ひよっこ (第127回・8/28) 感想

連続テレビ小説「ひよっこ」

NHK総合・連続テレビ小説『ひよっこ』公式
第22週『ツイッギーを探せ!』『第127回』の感想。


 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


日本中でミニスカート旋風が起こっていた、1967年・夏。時子(佐久間由衣)は、ミニスカートが似合う女性を選ぶ「ツイッギーそっくりコンテスト」へ応募することに。「三男(泉澤祐希)のためにも早く結果を出したい」と、みね子(有村架純)に本音を打ち明ける。そんなとき、早苗(シシド・カフカ)のお見合い連敗記録が更新された。愛子(和久井映見)は、早苗が本当に相手から「断られている」のかを疑う。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

突然「朝ドラって本当にいいものですね」と言われても…

土曜日から中1日しか経っていないのに、8月24日(木)放送の『SONGSスペシャル 桑田佳祐』での『「ひよっこ」スピンオフ・ドラマ』の印象の方が強くて、アバンタイトルを見て、そうか先週ってそう言う話で終わっていたんだ…なんて思いながら見ていたら、「語り」が突然こんな↓ことを言い出した。

N「いやあ、朝ドラって本当にいいものですね。
  それでは、ご一緒に楽しみましょう!」

映画解説者の水野晴郎さんの「いやぁ、映画って本当にいいもんですね~」の名文句の引用だろうが、『水曜ロードショー』が始まったのが1972年だから、本作の劇中が1967年で微妙に合わない。まっ、それ以前に「皆で一緒に楽しめるような朝ドラをお願いします」と言い返したいところなのだが…

演出が、渡辺哲也氏に交代して良くなる予感…

さて、演出が、「向島電機編」で乙女たちの夏の海の思い出を演出し、巧みな編集で脚本家の補強をしてくれる渡辺哲也に交代した。主題歌明けのあかね荘の共同炊事場のシーンも、いつもは広いテーブルの周りにポツポツと座らせるのに、今回は7人が頭を寄せるように集まって、いかにも井戸端会議風を演出。

お蔭で漫画家コンビが書いている “みね子が主人公の漫画” のことも無駄にならなかったし、愛子の流れ星や早苗の25歳の回想シーンも、更に安部米店の三男のシーンまで撮影して、それらを入れるタイミングも抜群。応募資格が25歳と言うだけで、9分過ぎまで引っ張っても、「月時計会議」のような演出の間延び感はないのは流石だ。

富さんが登場すると、あかね荘の住人たちが輝き出す

今週のいい演出のせいもあるが、やはりあかね荘のシーンは、特に富さんが登場すると、途端に住人たちが輝き出す。それは、俳(女)優さんたちの貢献が大きい。でも、脚本は?と言えば、「向島電機編」でやったオーディションのネタと大して変わっていない。

時子「早ぐさ、結果だしたかったんだよね、私」

更に、先日の三男の愛の告白の盗み聞ぎにもかこつけて、時子はこんな↑ことを言ってはいるが、どうもピンと来ない。折角、先日の三男の告白の回想シーンの編集での色処理もいい感じなのに…

時子「だから私は
   三男を解放してやんないといげないんだよ」

更に、時子がこんな↑ことを言ってもピンと来ない。「女優になりたい」と上京して来て、今度は「三男のためにもスターになる」って、なんかおかしくないか?うん、本当におかしい。それは、なぜか?

無理に台詞を与えないとならない登場人物に困っている?

理由は2つある。1つ目の理由は、前回の感想に書いたように、時子は三男を意識してはいなかったように描かれてきたこと。もう1つ、厳しく言ってしまうと、みね子の人生に時子が要らないから。ドラマの感想分的に言えば、主人公みね子の物語に時子が必要ないから。

だって、岡田恵和氏も、そのように書いてきたでしょ?「奥茨城編」の時は三男を含めて3人いたから台詞も出番もそれなりにあったが、「向島電機編」ではみね子と同室なのに、存在感があったのは序盤だけで、その後は殆ど台詞も出番も無かった。

そして「赤坂編」になって、岡田氏も「これではいかん」と考えたのか、時子をあかね荘のみね子の部屋に転がり込ませた。しかし、みね子と職場が違うから、強引にあのおかしな劇団の演劇風のくだりで台詞と出番を与えた。

でも、そんなことをいくらやっても、時子の言動はみね子にフィードバックするような内容でないから、いくら描いても尻切れトンボで終わってしまう。それは、「向島電機編」での公園での三男とのやり取りと一緒。

要は、無理に台詞と出番を作らないと、存在する意味すらなくなってしまうキャラクターってわけ。これは、世津子、由香、ヤスハルも同じ。言い換えれば、台詞や出番を作ると、物語に違和感が生じてしまう登場人物たちと言う訳だ。

皆さんも分かると思う。今回の三男がカレンダーを手にしていたシーン。決して、違和感などなかったはずだ。そう言う登場人物が、みね子の人生に、主人公みね子の物語に必要不可欠なキャラクターってことなのだ。

「騒動頼み」になりかけているのが気になる…

今回では、一旦は応募期間の締め切りが過ぎているってオチを見せたが。流石にサブタイトルが『ツイッギーを探せ!』だから、終わるはずがないと考えるのが普通。で、終盤に奥茨城の助川家で「騒動」が起きた。ねっ?「騒動」を作らないと時子の台詞や出番がないのだ。

恐らく、時子の母・君子が時子に内緒で応募ハガキを出して、書類選考でも受かった言う流れになるのだろう。今なら、例え親でも本人以外が内緒で応募するのはご法度だが、昭和40~50年代のアイドル誕生秘話では良くある話。そこは昭和らしいとしておこう。

でも「コンテスト騒動」だけでは、1週間の物語が弱いから、先週の続きで「三角関係騒動」もやるだろう。もしかして、最終回まで1人ずつ片付けていくのだろうか。まずは、時子と由香あたり。そうなると、みね子が毎月食べてハンバーグに辿り着くエピソードも、ぼちぼち描くのだろうか?

なんか、最終回に向けてエピローグに入って行くような予感もするこの第22週。「これで終わり?」だけにはならないように願いたい。

あとがき

共同炊事場のシーンで、ちょっと気付いたことがあるんです。それは、登場人物たちの方言と言うか訛りの強さや加減の付け方で、登場人物の存在感が違ってくるってこと。例えば、漫画家志望の啓輔と祐二は富山弁丸出しで会話する。だから、内容はともかく画面上で存在感が出る。

みね子も仕事中は標準語を心掛けているが、今回の会話でも標準語の言い回しなのにイントネーションだけが訛っている台詞が多い。でも、時子は芝居をやっている体(てい)だからと言うのもあって、訛りの特徴が薄いし、そもそも台詞の数が少ないし。印象的な台詞を言ったのも、愛子と富さんと早苗で、時子はそれらに返すだけ。何かなぁ。

最後に。前回も愚痴と注文ばかりの感想に、85回ものWeb拍手とたくさんのコメントを頂き、ありがとうございます。先週よりは物語が動いており悪くはないですが、「騒動至上主義」になりかけているのが不安です。オールクランクアップもそろそろ。こうなると何を言っても時既に遅しに。となれば、ただただ最後まで応援するしかないですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


                   

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説「ひよっこ」 オリジナル・サウンドトラック
がらくた (初回生産限定盤A)
がらくた (初回生産限定盤B)
がらくた (初回生産限定盤C)
連続テレビ小説 ひよっこ Part1 (NHKドラマ・ガイド)
NHK連続テレビ小説 ひよっこ 上
NHK連続テレビ小説「ひよっこ」1964年の食卓 (TJMOOK)
NHK連続テレビ小説「ひよっこ」 若い広場 (NHK出版オリジナル楽譜シリーズ)
有村架純主演 連続テレビ小説 ひよっこ 完全版 ブルーレイ全3巻セット(先着300名様にひよっこメモリアルブックプレゼント!)【NHKスクエア限定セット】
有村架純主演 連続テレビ小説 ひよっこ 完全版 DVD全3巻セット(先着300名様にひよっこメモリアルブックプレゼント!)【NHKスクエア限定セット】
昭和40年代ファン手帳 (中公新書ラクレ)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/10363/


【これまでの感想】
[妄想] 「ひよっこ」の昭和40年と言う時代設定に、再び“名作の予感”(2017/05/04)
[訂正] 「ひよっこ」第36回で、みね子がビーコロを食べたのは "初任給" でした(謝)(2017/05/14)
「ひよっこ」を2か月間観終えて、今思うこと…(2017/05/28)
「ひよっこ」の“青天目澄子”と演じる女優・松本穂香に注目してみた(2017/06/05)
「ひよっこ」は視聴者の“好意的な解釈”に頼らないで欲しい(2017/06/12)
ひよっこ 総集編(前編) (2017/7/8) 感想
奇跡のコラボ 「ひよっこ」の三男が「コード・ブルー2」に出演していた (2017/07/12)
「ひよっこ」のオープニング映像が、後半戦から一部変わってます (2017/07/20)
SONGS「SONGSスペシャル 桑田佳祐」 (2017/8/24) 感想

第1週『お父ちゃんが帰ってくる!』
1 2 3 4 5 6
第2週『泣くのはいやだ、笑っちゃおう』
7 8 9 10 11 12
第3週『明日(あす)に向かって走れ!』
13 14 15 16 17 18
第4週『旅立ちのとき』
19 20 21 22 23 24
第5週『乙女たち、ご安全に!』
25 26 27 28 29 30
第6週『響け若人のうた』
31 32 33 34 35 36
第7週『椰子(やし)の実たちの夢』
37 38 39 40 41 42
第8週『夏の思い出はメロン色』
43 44 45 46 47 48
第9週『小さな星の、小さな光』
49 50 51 52 53 54
第10週『谷田部みね子ワン、入ります』
55 56 57 58 59 60
第11週『あかね荘にようこそ!』
61 62 63 64 65 66
第12週『内緒話と、春の風』
67 68 69 70 71 72
第13週『ビートルズがやって来る』
73 74 75 76 77 78
第14週『俺は笑って生きてっとう!』
79 80 81 82 83 84
第15週『恋、しちゃったのよ』
85 86 87 88 89 90
第16週アイアイ傘とノック』
91 92 93 94 95 96
第17週『運命のひと』
97 98 99 100 101 102
第18週『大丈夫、きっと』
103 104 105 106 107 108
第19週『ただいま。おかえり。』
109 110 111 112 113 114
第20週『さて、問題です』
115 116 117 118 119 120
第21週『ミニスカートの風が吹く
121 122 123 124 125 126
第22週『ツイッギーを探せ!』

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ツイッギーを探せ!>『ひよっこ』第127話

ずんだ餅は美味しそうではあったけど 時子が齧り付いた途端に詰まらせたのは 1:焦って食べたから 2:既に餅が固くなっていたから 3:そう脚本に書かれていたから …なんてことはどーでもいいですねそうですね(^^;) …ひじゅにですが何か? 「いやあ、朝ドラって本当に良いものですね!」by増田明美 いやあ、今迄で最大の自虐ネタですね、岡田君>ぉ...

ツイッギーを探せ!>『ひよっこ』第127話

ずんだ餅は美味しそうではあったけど時子が齧り付いた途端に詰まらせたのは1:焦って食べたから2:既に餅が固くなっていたから3:そう脚本に書かれていたから…なんてことはどーでも...

ひよっこ 第127回

「ツイッギーを探せ!」内容時子(佐久間由衣)は、“ツイッギーそっくりコンテスト”への応募を決める。みね子(有村架純)は、時子から三男(泉澤祐希)のことを聞き。。。 敬称略 いきなり ナレ『“朝ドラ”って良いモノですね』 って。。。言われてもなぁ。。。。(失笑)

【ひよっこ】第127回(第22週月曜日) 感想

昭和39年。集団就職で奥茨城から上京した「金の卵」谷田部みね子をヒロインに「ちゅらさん」の岡田惠和脚本が描く青春物語…【ひよっこ】第127回(第22…

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR