ひよっこ (第123回・8/23) 感想

連続テレビ小説「ひよっこ」

NHK総合・連続テレビ小説『ひよっこ』公式
第21週『ミニスカートの風が吹く』『第123回』の感想。


 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


自分がモデルになった漫画のことを知ったみね子(有村架純)。祐二(浅香航大)と啓輔(岡山天音)から「面白いけれど主人公が地味だ」と編集者に言われたと聞き、落ち込んでしまう。見かねた秀俊(磯村勇斗)は、みね子の働きぶりが好きだと懸命に励ます。そして鈴子(宮本信子)に休みをもらうと、ある決意を持ってどこかへ出かけていく。一方、谷田部家では「みね子を仕送りから解放しよう」と緊急会議が開かれていた。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

前半が、ほぼ秀俊と磯村勇斗さんのファン向けビデオって…

それにしても、秀俊(磯村勇斗)の身の上話だけで4分。ほぼ秀俊と磯村勇斗さんのファン向け映像だったのにがっかり。それに、先週の由香(島崎遥香)に自分の言葉で身の上を全部喋っちゃった。ああ言う説明台詞は、本当に頭に入って来ないの。こんな時こそ子役を雇って秀俊の幼少期の回想シーンでも入れたら良いのに。

すずふり亭は、とても家庭的な職場なのでは?

それに、秀俊の休暇申請の話。これも腑に落ちないんだよね。すずふり亭って、凄く家庭的な職場でしょ。従業員全員が家族みたいな。だから、以前に鈴子(宮本信子)も省吾(佐々木蔵之介)も由香にお金を渡すのをみね子(有村架純)に頼めたんだよね。

秀俊が冷気正しいのは理解するし、店が大忙しなのも理解するが、もっとフレンドリーに休暇申請しても良いと思うんだが。わざと大袈裟な演技で、また一騒動のフラグを立ててるようにしか見えない。事実、「語り」も先延ばしを宣言してるし。由香の “いい人” の後出しと同じ手法。もう先延ばしは止めようよ。

ってことで、秀俊と磯村勇斗さんのファン向けPVは8分過ぎまで延長。おいおい、半分終わっちゃったよ(困)

唐突にミニスカートの話を始めるにも、他の策があったような…

時は、1967年/昭和42年夏だそうだ。そんなことより驚いたのが、あかね荘の2階からの見通しが相当良いこと。これまでの印象では、奥の通りから数段下った所が広場で、そこに地上2階建てのあかね荘が建っていたから、双眼鏡で女性の足元が見えるような、開けた視界が確保された場所だと思わなかったのだ。

なぜ、こんなことを書くかと言うと、先日のあかね荘での「悲鳴騒動」に違和感が。商店街とは言え、住居と店舗が一体化した住まいもあるのが、昭和初期だから、ヤスハルは当然のこと、ご近所さんが出て来てもおかしくなかったってこと。

結局、その瞬間のことだけ考えて、前後の繋がりを考えずに個々の演出家が撮影するから、こう言う連ドラではあって欲しくない “歪み” が出る。結果的に唐突にミニスカートの話を始めるなら、いっそ美代子(木村佳乃)の美脚の1人ファッションショーから始めた方が、インパクト大だったのでは?もう、ヤスハルの歌はいいよ。

最近、先延ばしをしたり端折ったり、特に雑な気が…

N「そうですよね。
  美代子さんは東京のデパートで売る洋服を
  つくっているんですものね」

ツイッギーの資料映像に続いて、どさくさに紛れてしらーっと「語り」で↑美代子の状況説明を入れて来たが、「そうですよね」って以前に情報提供があっただろうか?全く記憶にないのだが。それにしても、個人で百貨店と直接契約なんて出来たのだろうか?だれか束ねる人でもいたのか?その辺も不明瞭なのが気になった。

「実は、美代子さんは洋裁の腕を買われて、東京のデパートで売る洋服を作っているんです」と語ってくれれば、素直に受け入れたのに、先延ばしをしたり端折ったり、なんかこの数週間は特に雑な気がする…

あとがき

早苗(シシド・カフカ)が大人の女性の色気をプンプン匂わせてミニスカートで出勤するのを、あかね荘のみんなが見て驚くとか、事前に入れたら良かったのに。そしたら、富(白石加代子)と愛子(和久井映見)で一盛り上がり出来たでしょうに。前回の漫画家コンビを叱るシーンと同じで、物足りないのです。

撮影が難しいなら、時子(佐久間由衣)の「ツイッギーそっくりコンテスト」のシーンを双眼鏡の部分に差し替えても良かったですね。編集もおかしくなってますね。そして、実(沢村一樹)の話も明日へお預け。これ、本当に岡田恵和さんが体調不良で脚本が遅れてるのが原因で、演出家が勝手に膨らませてるのでしょうか?

最後に。前回も愚痴ばかりの感想なのに、107回ものWeb拍手とたくさんのコメントを頂き、ありがとうございます。やはり、奥茨城が舞台になるとホッとしますね。でも、赤坂が舞台になると途端に間延びして…。このギャップも何とかして欲しいですし、 今日のミニスカを履いた美代子を見ると、まだ諦めたくないですね。岡田恵和さんの体調含め、細々と本作を応援します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


                   

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説「ひよっこ」 オリジナル・サウンドトラック
がらくた (初回生産限定盤A)
がらくた (初回生産限定盤B)
がらくた (初回生産限定盤C)
連続テレビ小説 ひよっこ Part1 (NHKドラマ・ガイド)
NHK連続テレビ小説 ひよっこ 上
NHK連続テレビ小説「ひよっこ」1964年の食卓 (TJMOOK)
NHK連続テレビ小説「ひよっこ」 若い広場 (NHK出版オリジナル楽譜シリーズ)
有村架純主演 連続テレビ小説 ひよっこ 完全版 ブルーレイ全3巻セット(先着300名様にひよっこメモリアルブックプレゼント!)【NHKスクエア限定セット】
有村架純主演 連続テレビ小説 ひよっこ 完全版 DVD全3巻セット(先着300名様にひよっこメモリアルブックプレゼント!)【NHKスクエア限定セット】
昭和40年代ファン手帳 (中公新書ラクレ)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/10340/


【これまでの感想】
[妄想] 「ひよっこ」の昭和40年と言う時代設定に、再び“名作の予感”(2017/05/04)
[訂正] 「ひよっこ」第36回で、みね子がビーコロを食べたのは "初任給" でした(謝)(2017/05/14)
「ひよっこ」を2か月間観終えて、今思うこと…(2017/05/28)
「ひよっこ」の“青天目澄子”と演じる女優・松本穂香に注目してみた(2017/06/05)
「ひよっこ」は視聴者の“好意的な解釈”に頼らないで欲しい(2017/06/12)
ひよっこ 総集編(前編) (2017/7/8) 感想
奇跡のコラボ 「ひよっこ」の三男が「コード・ブルー2」に出演していた (2017/07/12)
「ひよっこ」のオープニング映像が、後半戦から一部変わってます (2017/07/20)

第1週『お父ちゃんが帰ってくる!』
1 2 3 4 5 6
第2週『泣くのはいやだ、笑っちゃおう』
7 8 9 10 11 12
第3週『明日(あす)に向かって走れ!』
13 14 15 16 17 18
第4週『旅立ちのとき』
19 20 21 22 23 24
第5週『乙女たち、ご安全に!』
25 26 27 28 29 30
第6週『響け若人のうた』
31 32 33 34 35 36
第7週『椰子(やし)の実たちの夢』
37 38 39 40 41 42
第8週『夏の思い出はメロン色』
43 44 45 46 47 48
第9週『小さな星の、小さな光』
49 50 51 52 53 54
第10週『谷田部みね子ワン、入ります』
55 56 57 58 59 60
第11週『あかね荘にようこそ!』
61 62 63 64 65 66
第12週『内緒話と、春の風』
67 68 69 70 71 72
第13週『ビートルズがやって来る』
73 74 75 76 77 78
第14週『俺は笑って生きてっとう!』
79 80 81 82 83 84
第15週『恋、しちゃったのよ』
85 86 87 88 89 90
第16週アイアイ傘とノック』
91 92 93 94 95 96
第17週『運命のひと』
97 98 99 100 101 102
第18週『大丈夫、きっと』
103 104 105 106 107 108
第19週『ただいま。おかえり。』
109 110 111 112 113 114
第20週『さて、問題です』
115 116 117 118 119 120
第21週『ミニスカートの風が吹く』
121 122

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ツィッギー>『ひよっこ』第123話

ミニスカートっちゅーとさ 『おもひでぽろぽろ』(高畑勲監督)のワンシーン 主人公のお姉さんがミニスカでエスカレーターを上る際 お尻のあたりを雑誌か何かで隠してたのを思い出す そーいや、同じ時代だったよね 『ひょっこりひょうたん島』も出てきたし …ひじゅにですが何か? 「こうあるべきだ!ってことに縛られってからね」by宗男 久しぶりの宗男叔父...

ツィッギー>『ひよっこ』第123話

ミニスカートっちゅーとさ『おもひでぽろぽろ』(高畑勲監督)のワンシーン主人公のお姉さんがミニスカでエスカレーターを上る際お尻のあたりを雑誌か何かで隠してたのを思い出すそ...

ひよっこ 第123回

内容啓輔(岡山天音)祐二(浅香航大)が描いた漫画を読んだみね子(有村架純)地味と言われ、ショックを受けてしまう。落ち込むみね子を、秀俊(磯村勇斗)は励ましはじめる。そして、秀俊は、鈴子(宮本信子)に、1日だけ休みが欲しいと。。。。 敬称略 しっかし、...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR