MV

https://youtu.be/8mthXqnd-lg

『BREAKERZ』のSHINPEIさんのギターの先生は?

最後に、前回の感想に続いて、今回も私が敬愛して止まない最高のロックギタリスト「山本恭司(feat.BOWWOW)」に関連する話を。前回では、『「効果音」の世界に迫る!』のテーマで、BOWWOWの追っかけをやって知り合った音効さんの幾代氏が、出演したとの話をした。

そして、今回出演されていたDAIGOさんのバンド『BREAKERZ』のギタリスト・SHINPEIさんの話。SHINPEIさんは、「音楽学校メーザー・ハウス ギター科卒業」で、その時の先生が山本恭司(feat.BOWWOW)さんだった。

このことは、学校の公式サイトに書かれている。
『山本 恭司 [ギター科講師] × SHINPEI [卒業生 BREAKERZ ギタリスト]』 http://www.mesar.co.jp/graduates_work/graduatesInterview4.html

『BREAKERZ』のギタリスト・SHINPEIさんも、こんな↓感じでギターを教えてもらっていたのだろう。恭司さんの普段の人柄がよく出ている奏法解説です。いつ会っても、あんな優しい雰囲気で接してくれますが、映像のことになるとファンである私にも手厳しいお言葉が飛んできます。とにかく素敵な人です。

【山本恭司 スペシャルムービー】山本恭司流 奏法解説!~ GOKURAKU-TOMBO/山本恭司
https://youtu.be/gJnQHA_7fPg

あとがき

最後の方は、話がずれてしまってごめんなさい。さて、年齢でヴィジュアル系バンドの印象って違いますよね。皆さんにも、今回紹介されなかった一押しのバンドがあるのでは?最後のジャムセッションも良かったです。因みに、番組中に言っていましたが、もちろん我が家にも「モッキンバード」が1本あります!

「関ジャム 完全燃SHOW 関ジャム音楽史~ヴィジュアル系編~」で、あのバンドも見たかった (2017/10/08放送)

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
INCUBATE SOFT BALLET
DICTATORS CIRCUS FINAL PIERROT
メガラニカ CASCADE
ULTIMATE SACRIFICE GALNERYUS


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/10538/

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【関ジャム音楽史】ヴィジュアル系編を勝手に深く補足してみた。

音楽史ヴィジュアル系   昨日のTV朝日系番組、 『関ジャム音楽史~ヴィジュアル系編~』 について、 kiyogawa個人的に、 勝手に深くマニアックに補足してみました。   解説者は、 DAIGO(BREAKERZ)、 鬼龍院翔(ゴールデンボンバー)、 シドのボーカル・マオ、 シドのギター・Shinji、 という顔ぶれです。   冒頭、 支配人の古田新太が、 ...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR