ひよっこ (第117回・8/16) 感想

連続テレビ小説「ひよっこ」

NHK総合・連続テレビ小説『ひよっこ』公式
第20週『さて、問題です』『第117回』の感想。


 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


奥茨城での生活に慣れてきた実(沢村一樹)は、茂(古谷一行)から熱心に畑仕事を教わっていた。そんなある日、元巡査の綿引(竜星涼)が訪ねてくる。ずっと持ち歩いていた実の写真を返しに来たのだ。その夜、実は、美代子(木村佳乃)に「私がいなくなってからのことを聞きたい」と頼み、谷田部家に起こったすべてを知る。一方、いつものように仕事を終えたみね子(有村架純)を、由香(島崎遥香)が裏の広場で待っていた。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

序盤の美代子の長い手紙、全文脚本にあったのだろうか?

序盤の美代子(木村佳乃)からみね子(有村架純)への手紙、内容がおかしかった。当初から脚本にあれば、いつもならさり気なく手紙の文面のカットが入るのに、今回は1カットも無かったから演出家が加えたかも?もちろん、先日、田植えを手伝ってくれたみね子(有村架純)への感謝の部分のことだ。

なぜなら、綿引(竜星涼)が再登場するエピソードは、綿引が写真を返すと言う行動を利用して、谷田部家、特に美代子の “感謝の気持ち” を綿引に伝えて、けじめをつけるために脚本家が創作した話でしょ?だって、本作は、子が親の手伝いをするのは当然、子に礼を言うのも躾けの1つとして描いてきたのだから、わざわざここで…ってこと。

美代子の "感謝の気持ち" は、綿引に絞り込むべきでは?

だから、今回で描くべき美代子の “感謝の気持ち” は、綿引に対してに絞り込むべきだった。美代子、実(沢村一樹)、茂(古谷一行)と綿引の会話もそうなっていた。綿引のみね子への配慮、実が東京で建設業をやってる頃の思い出話と回想など、ちゃんと実の手助けになるような情報提供まで仕込んで書いてあったし。

みね子やすずふり亭のおふざけのシーンも、本作の楽しい見所なのは大いに認める。でも、限られた時間の中で、脚本家の言いたいことを伝えるのが演出家の仕事。そこを最重要ポイントとして考えたら、手紙でのみね子への感謝は一行(一言)だけにして、すぐに綿引との会話に入るべきだった。今週の演出家、不安しかない…

実が "詳しく教えて欲しかったこと" って何だったのか?

綿引が帰った日の夜の谷田部家。実が深刻は表情で、美代子と茂に話しかける。

実「私が、いなぐなってからのこど、
  詳しく教えてくんねえがな?」

『ひよっこ』はドラマだから、ドラマのヒロインの父親の言葉として、この↑台詞の真意を考えてみると、実が美代子と茂に教えて欲しいのは、優先順位を含めて以下の3つってことになる…

  【1】自分が行方不明になってから今までの実自身に起こったこと
  【2】一家の主が行方不明になってから今までの家族の出来事
  【3】父親が行方不明になってから今までのヒロインとの関係

しかし、今回の終盤で描いたのは、【3】だった。それも美代子が実に話している会話に、唐突&不自然に割り込むようなみね子の語りで。録音された最初のみね子の声がおかしいから、何度も録り直したに違いない。脚本にあったのかも疑わしい。そりゃあ、あんな不自然な語りは、有村架純さんも喋り難かったのだろう…

その後も、「奥茨城編」の回想シーンの使い方が、実に不自然。この演出、編集では、ヒロインが上京して働きに出る辛さを強調したことになって。実質的に【3】を描いたとは言いにくい。

脚本家が実とみね子を同居させた意味が無くない?

更に加えれば、みね子と実は僅かな期間だが、あかね荘の1つの部屋で暮らしていたのだから、【3】については、既に聞いている可能性もある訳だ。なのに、13分過ぎにまたまた不自然な美代子のモノローグが入る。美代子の背中のフルショットに、如何にも付け足したようなこの↓独白だ。

美代子(M)「東京さ行ってからのみね子のこどは、
      みね子がいつか自分で話してあげて下さい」

美代子が実を取り戻した時点で「どうして美代子は実を東京に残して、奥茨城に帰るんだ?」と言う疑問が、そもそもあったのだから、今回みたいな独白が入ると、益々脚本家が実とみね子を同居させた意味が無くなったのでは?こんな物語自体を破綻に向かわせてしまう台詞を、岡田恵和氏自身がが書くとは思えないが…

やはりここは、ドラマ的に【3】を盛り込みながら、現実味を出すために美代子が【2】を実に話して聞かせるべきだったのでは?序盤のすずふり亭のみね子、終盤のみね子の語りと回想、この3つに大人の事情を感じざるを得ないし、それ以上に今週の演出担当の松木健祐氏の、脚本家の意図の読み間違えか考え過ぎに見えてしまった。残念…

あとがき

結局、今回の15分間って何を言いたかったんでしょう?「実が実になろうと努力していること」と、そのために「自分が消息不明だった間の自分や家族のことを知りたいと思ってること」を示しただけ?こんなこと、今さら?って思いが強いです。少しずつ先に進む時期なのに、もったいない15分間でした。

では、ここで気分を変えましょう。サザンオールスターズの桑田佳祐さんが8月24日放送予定のNHK『SONGSスペシャル』(22:00~)に出演し、『ひよっこ』の主題歌『若い広場』を、みね子(有村架純)、時子(佐久間由衣)、澄子(松本穂香)、豊子(藤野涼子)、優子(八木優希)、幸子(小島藤子)の6人と肩を組んで合唱するそうです。楽しみですね。

桑田佳祐、有村架純と合唱!佐久間由衣ら「ひよっこ」出演陣が集結
©SANSPO.COM

最後に。前回の捻くれたもの言いの感想に、67回ものWeb拍手とたくさんのコメントを頂き、ありがとうございます。今回は期待通りに、綿引さんが本作の “いい人代表” で、丁寧に実の写真を返しに来るエピソードで良かったです。次回は、由香が島谷との話を蒸し返すのかな?みね子と由香も早く “いい人関係” になれば良いのにって思います。次回に期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


                   

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説「ひよっこ」 オリジナル・サウンドトラック
がらくた (初回生産限定盤A)
がらくた (初回生産限定盤B)
がらくた (初回生産限定盤C)
連続テレビ小説 ひよっこ Part1 (NHKドラマ・ガイド)
NHK連続テレビ小説 ひよっこ 上
NHK連続テレビ小説「ひよっこ」1964年の食卓 (TJMOOK)
NHK連続テレビ小説「ひよっこ」 若い広場 (NHK出版オリジナル楽譜シリーズ)
有村架純主演 連続テレビ小説 ひよっこ 完全版 ブルーレイ全3巻セット(先着300名様にひよっこメモリアルブックプレゼント!)【NHKスクエア限定セット】
有村架純主演 連続テレビ小説 ひよっこ 完全版 DVD全3巻セット(先着300名様にひよっこメモリアルブックプレゼント!)【NHKスクエア限定セット】
昭和40年代ファン手帳 (中公新書ラクレ)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/10307/


【これまでの感想】
[妄想] 「ひよっこ」の昭和40年と言う時代設定に、再び“名作の予感”(2017/05/04)
[訂正] 「ひよっこ」第36回で、みね子がビーコロを食べたのは "初任給" でした(謝)(2017/05/14)
「ひよっこ」を2か月間観終えて、今思うこと…(2017/05/28)
「ひよっこ」の“青天目澄子”と演じる女優・松本穂香に注目してみた(2017/06/05)
「ひよっこ」は視聴者の“好意的な解釈”に頼らないで欲しい(2017/06/12)
ひよっこ 総集編(前編) (2017/7/8) 感想
奇跡のコラボ 「ひよっこ」の三男が「コード・ブルー2」に出演していた (2017/07/12)
「ひよっこ」のオープニング映像が、後半戦から一部変わってます (2017/07/20)

第1週『お父ちゃんが帰ってくる!』
1 2 3 4 5 6
第2週『泣くのはいやだ、笑っちゃおう』
7 8 9 10 11 12
第3週『明日(あす)に向かって走れ!』
13 14 15 16 17 18
第4週『旅立ちのとき』
19 20 21 22 23 24
第5週『乙女たち、ご安全に!』
25 26 27 28 29 30
第6週『響け若人のうた』
31 32 33 34 35 36
第7週『椰子(やし)の実たちの夢』
37 38 39 40 41 42
第8週『夏の思い出はメロン色』
43 44 45 46 47 48
第9週『小さな星の、小さな光』
49 50 51 52 53 54
第10週『谷田部みね子ワン、入ります』
55 56 57 58 59 60
第11週『あかね荘にようこそ!』
61 62 63 64 65 66
第12週『内緒話と、春の風』
67 68 69 70 71 72
第13週『ビートルズがやって来る』
73 74 75 76 77 78
第14週『俺は笑って生きてっとう!』
79 80 81 82 83 84
第15週『恋、しちゃったのよ』
85 86 87 88 89 90
第16週アイアイ傘とノック』
91 92 93 94 95 96
第17週『運命のひと』
97 98 99 100 101 102
第18週『大丈夫、きっと』
103 104 105 106 107 108
第19週『ただいま。おかえり。』
109 110 111 112 113 114
第20週『さて、問題です』
115 116

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

谷田部実に俺はなる>『ひよっこ』第117話

何だか唐突なラストシーンに それまでのアレコレも吹っ飛んだわ(笑) …ひじゅにですが何か? 「大は小を兼ねるって言うでしょ」byちよ子 実お父ちゃんが奥茨城に帰って一ヶ月。 お父ちゃんのことを中心に みね子に手紙で近況報告をする美代子お母ちゃん。 月火とはトーンも一転した水曜日…とはいえ 月曜日は乙女達の同窓会で、各自が近況報告。 ...

谷田部実に俺はなる>『ひよっこ』第117話

何だか唐突なラストシーンにそれまでのアレコレも吹っ飛んだわ(笑)…ひじゅにですが何か?「大は小を兼ねるって言うでしょ」byちよ子実お父ちゃんが奥茨城に帰って一ヶ月。お父ち...

ひよっこ 第117回

内容実(沢村一樹)が奥茨城に帰って1か月。みね子(有村架純)のもとに、母・美代子(木村佳乃)から手紙が届く。実の様子が書かれていた。 頑張っていること。。。そして、時折、苦しんでいるようだということなど。綿引(竜星涼)が訪ねてきたことなど。。。。 敬称略 う~~~ん。。。。 ...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR