僕たちがやりました (第10話/最終回・2017/9/19) 感想

僕たちがやりました

関西テレビ制作・フジテレビ系・『僕たちがやりました』公式
第10話/最終回『償いへの逆転劇!生き続けろ』の感想。
なお、原作の原作:金城宗幸/漫画:荒木光「僕たちがやりました」(講談社)は未読。


自らの罪を世間に公表すると決めたトビオ(窪田正孝)たち4人。しかし、イベント会場の舞台に立って罪の告白をしたトビオらは、乱入してきた覆面の男たちに拉致されてしまう。4人を拉致したのは、輪島(古田新太)の顧問弁護士・西塚(板尾創路)とパイセン(今野浩喜)の腹違いの弟・玲夢(山田裕貴)らだった。西塚は、輪島からパイセンを殺すよう頼まれたと口にし、他の3人にはここから消えて全て忘れろと告げる。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

人間の「罪と罰」と「幸せ」の真実に迫る作品

本作に対して「子供たちが見る夏休みや時間にこんなドラマを…」とか「本作が犯罪抑止になれば…」と感じる視聴者たちもいるだろうが。私は、高校生たちのふとした事件を発端に、人間の「罪と罰」そして「幸せ」について、ここまで掘り下げたドラマをつくり、放送した意味も価値もあったと思う。

各登場人物の末路の描写の衝撃度と丁寧さのバランスの良さ

今回の最終回の各登場人物の末路の描き方の衝撃度と丁寧さのバランスの良さや、第4話で番宣通りの「逃走劇」が始まってからの個性的なドラマ性などを考えると、第3話までがもっと万人ウケを考慮しつつ個性を描けていたら、もう少し多くの視聴者にこの秀作が届いたかも知れない。

窪田正孝さんら、俳優が生(活)かされたドラマだった

高校生を演じた窪田正孝さんの素晴らしさは当然として、来春の朝ドラヒロインに決定している永野芽郁さんがドラマ『こえ恋』から格段に成長した表情の幅の広さも良かった。また、川栄李奈さんも最近は何れもハズレなしの大当たり演技ばかり。そして、今野浩喜さんの新たな魅力も開花した。俳優が生(活)かされたドラマでもあった。

あとがき

正に「問題作」となった本作ですが、私はこう言うドラマが好きです。最近はどの作品も似たり寄ったりの俳優が似たような役を演じて、ストーリーもコンプライアンスを意識して本来の現実から遠く離れたお伽話のような偽物のリアルを描く作品ばかりなので、本作のようにエッジの効いた作品が見たかったです。
関テ制作の火曜の夜のフジテレビのこの放送枠だけは、このまま残して欲しい…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
僕たちがやりました ブルーレイBOX [Blu-ray]
僕たちがやりました DVD-BOX
「僕たちがやりました」オリジナルサウンドトラック
僕たちがやりました DISH//と凡下高がやりました


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/10461/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

僕たちがやりました 最終話

ライブ会場に乱入して、大勢の観客の見ている前で罪を告白する「公開自首」を決行したトビオ(窪田正孝)、伊佐美(間宮祥太朗)、マル(葉山奨之)、パイセン(今野浩喜)は、動物のマスクを被った謎のグループに襲われて気を失い、そのまま連れ去られてしまいました。 トビオたちは爆破事件を告白する動画をインターネット上に公開して騒動になっていて、それに激怒した輪島(古田新太)の指示を受けた西塚(板尾創...

僕たちがやりました 最終回「償いへの逆転劇!生き続けろ」

やはり、主人公・トビオ(窪田正孝)の演技力と熱演が、圧倒的だったかな?結局、トビオ、伊佐美(間宮祥太朗)、マル(葉山奨之)、パイセン(今野浩喜)のライブ会場ジャックは失敗。ド派手な告白や動画も、悪戯ととられて謎のグループに連れていかれます。トビオらを拉致したのは、輪島(古田新太)の指示を受けた西塚(板尾創路)、玲夢(山田裕貴)たち印象的だったのは、そして5年後、やがて10年後が描かれたことか...

僕たちがやりました 第10話(最終回)

内容ライブ会場に乱入したトビオ(窪田正孝)たちは、罪を告白。その直後、動物マスクの者たちに襲われ。。。。 連れて行かれた先にいたのは、輪島(古田新太)の指示を受けた西塚(板尾創路)の姿だった。激怒する輪島が、パイセン(今野浩喜)を殺せと命じたという。そ...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR