映画「エイリアン:コヴェナント(日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし

映画「エイリアン:コヴェナント(日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし
映画 『エイリアン:コヴェナント(日本語字幕版)』公式)を公開初日(9/15)に劇場鑑賞。採点は、★★★☆☆(最高5つ星で3つ)。100点満点なら55点にします。
なお、『エイリアン2』(1986)、『エイリアン3』(1992)、『エイリアン4』(1998)、『エイリアンvsプレデター』(2004)、『プロメテウス』(2012)、は鑑賞済み。

私の評価基準(映画用)

ディレクター目線のざっくりストーリー

冷凍休眠中の男女1千人の入植者と1千体以上の人間の胎芽を乗せた植民船コヴェナント号は、人類の新天地となる惑星「オリガエ-6」を目指していた。

しかし、予期せぬ大事故で船体に甚大な故障が発生した上に、船長を始め数十名の乗組員が死亡。船長の妻で人類移住計画責任者のダニエルズら、生き残った乗組員たちと最新型アンドロイドのウォルターは、懸命な修復作業をする中で、女性の歌声が混じった謎の電波を受信する。

小型船で発信元の調査に向かった先は、移住先より近く、地球に良く似た環境の神秘的な惑星だった。ダニエルズらにとっても、人類の新たな移住先と希望を持つが、なぜか生物の姿が全く見当たらない。そんな星で、乗組員たちが次々と絶命の危機に。そこに、ウォルターの前世代のアンドロイドのデヴィッドが現れる…※R15+

79歳のリドリー監督の映像美は、我々を裏切りことは無い

SFホラー映画の不朽の名作『エイリアン』の前日談となる本作。リドリー・スコット監督の前作「プロメテウス」の続編でもあり、エイリアン誕生の衝撃的な秘密が明かされる。

とにかく、御年79歳のリドリー監督が創出する映像美は、我々を裏切りことは無い。幻想的で優雅で楽園のような広大な惑星と、ちょっとレトロなデザインの宇宙船と狭苦しい船内、そして、惑星と船内で繰り広げられるB級ホラーのチープな雰囲気を残した上手く残したグロい流血と殺しの惨劇の連続。

もう、このコントラスの効いた独特なヴィジュアルを楽しむだけでも、本作を見る価値は十分にある。また、奇才H・R・ギーガーによってデザインされ、登場するだけでワクワクしてくる完全生物エイリアンの造形美と、マイケル・ファスベンダー演ずる優雅で美しいアンドロイド対比も素晴らしかった。

"エイリアン シリーズの初心者&初体験者" におすすめしたい

事前情報も無い怪しい惑星に、2,000人もの人命を預かる新船長が防護服も着用せずに足を踏み入れるストーリーの滑り出しが、突っ込み所と言うのは情けない。その後も、突っ込み所満載で、クライマックスのどんでん返しも予想通り。

その意味では、「エイリアン映画」と聞いて、「グロテスクな怪物がお腹から飛び出したり、顔に張り付く映画?」と答えるような “エイリアン シリーズの初心者&初体験者” におすすめしたい。

何せ前作『プロメテウス』を未見だと、少々説明不足だったり連続性に乏しかったりと残念な展開だし、「そもそも『エイリアン』は戦うヒロインの個性が見所だよね」と言う往年のファンにすれば、戦う女性キャラが脇役で、本シリーズに関して言えば、ほぼ完全にマイケル・ファスベンダーがメインになっているのは苦笑するしかないから…

「エイリアン誕生秘話」をリドリー監督が描いた事に意味がある

あれこれと書いたが、エイリアンがどのように誕生したのか、正に「誕生秘話」がリドリー監督の手でしっかりと描かれたのは、ファンとしては嬉しい。

それにしても「人間 vs アンドロイド」で始まったシリーズが、「エイリアン vs プレデター」を経て、ついに「人間 vs アンドロイド」「アンドロイド vs アンドロイド」まで行き着いた。さて、次はエイリアンをネタに何と何が戦うのか。終わりなき戦いに注目したい。

あとがき

前作『プロメテウス』を未見では、やや説明不足。往年のファンには突っ込み所満載。従って、「エイリアン映画」と聞いて、「グロテスクな怪物がお腹から飛び出したり、顔に張り付く映画?」と答えるような “エイリアン シリーズ初心者&初体験者” におすすめしたいです。「エイリアン シリーズ」の面白さは十分に伝わるはずです。

なお、本作は※R15+指定で、かなりグロテスクな描写が多いので、「エイリアン シリーズ」初見の方は要注意です。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
Alien Covenant (Bilingual) [4K Blu-ray + Digital Copy] - Imported Ca.
Alien: Covenant [Blu-ray](Import)
エイリアン:コヴェナント アート&メイキング
エイリアン:コヴェナント オフィシャル・メイキング・ブック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/10451/

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

劇場鑑賞「エイリアン:コヴェナント」

創造… 詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201709150000/ エイリアン:コヴェナント (角川文庫) [ アラン・ディーン・フォスター ]

エイリアン:コヴェナント

評価:★★★★【4点】(P) 最後のアンドロイドがウォルターだったら

エイリアン:コヴェナント

なぜ「カントリーロード」?

「エイリアン:コヴェナント」@TOHOシネマズ日本橋

 公開初日、夜。TCXスクリーンを構えるスクリーン7。劇場が広すぎて全体的にどの位の客入りかは不明だが、私の周りは満席、男性客が多い。

エイリアン:コヴェナント

いやぁ『プロメテウス』の続編だったとは。

『エイリアン:コヴェナント』

「カントリー・ロード」から「ヴァルハラ城への神々の入城」へ。 嗚呼、勿体無い。エイリアンの起源を描くことばかりに注力しちゃって、本当に楽しみにしていた恐怖要素が全然物足りない。『プロメテウス』の続編でありながら、『エイリアン』の前日譚なんだから、描くべ...

エイリアン:コヴェナント

エイリアン:コヴェナント@ユナイテッドシネマ豊洲

[映画『エイリアン:コヴェナント』を観た]

映画『エイリアン:コヴェナント』TVCM60秒(サッカー編) ☆・・・まあまあでしょうか?  エイリアンのスペックは、作品を重ねることに付加されていくので、もう、何でもありですな。  今回は、胞子エイリアンの成体<白いモビルシーツ・エイリアン>が出...

エイリアン:コヴェナント★★★・5

リドリー・スコット監督による「プロメテウス」の続編にして、79年製作のSF映画の金字塔「エイリアン」へと繋がるSFホラー。地球を後にした宇宙船コヴェナント号のクルーたちを待ち受ける驚愕の運命とエイリアン誕生の秘密を描き出す。主演はキャサリン・ウォータース...

映画:エイリアン コヴェナント ダークさ・凶暴さに磨きがかかったBeforeシリーズ第2弾(汗)

コヴェナント、とは新惑星への移住の旅を続ける宇宙船の名称。 何千人を人口冬眠させつつ、アンドロイドの David が1人で宇宙船を管理している。 ところが予期せぬ事故で冬眠中のクルーの一部が死傷、運行チームは叩き起こされる。 ここで既に某メジャー俳優が死...

映画:エイリアン コヴェナント 今作の磨きがかかった「ダークさ・凶暴さ」について、改めて検証してみた(汗)

すでに一度感想をアップしているが、追加で。 前の感想=ダークさ・凶暴さに磨きがかかった感じ このダークさ・凶暴さに磨きがかかった感じ、という感想は何処からきているか。 改めて考えてみた(極力ネタバレにならないようには表現しています) よくあるパターンは=ヒューマンエラーあるいは人間たちの争い だが映画中の「現在」コヴェナント号のクルーたちによる過ちとか争いは発生して...

『エイリアン:コヴェナント』('17初鑑賞105・劇場)

☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 9月15日(金) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 13:15の回を鑑賞。 2D:字幕版。

エイリアン:コヴェナント・・・・・評価額1600円

ついに“奴”が生まれる。 リドリー・スコット監督による、「エイリアン」前日譚。 2012年の「プロメテウス」に続く第二弾は、スコット作品としては38年ぶりに「エイリアン」のタイトルが復活した。 内容的にも、人類はどこから来たのか?という謎解きの要素が強かった前作から、ぐっとホラー色を増して着実に伝説の第一作に接近。 種の起源を巡る宗教性を引き継ぎながら、前作では最後まで出てこなか...

「エイリアン:コヴェナント」Alien:Covenant (2017 20世紀FOX)

オープニングの、ウェイランド社の社主(ガイ・ピアース)とアンドロイド(マイケル・ファスベンダー)のやりとりにすべてがこめられている。 白い部屋。スタインウェイのピアノと絵画があるだけのおそろしく殺風景な場。 アンドロイドの創造主であり、父と自認する社主は...

「エイリアン:コヴェナント」産まれるよ!

[エイリアン:コヴェナント] ブログ村キーワード “巨匠”リドリー・スコット 監督が世に放つ、シリーズ最新作。まだまだ続くよ!「エイリアン:コヴェナント」(20世紀FOX)。エイリアン誕生の謎が、遂に明かされる! 人類初の大規模な宇宙移住計画の為、コールドスリープ中の2,000人の男女を乗せた巨大宇宙船コヴェナント号。植民地惑星“オリガエ6”へ向かっていたコヴェナント号は、その途上で強大な衝...

「エイリアン:コヴェナント」

ファスベンダー×ファスベンダー。

映画「エイリアン:コヴェナント[2D・字幕]」感想

マイケル・ファスベンダー無双!! エイリアン誕生の謎が明らかに・・・ 「アラビアのロレンス」大好きのアンドロイド、ディビッドが再登場。同型のアンドロイド、ウォルターとマイケル・ファスベンダーが一人二役で活躍・・というか、無双してました。ここまで彼(いや、彼らかな?)中心の話になるとは思ってもみませんでした。彼が大好きな私には楽しい映画でした。 コヴェナント号の乗組員...

エイリアン:コヴェナント

リドリー・スコットが監督・製作を担当して、「プロメテウス」の続編で「エイリアン」の前日談だ。といっても、第1作の単純な物語からどんどん難しくなっていく。人類移住計画で地球を捨て、巨大な宇宙船で旅をしている。新たな惑星を探す間、船の管理はアンドロイドが行う。

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR