僕たちがやりました (第5話・2017/8/15) 感想

僕たちがやりました

関西テレビ制作・フジテレビ系・『僕たちがやりました』公式
第5話『全てを覆す謎の男!すれ違う恋』の感想。
なお、原作の原作:金城宗幸/漫画:荒木光「僕たちがやりました」(講談社)は未読。


ホームレスのヤング(桐山漣)に肉体関係を迫られたトビオ(窪田正孝)の脳裏に、蓮子(永野芽郁)のことが浮かぶ。蓮子に無性に会いたくなったトビオだが、逃走中にばったり会った今宵(川栄李奈)の部屋に入り浸ってしまう。同じ頃、熱海で豪遊して金が尽きたマル(葉山奨之)は、伊佐美(間宮祥太朗)に連絡を入れる。一方、パイセン(今野浩喜)の取り調べを進める飯室(三浦翔平)は、真犯人が自首してきたと聞き、耳を疑う。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

火曜21時の連ドラとして、攻めてる表現は理解する!

ビジュアル的に、視覚的に、表面的に、平日の夜9時の連ドラとして表現を攻めてるのは理解する。放送時間がどうだとか、子供が見たらどうだとか言う視聴者は「見ない」と言う選択肢をしたら良いだけ。放送倫理に引っ掛かるような非人道的な表現ならともかく…

「逃亡劇」らしさも無いし、堂々巡りなのも頂けない…

本作の問題は、そんな表層のところではない。最大の問題は、「逃亡劇」と言いつつ、そう言う緊張感やどん底感がほぼ映像化されていないことだ。確かに、トビオ(窪田正孝)の反省は数シーン描かれてはいたが、彼自身の変化でも何でもない。その場その場の場当たり的に湧いてきた感情だけ。

あれこれ盛り込み過ぎているから、1つずつを描くだけで何となく話は進んでるんだけど、全体を通して見れば堂々巡り。同じことの繰り返し。更に、パイセン(今野浩喜)が戻ってきた時点で、前々回のラストに戻ったと同じこと。面白味はあるんだけど、話が進まないから飽きていた。なんか、もったいない…

あとがき

川栄李奈さんのファンではありませんが、体当たりの演技と魅力的な存在感がすごく良いから、見続けますが、感想はこのまま一進一退を繰り返すなら、感想は最終回だけで良いかな?と言うか、もっと話が動かないと、書くべき感想が浮かんで来ないから…。攻めのドラマは悪くないのに…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
僕たちがやりました(1) (ヤングマガジンコミックス)
[まとめ買い] 僕たちがやりました(ヤングマガジンコミックス)
【早期購入特典あり】僕たちがやりました(初回生産限定盤B)(DVD付)(特典会参加券付)
【早期購入特典あり】僕たちがやりました(初回生産限定盤C)(特典会参加券付)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/10305/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

僕たちがやりました 「全てを覆す謎の男!すれ違う恋」

トビオ(窪田正孝)、偶然、出会ったホームレスの男・ヤング(桐山漣)に、そちら関係を迫られ、絶体絶命のピンチ改めて、蓮子(永野芽郁)への思いに気づきます。ところが、その蓮子もまたトビオへの思いを募らせ、車椅子の市橋(新田真剣佑)と共に毎日トビオの行方を追っていたが、その現場を、トビオが目撃。ショックをうけたところに、偶然、今宵(川栄李奈)に出くわし、そのまま、彼女のアパートに。その優しさに甘え...

僕たちがやりました 第5話

トビオ(窪田正孝)は、ニューパイセンと慕っていたホームレスのヤング(桐山漣)に関係を無理やり迫られ、蓮子(永野芽郁)への想いに改めて気付かされます。 蓮子に会いたいと街へ飛び出しますが、トビオは蓮子と市橋(新田真剣佑)が一緒にいるところを見てしまい、ショックを受けてその場を逃げ出してしまいます。 街を彷徨っていたトビオは偶然、今宵(川栄李奈)に出くわして、そのまま彼女に家に転がり...

僕たちがやりました 第5話

「全てを覆す謎の男!すれ違う恋」内容逃亡を続けるトビオ(窪田正孝)は、ホームレスのヤング(桐山漣)と出会うのだが。。。。襲われそうに。。。そんなとき、トビオは、蓮子(永野芽郁)のことを思い出す。 同じ頃、トビオへの想いに気付いた蓮子は、そのことを、仲間に捨てられた市橋(新田真剣佑)に伝えていた。市橋の車いすを押す蓮子を、ヤングの元を逃げたトビオが、偶然目撃し、再び、逃げはじめるのだった。そ...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR