ひよっこ (第156回/最終回・9/30) 感想

連続テレビ小説「ひよっこ」

NHK総合・連続テレビ小説『ひよっこ』公式
第26週『グッバイ、ナミダクン』 『第156回/最終回』の感想。


 本作は、9/4 にクランクアップ(撮影終了)しています。
 従って、僅かな編集への期待と、直感的な賛美や愚痴を書いています。
 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。


実(沢村一樹)がお土産にもらったカツサンドを食べ、「いつかみんなで行きたい」と話した稲刈りの時から、かれこれ4年。みね子(有村架純)たちはついに家族そろって、念願だった赤坂・すずふり亭を訪れる。鈴子(宮本信子)や省吾(佐々木蔵之介)らがあたたかく迎え入れ、かつて実が感動したハヤシライスを、心を込めてふるまう。奥茨城の家族と東京の家族。みんなの笑顔に囲まれたみね子は、幸せな気持ちでいっぱいになる。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

予想していた以上に "全てが箇条書き" で驚いた!

なぜ、由香は制服でなく私服で店を手伝っていたのだろう?とか。宗男より長く「あかね荘」に住んでいた実に、省吾たちがあまり “久し振り感” を出さなかったのは気を遣ったのか?とか。ハヤシライスだとは先日から [妄想] していたが、みんなでカツサンドのお礼も言って欲しかったな?とか。

更に、愛子はいつの間にか「妻」になっているし、なぜハンドバッグを持っているのだろうとか。などなどあれこれ思っていたら、いつの間にか食後のコーヒータイム。そして、まるで、折角すずふり亭に両親が来店するなら…と言う感じで、秀俊が結婚の挨拶をしちゃうし。しかも、こんな↓台詞で。

秀俊「必ず 僕ら 幸せに生きます。
   幸せになることを諦めません、絶対。
   お願いします」

みね子と秀俊の結婚に至る過程に紆余曲折あって、何度も別れなければいけないような悲劇や困難があり、「そんな事ばかり続く男とは結婚させない」と実に言われたなら、この台詞も納得できるが、なんの障害もなく視聴者ですら「結婚するのは早すぎない?」と思う展開でこれを言われても、ちっとも心に響かないのだが…

なんか、予想していた以上に全てが箇条書きで驚いてしまった。これが、あの「奥茨城編」と同じ作品か?と、疑いながらずっと見てしまった。従って、本当に感想が思い浮かばない。とにかく、目の前で描かれていることに驚くばかりだから…

結局、「重箱」も「記憶喪失」も中途半端なまま終了…

そして、突然に重箱が登場。よくもまあ都合よく “重箱だけ” を思い出したものだと考えてしまったが、この描写で実の「記憶喪失」がまだ続いていたことを脚本家自ら認めたことになる訳で、結局、最終回に存在したのは “実を演じている雨男” と言うことになった。

この締め方、どうだろう?ここまで、何でもありの箇条書きで済ませる最終回ならば、いっそのこと、重箱を見て、すべてを思い出しても良かったのでは?桑田さんの主題歌をバックにやれば、それなりに見られたと思う。

それをやらないなら、やはり、重箱を見ても何も思い出さずに “うやむや” で終わった方が、スッキリしたような…。矛盾した感想だが。

あとがき

最初の1か月の「奥茨城編」が素晴らしかっただけに、本当に残念です。あとの言いたいことは、これまでたくさん書いてきたので、最終回の感想は、「終わったので良し」としておきます。それに、もう私がくどくど書いてもしょうがないですから。どうぞ、皆さんの本作に関する感想や感想の感想などもお聞かせ下さい。

本当の最後に。前回の愚痴ばかりの感想に 81回も。そして、これまで半年間に数え切れない程たくさんの Web拍手とコメントを頂き、本当にありがとうございました。途中で離脱しそうになりましたが、皆さんの声に励まされて何とか半年間を完走できました。

さて、『ひょっこ』は終わりましたが、また他の作品で皆さんとお会いできるのを楽しみにしています。半年間、愚痴にお付き合い下さり、ありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     
   
   
     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
有村架純主演 連続テレビ小説 ひよっこ 完全版 ブルーレイ全3巻セット(先着300名様にひよっこメモリアルブックプレゼント!)【NHKスクエア限定セット】
【Amazon.co.jp限定】連続テレビ小説 ひよっこ 完全版 ブルーレイ BOX1(全巻購入特典:「すずふり亭」看板 [A5サイズ・ブリキ風]引換シリアルコード付) [Blu-ray]
【Amazon.co.jp限定】連続テレビ小説 ひよっこ 完全版 ブルーレイ BOX2(全巻購入特典:「すずふり亭」看板 [A5サイズ・ブリキ風]引換シリアルコード付) [Blu-ray]
【Amazon.co.jp限定】連続テレビ小説 ひよっこ 完全版 DVD BOX1(全巻購入特典:「すずふり亭」看板 [A5サイズ・ブリキ風]引換シリアルコード付)
【Amazon.co.jp限定】連続テレビ小説 ひよっこ 完全版 DVD BOX2(全巻購入特典:「すずふり亭」看板 [A5サイズ・ブリキ風]引換シリアルコード付)
【Amazon.co.jp限定】連続テレビ小説 ひよっこ 完全版 DVD BOX3(全巻購入特典:「すずふり亭」看板 [A5サイズ・ブリキ風]引換シリアルコード付)
連続テレビ小説 ひよっこ ファンブック (洋泉社MOOK)
ひよっこ メモリアルブック (ステラMOOK)
1964年の有村架純 NHK連続テレビ小説「ひよっこ」愛蔵版フォトブック (新書企画室単行本)
連続テレビ小説「ひよっこ」 オリジナル・サウンドトラック
連続テレビ小説「ひよっこ」オリジナル・サウンドトラック2
がらくた (初回生産限定盤A)
がらくた (通常盤) 桑田佳祐


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/10501/


【これまでの感想】
[妄想] 「ひよっこ」の昭和40年と言う時代設定に、再び“名作の予感”(2017/05/04)
[訂正] 「ひよっこ」第36回で、みね子がビーコロを食べたのは "初任給" でした(謝)(2017/05/14)
「ひよっこ」を2か月間観終えて、今思うこと…(2017/05/28)
「ひよっこ」の“青天目澄子”と演じる女優・松本穂香に注目してみた(2017/06/05)
「ひよっこ」は視聴者の“好意的な解釈”に頼らないで欲しい(2017/06/12)
ひよっこ 総集編(前編) (2017/7/8) 感想
奇跡のコラボ 「ひよっこ」の三男が「コード・ブルー2」に出演していた (2017/07/12)
「ひよっこ」のオープニング映像が、後半戦から一部変わってます (2017/07/20)
SONGS「SONGSスペシャル 桑田佳祐」 (2017/8/24) 感想
NHK「うたコン」での桑田佳祐さんとひよっこのコラボ (2017/08/29) 感想
「ひよっこ」“異例”の9月ズレ込みでクランクアップ やはり騒動は現場でも起きていたのか?(2017/09/04)
「ひよっこ」 最終週前に脚本家の愚痴?を公開するのは反則!(2017/09/21)
「ひよっこ」 最終週は? 脚本家「登場人物みんなが少し幸せになっている」(2017/09/25)
「ひよっこ」ロスでない人専用 : 脚本家・岡田惠和氏「冒頭何週間分か書いたところで、10年の話は撤回しました」 (2017/09/30)
「ひよっこ」期間平均視聴率発表 辛うじて前作0.1%超え(2017/10/03)

第1週『お父ちゃんが帰ってくる!』
1 2 3 4 5 6
第2週『泣くのはいやだ、笑っちゃおう』
7 8 9 10 11 12
第3週『明日(あす)に向かって走れ!』
13 14 15 16 17 18
第4週『旅立ちのとき』
19 20 21 22 23 24
第5週『乙女たち、ご安全に!』
25 26 27 28 29 30
第6週『響け若人のうた』
31 32 33 34 35 36
第7週『椰子(やし)の実たちの夢』
37 38 39 40 41 42
第8週『夏の思い出はメロン色』
43 44 45 46 47 48
第9週『小さな星の、小さな光』
49 50 51 52 53 54
第10週『谷田部みね子ワン、入ります』
55 56 57 58 59 60
第11週『あかね荘にようこそ!』
61 62 63 64 65 66
第12週『内緒話と、春の風』
67 68 69 70 71 72
第13週『ビートルズがやって来る』
73 74 75 76 77 78
第14週『俺は笑って生きてっとう!』
79 80 81 82 83 84
第15週『恋、しちゃったのよ』
85 86 87 88 89 90
第16週『アイアイ傘とノック』
91 92 93 94 95 96
第17週『運命のひと』
97 98 99 100 101 102
第18週『大丈夫、きっと』
103 104 105 106 107 108
第19週『ただいま。おかえり。』
109 110 111 112 113 114
第20週『さて、問題です』
115 116 117 118 119 120
第21週『ミニスカートの風が吹く
121 122 123 124 125 126
第22週『ツイッギーを探せ!』
127 128 129 130 131 132
第23週『乙女たちに花束を』
133 134 135 136 137 138
第24週『真っ赤なハートを君に』
139 140 141 142 143 144
第25週『大好き』
145 146 147 148 149 150
第26週『グッバイ、ナミダクン』
151 152 153 154 155 156(最終回)

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【ひよっこ】第156回最終回(第26週土曜日) 感想

昭和39年。集団就職で奥茨城から上京した「金の卵」谷田部みね子をヒロインに「ちゅらさん」の岡田惠和脚本が描く青春物語…こ】第156回最終回(第26…

ひよっこ 最終回~出会いの物語。出会いを大切した結果、こんな豊かな人間関係が築かれた

〝出会い〟の物語でしたね。  さまざまな出会いがあって、さまざまな人と関わりながら人は生きていく。  そして、宗男おじさん(峯田和伸)が言っていたように、 〝悲しい出来事も良い出会いが変えていく〟  この言葉が作品全体を集約している。  みね子(有村架純...

【ひよっこ】最終回(第156回)(9/30)感想と視聴率

​​​​​​​​​​みね子とヒデさんがシェフと鈴子さんと愛子さんが見ている前で、

最終回>『ひよっこ』第156話

​​​​​​​​​​​​​​​​ラストの、みね子の笑顔 以前よく着ていた美代子お母ちゃん手製の赤いコートで 顔つきはやはり幾分か大人っぽく&都会っぽくなって ちょっとシミジミ…と思ったら イキナリ​次作ヒロインのアップ​へと切り替え この余韻の無さ(笑) 切り替えのアッサリぶりが まさに朝ドラだなあ…と感じた 終わってしまった『ひよっこ』をじっくり思い起こす間...

最終回>『ひよっこ』第156話

​​​​​​​​​​​​​​​​ラストの、みね子の笑顔以前よく着ていた美代子お母ちゃん手製の赤いコートで顔つきはやはり幾分か大人っぽく&都会っぽくなってちょっとシミジミ...

ひよっこ 第156回(最終回)

内容上京した谷田部家の面々は、みね子(有村架純)に連れられ“すずふり亭”へ。 敬称略 ま、 散々な状態だったラスト1か月。。。そのままの最終週、最終回だった。 そういうことだね(苦笑) 初めの1か月は、あれだけ良かったのに。 その後の5ヶ月は。。。。。もう、いいや。 やっと終わったので、それだけで良いです。

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR