ごめん、愛してる (第10話/最終回・2017/9/17) 感想

ごめん、愛してる

TBSテレビ系・日曜劇場『ごめん、愛してる』公式
第10話/最終回『最終回!出逢えて良かった…生まれてきて良かった』の感想。
なお、原作:韓国KBSドラマ「ごめん、愛してる」は未見。



律(長瀬智也)は若菜(池脇千鶴)や魚(大智)と共に、塔子(大西礼芳)の別荘に身を寄せる。一方、凜華(吉岡里帆)は律の行方を捜していた。そんな中、律の心臓がサトル(坂口健太郎)の体に適合することが判明。律は安心した様子で電話をかけてきた麗子(大竹しのぶ)に複雑な感情を抱く。そんな中、律の体に異変が起きる。律は若菜たちを気遣い、塔子に頼んで2人をアパートに帰す。やがて、たった一人で苦痛に耐えていた律の元に、凜華が現れる。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

最大の配慮と最高のスタッフで俳優陣を迎えるべきだった

私が韓国ドラマを好きでないだけで観ないだけで、韓国と言う国に対してどうこう言うつもりはない。しかし、近くても全くと言って良い程に我が日本人とは国民性が違う。だから、あちらの国のドラマを日本のドラマにリメイクするには、最大の配慮と最高のスタッフで下ごしらえをして、俳優陣を迎えて欲しいといつも考えていた。

強引に長瀬さんを活かしたことが全体の物語を崩壊させた

そして本作。結局、ドラマとして脚本がダメだったのは間違いない。しかし、原作を読んでいない私でも、どの辺が原作を活かし、どの辺りがオリジナルなのかは大体分かる。それを見ると、何とか強引に主演の長瀬智也さんを活かそうとしたことが、結果的に全体の物語を崩壊させたと言わざるを得ない。

律亡き後の後日談を丁寧に描くのが日本のドラマでは?

なぜ、こんな遠回しな言い方をするのか。それは国民性の違いと言うデリケートな問題があるから。しかし、訴えたいのはたった1つ。私たちの “俳優・長瀬智也” を韓国ドラマのリメイクで無駄遣いするな!と言うこと。それだけ。

もう一度書くが、原作の良し悪しではなく、原作を日本人、日曜劇場向けに、もっとストーリーの根幹から再構築し直し、あくまでも「原案」とする気合いと意気込みで下準備をして欲しかった。

これは私の勝手な考えだが、最後に母親の麗子が「ごめん、愛してる」と律に言って泣き崩れるのが日本の、日曜劇場のドラマと言うものではないだろうか?そして、律が亡くなった後日談を、1年後などに時間経過させて描くのが、日本のドラマでは?何もかもが雑過ぎる最終回だった。

最後の2分間のダイジェスト版に本作の問題が集約された

最終回の流れや結末に今さらどうこう言うつもりはない。それは、これまでの感想で散々書いてきたから。しかし、最後の最後に。終盤に全話の回想、まとめ、振り返りを2分間ほどの構成で見せていた。

あの2分間のダイジェスト版にあった本作の良心だった若菜と魚、一応ヒロインだった凜華の部分を除いたのが、強く記憶に残る律の出番のほぼ全てを繋ぎ合わせたのでは?と思ってしまった。

結局、2分間に集約できてしまった “俳優・長瀬智也” の出番が、ほぼ全10話要所であり、無駄だと思った部分が一切排除された膨らませるべき骨格だっと言いたい。それが本作。1時間×10話の多くの時間で、一体何を描いたのか?そう言うことだ。

TBSのスタッフは、韓国ドラマのリメイクには手を出すなと書いて、本作の感想を終える…

あとがき

TBSは、二度と “俳優・長瀬智也” の無駄遣いをするようなドラマ制作は止めて頂きたいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
【早期購入特典あり】ごめん、愛してる Blu-ray BOX(大判ポストカード5枚セット付)
【早期購入特典あり】ごめん、愛してる DVD-BOX(大判ポストカード5枚セット付)
ごめん、愛してる Blu-ray BOX
ごめん、愛してる DVD-BOX
TBS系 日曜劇場「ごめん、愛してる」オリジナル・サウンドトラック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/10452/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日曜劇場「ごめん、愛してる」 第10話(最終回)

「最終回!出逢えて良かった…生まれてきて良かった」 内容突如、律(長瀬智也)が姿を消し、心配する凜華(吉岡里帆)は、必死になって探し回る。そんなとき。。。。 一方、サトル(坂口健太郎)は、母・麗子(大竹しのぶ)を問い正していた。 時間が迫る中、律は、恒夫(中村梅雀)から。。。。 敬称略 もうすでに、前回までに、色々書いているので、 あまり書くことはないのだが。 ...

ごめん、愛してる 最終回「最終回!出逢えて良かった…生まれてきて良かった」

最初は、すごくアレンジしてあったのと、主人公が、長瀬君で生命力を感じすぎ、にやや抵抗感… だったのですが、長瀬智也、大竹しのぶに負けず、役者魂、だんだん「ただ、母に愛されたくて…」な不憫な子、律に見えてきました。あと、凜華(吉岡里帆)の健気さ、可憐さがヨカッタかな?若菜(池脇千鶴)と魚(大智)の存在も、雰囲気でした。エンディングの良さもあり、それなりに納得です。     (ストーリー) 体調...

【ごめん、愛してる】最終回(第10話)感想と視聴率

​​​​【最終回の視聴率は、9/19(火)追記予定】「最終回!出逢えて良かった…

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR