映画「ドリーム(日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし

映画「ドリーム(日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし
映画 『ドリーム(日本語字幕版)』公式)を公開初日(9/29)に劇場鑑賞。採点は、★★★★(最高5つ星で4つ)。100点満点なら85点にします。

私の評価基準(映画用)

ディレクター目線のざっくりストーリー

ディレクター目線のざっくりストーリー1960年代始め、アメリカは国際的には東西冷戦、国内では1943年の人種隔離政策により、人種問題で大揺れだった。

ヴァージニア州ハンプトンのNASAレングレー研究所では、ソ連とのガチンコ勝負で宇宙開発競争が繰り広げられる中、優秀な黒人女性たちが、理不尽な差別や格差などの障害に耐えながら、計算手として働いていた。

その1人、天才的な数学者キャサリン(タラジ・P・ヘンソン)は、黒人女性として初めて宇宙特別研究本部に配属されるが、白人だけのオフィス環境は劣悪そのもの。働くビルには、有色人種用のトイレも無い状態だった。

一方、同僚で管理職を目指すドロシー(オクタヴィア・スペンサー)とエンジニアを目指すメアリー(ジャネール・モネイ)も、理不尽な障害で、昇進の道を阻まれてしまう。しかし、彼女たちは仕事と家庭を両立させながら、ひたむきに夢を追い続けた…

マーキュリー計画の成功を影で支えたのは黒人女性だった

1960年代、まだコンピューターが無かった時代、NASAで「計算手(“コンピューター” と呼ばれた)」として宇宙開発に貢献した黒人女性たちの功績を、実話をもとに描いた本作。

映画『ライトスタッフ』で描かれた、アメリカ初の宇宙飛行士に選ばれた男たちの夢と友情と命を懸けた挑戦だった「マーキュリー有人飛行計画」の裏側を、本作では、その計画を陰で支えたのが、実は 卓越した才能を持った黒人女性たちだった、と言う知られざる事実から掘り下げていく。

人種差別を品位をもって明るくポジティブに描く

アメリカが、いや人類が最も恥じるべき人種差別と言う大問題を、人類の夢である宇宙開発と言う人類の壮大な夢と上手く重ね合わせながら、シリアスな社会派作品でなく、描写は丁寧でストレートだが、全体的にはあくまでも明るくポジティブで、且つ品位を持って描かれるのが素晴らしい。

人種差別と言う愚行に、知的なウイットで対抗する黒人女性

とにかく、いろいろな部分のバランスが巧みだ。トイレやコーヒーポットまで有色人種を区別する愚行はコミカルに描き、上司や同僚らの嫌がらせには知的でしゃれっ気のある言動で対抗する姿も明るく描く。

黒人女性に頼る他ない白人が態度を変えていくのが痛快

もちろん、時には愚痴るし失望もするが、家族の支えや友情や、新たな恋の胸キュンが彼女たちを、優しく助けてくれる。また、稀な才能を持つ黒人女性の存在なくして、NASAの宇宙開発が成立しないことが分かり、白人たちが態度を変えていく様は痛快だ。

しかし、本当に時代を動かしたのは、彼女たち本来の明るさであり、人を思う温かさだ。

日本公開が遅すぎるたのと、ダサい邦題がダメ

星5つにしなかったのは、本作と言うより日本の配給会社に苦言を呈したいから。まず、アメリカではとっくに上映され評判も高い作品なのに日本公開が遅すぎたこと。また、邦題がダメなこと。『Hidden Figures』を『ドリーム』と名付けるダサいセンスは、何とかならなかったのか?

あとがき

アフリカ系アメリカ人の女性たちが、幾つもの “人種の壁” を、知的な勇気でポジティブにチャレンジし、次々と “最初の扉” を開けていく過程がテンポ良く描かれ、見終えた後の痛快さは格別です。

そして、未だ、人種差別や性差別も無くならず、戦争の足音さえ聞こえて来そうな今のアメリカで、このような作品が製作上映された事に大きな意義があると思います。

もちろん、日本で様々な差別や偏見に悩み苦しんでいる人は、本作の中に混沌とした中から抜け出せるヒントが見つかるかも知れません。知的に明るくポジティブに生きよう!と思える作品です。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
Hidden Figures [Blu-ray]
「ドリーム」オリジナル・サウンドトラック
ドリーム NASAを支えた名もなき計算手たち (ハーパーBOOKS)
ライトスタッフ 製作30周年記念版 [Blu-ray]


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/10506/

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[映画『ドリーム』を観た]

☆・・・彼女と観たんだけど、これ、観た女性の人生に影響を与える作品になりそうな予感!(^o^)  良かったですね、三人の黒人女性がピックアップされるんだけど、それぞれの成功に興奮するし、  また、大きな、NASAの宇宙進出と言う目標へも向かっているので、スタ...

『ドリーム』 2017年9月15日 朝日ホール

『ドリーム』 を試写かで鑑賞しました。 上映後にJAXA、NASAの人たちがトークをしたが、中身があまりなかった 【ストーリー】  1960年代の初め、ソ連との宇宙開発競争で遅れを取っていたアメリカは、国家の威信をかけて有人宇宙飛行計画に乗り出す。NASAのキャサリン・ジョンソン(タラジ・P・ヘンソン)、ドロシー・ヴォーン(オクタヴィア・スペンサー)、メアリー・ジャクソン(ジャネール・モ...

ドリーム

ドリーム@一ツ橋ホール

ドリーム

評価:★★★★【4点】(P) 前例がないなら作ればいい←御尤もでございます。

ドリーム / Hidden Figures

アメリカがマーキュリー計画を推進するにあたり、計画の成功に貢献した、黒人女性エンジニアたちの活躍を描いた作品。 そう言えば、宇宙開発を描いた映画には、『ライトスタッフ』や『アポロ13』とかありますが、これらには白人男性しか出てきていないですよね?特に、『...

「ドリーム」:先人の苦労を知るべし

映画『ドリーム』を試写会で観ました。原題は“Hidden Figures”。数学

ドリーム

アメリカの宇宙開発史の一端を垣間見れて面白かった。

映画:ドリーム Hidden Figures 「ライトスタッフ」な時代の、影の功労者たち 現状、今年のベスト1候補!

映画「ライトスタッフ」という、アメリカの宇宙開発時代を描いた傑作があった。 今作はその成功の陰で、人種差別に耐えつつ奮闘し、成果に寄与した3人の女性たちを描く。 ・ユダヤ人上司にほだされ、初の研究員資格権利を勝ち取ろうとする女性 ・新しい技術を身につけることで、自らだけでなく周りの部下を救う女性 ・そして打上げにおける最重要な精密な計算・計算式を編み出す女性 「ライトスタッ...

堂々と偏見の壁を壊してくれる人。『ドリーム』

人種差別が横行していた1960年代初頭のアメリカで初の有人宇宙飛行計画を陰で支えたNASAの黒人女性スタッフを描いた作品です。

ドリーム

『ドリーム』---HIDDEN FIGURES---2016年(アメリカ)監督: セオドア・メルフィ出演: タラジ・P・ヘンソン、オクタヴィア・スペンサー、ジャネール・モネイ 、ケヴィン・コスナー 、キルステン・ダンスト 、マハーシャラ・アリ 、ジム・パーソンズ NASAで初期の宇宙開発計画を陰で支えた3人の黒人女性数学者の知られざる活躍を映画化した感動の実話ドラマ。 人種や性別...

ドリーム ★★★★・5

NASAで初期の宇宙開発計画を陰で支えた3人の黒人女性数学者の知られざる活躍を映画化した感動の実話ドラマ。人種や性別の壁に直面しながらも、卓越した知性と不屈の信念を武器に、自ら道を切り開いていった彼女たちのユーモアとバイタリティにあふれた生き様を、軽妙...

「ドリーム」☆崇高な爽快感

久しぶりに爽快感のある映画を観た。 ああ、彼女たちの自信に満ち溢れた姿はなんて気高く美しく凛々しいのでしょう!

ドリーム

『ドリーム』---HIDDEN FIGURES---2016年(アメリカ)監督: セオドア・メルフィ出演: タラジ・P・ヘンソン、オクタヴィア・スペンサー、ジャネール・モネイ 、ケヴィン・コスナー 、キルステン・ダンスト 、マハーシャラ・アリ 、ジム・パーソンズ NASAで初期の宇宙開発計画を陰で支えた3人の黒人女性数学者の知られざる活躍を映画化した感動の実話ドラマ。 人種や性別...

ドリーム

 『ドリーム』をTOHOシネマズ新宿で見ました。 (1)アカデミー賞の作品賞にノミネートされた映画ということで映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、「実話に基づく物語(Based on true events)」の字幕が。  そして、廊下を歩きながら、「14、15、16、...

ドリーム

あらすじ・・・ 1960年代の初め、ソ連との宇宙開発競争で遅れを取っていたアメリカは、国家の威信をかけて有人宇宙飛行計画に乗り出す。NASAのキャサリン・G・ジョンソン(タラジ・P・ヘンソン)、ドロシー・ヴォーン(オクタヴィア・スペンサー)、メアリー・ジャクソ...

映画「ドリーム」

映画「ドリーム」を鑑賞しました。

「ドリーム」、地球周回軌道を成功させた陰の立役者。黒人3人娘!

おすすめ度 ☆☆☆☆ (劇場鑑賞) 実話もの好き ☆☆☆☆★ マーゴット・リー・シェタリーのノンフィクション小説『Hidden Figures』を映画化、 1962年に米国人として初めて地球周回軌道を飛行した宇宙飛行士ジョン・グレンの功績を影で支えた、NASAの3人の黒人系女性スタッ...

映画「ドリーム」@シネマイクスピアリ

映画を何処で見たか、は自分の中ではある程度の重要度があり、 今過去の映画感想を全部見直し、場所をタイトルに入れようとしているところ。 しかし、見返してみたところ、試写会場は結構書いているが、 一般の映画館の記述がないものが多く書ききれていない。 古い資料...

ドリーム

米ソが熾烈な宇宙開発競争を繰り広げていた1960年代に、アメリカ初の有人宇宙飛行計画を支えた、3人の黒人女性技術者たちの奮闘を描いた事実に基づくドラマ。監督は「ヴィンセントが教えてくれたこと」のセオドア・メルフィ。 ドリーム (Hidden Figures) 1961年、ヴァージニア州ハンプトン。NASAのラングレー研究所に、3人の黒人女性技術者たちが配属されます。ずば抜けた数学の才...

ドリーム

これは絶対に見に行くと決めていた作品です。1960年代、宇宙への有人飛行をソ連と競っていたアメリカ。その輝かしい実績の陰に活躍を隠されていた人々がいた。「Hidden Figures」それが彼女たち、黒人女性の計算係たちだ。人種隔離政策がまかり通っていた時代。彼女たちの西計算室はメインの建物から遥か遠い場所の地下に設けられていた。天才的な計算頭脳を持つキャサリンタラジP.ヘンソン、管理職的な...

『ドリーム』

1961年、東西冷戦下のアメリカとソ連は熾烈な宇宙開発競争を繰り広げていた。ヴァージニア州ハンプトンのNASAラングレー研究所では、優秀な黒人女性たちが計算手として西計算グループで働いていた。リーダー格のドロシー(オクタヴィア・スペンサー)は管理職への昇進を希望するが、上司ミッチェル(キルステン・ダンスト)は「黒人グループには管理職を置かない」と却下する。メアリー(ジャネール・モネイ)は技術...

『ドリーム』(2016)

アメリカの威信をかけた<マーキュリー計画>の裏側を描いた「実話に基づく」ストーリー。原題の”Hidden Figures”を直訳すると、「隠れた人物」と「隠れた数字」の両方の意味があるが、これはその活躍が表立って紹介されてこなかった主人公となる3人の女性と、劇中で度々問題となる軌道計算を求める方程式、そしてそこで求められる解との両方の意味を持たせているのだろう。配給会社は当初『ドリーム/私た...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR