[読書] 俳句のルール (井上 泰至/著・笠間書院) 感想

俳句のルール
【おススメ度】★★★★

私の評価基準(書籍用)


本当の初心者には分かり難い入門書が多いので…

夏井なつきさんのテレビ番組『テレバト』への出演で、巷の俳句への関心が増している今。私もその1人だが、夏井さんの映像的な考え方や表面的なテクニックの解説も勉強になるのだが、あれこれ俳句の入門書を読んでみると、意外に初心者向けに書かれていても、本当の初心者には分かり難い本が多い。

そこで、書店員さんに「俳句のルールが書いてある入門書はありますか?」と聞いたところ、この本を紹介された。正にタイトルに『俳句のルール』と書いてある。タイトルに偽りなしを信じて読んでみた。

俳句文化を幅広く全般的に扱っている教科書的な入門書

特に、「季語」「定型・字余り」「省略・連想」「切れ字・切れ」は俳句独自のルールで、読むと勉強になる。続く、「句会」「文語と口語」「滑稽・ユーモア」「写生と月並」「無季・自由律」は日本文学の表現と言う意味で読み応えがあるが、最後の「国際俳句」は少し難しかった。

ただ、俳句と言う文化を幅広く全般的に扱っているため、初心者はこの1冊を読めば、俳句の全容は見えて来る。また、10のルールはそれぞれ著者が違うため、様々な価値観からの見方も分かって面白い。

あとがき

俳句の教科書と言う雰囲気でしょうか。遊びの要素が殆どないため、ちょっと堅苦しい印象もありますが、読み難いと言うことはありません。真面目な俳句の入門書としておすすめします。


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
超辛口先生の赤ペン俳句教室 夏井 いつき
2017年版 夏井いつきの365日季語手帖 夏井 いつき

今はじめる人のための俳句歳時記 新版 (角川ソフィア文庫)

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/10534/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。

【当blog内の関連記事】
[読書] 夏井いつきの超カンタン! 俳句塾 (夏井 いつき/著・世界文化社) 感想
[読書] 超辛口先生の赤ペン俳句教室 (夏井 いつき/著・朝日出版社) 感想
[読書] 俳句を遊べ!: コ・ト・バ・を・ア・ソ・ベ!Vol.1 (佐藤 文香/編集・小学館) 感想
[読書] ずるい日本語 (内田 伸哉/著・東洋経済新報社) 感想
[読書] 日本の色 売れる色には法則があった! (桜井 輝子/著・朝日新聞出版) 感想
[読書] 心が動く伝え方 (前刀 禎明/著・KADOKAWA/中経出版) 感想
[読書] Web文章の「書き方」入門教室 ~5つのステップで「読まれる→伝わる」文章が書ける! (志鎌 真奈美/著・技術評論社) 感想
[読書] 社外プレゼンの資料作成術 (前田 鎌利/著・ダイヤモンド社) 感想
[読書] 「なぜか売れる」の公式 (理央 周/著・日本経済新聞出版社) 感想
[読書]企画は、ひと言。 (石田章洋/著・日本能率協会マネジメントセンター) 感想
[読書]「読ませる」ための文章センスが身につく本 (奥野宣之/著・実業之日本社) 感想
[読書]伝え方が9割 (佐々木 圭一 /著・ダイヤモンド社) 感想
[読書]TVディレクターの演出術: 物事の魅力を引き出す方法 (高橋弘樹 /著・ちくま新書) 感想
【書評】表現の技術―グッとくる映像にはルールがある:高崎卓馬(著) (電通)
【書評】ドラマ「相棒」はビジネスの教科書だ!杉下右京に学ぶ「謎解きの発想術」 ― もし、あなたがこの天才の頭脳をもっていたら? (プレジデントムック) 勝見 明(著)

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR