ごめん、愛してる (第5話/10分拡大・2017/8/13) 感想

ごめん、愛してる

TBSテレビ系・日曜劇場『ごめん、愛してる』公式
第5話/10分拡大『運命の第2章!報われぬ想い…母がくれた唯一の宝物』の感想。
なお、原作:韓国KBSドラマ「ごめん、愛してる」は未見。



凜華(吉岡里帆)は留学を一時取りやめ、恒夫(中村梅雀)らに内緒で、律(長瀬智也)や若菜(池脇千鶴)と暮らし始める。そんな中、塔子(大西礼芳)がサトル(坂口健太郎)との結婚を承諾した。サトルは塔子の気が変わらないうちに婚約披露パーティーを開催しようと決意。麗子(大竹しのぶ)に、その席でピアノを弾いてほしいと頼む。右手をけがして以来ピアノから離れていた麗子は、練習を開始したものの、うまく弾くことができずいら立つ。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

せつないラブストリーであることは、十分に認めるが…

せつないラブストリーであることは、十分に認めるが…。先週で、 『ウチの夫は仕事ができない』を、 酷い脚本のために、このまま継続視聴すると “俳優・錦戸亮” の評価を下げる結果になりそうなので、感想を書くのを止めたのだが(視聴者は継続している)、本作にも似たようなところがある。

律 役を長瀬智也さんが演じる必然性すらあるのかと…

あちらは、非現実的な「いい仕事」の意味の脚本家の誤解がすべての原因だが、こちらは現代日本の設定での違和感や、ドラマチックにするがためにやり過ぎの大竹しのぶさんのオーバーアクション日向麗子に非現実さ、そしてそもそも岡崎律 役を長瀬智也さんが演じる必然性すらあるのかと言う疑問さえ…。

愛しているから、本当の感想を言えないと言う気持ち…

私は、純粋に 『うぬぼれ刑事』や『泣くな、はらちゃん』みたいな、“俳優・長瀬智也” でしか不可能な “これだ!” と言う連ドラを期待しただけ。愛しているから、本当の感想を言えない、書けないって出演者のファンの気持ちを『ごめん、愛してる』と言うタイトルが代弁しているような。

あとがき

今回の10分拡大の必要性もあったのでしょうか?もう、ただただ、次回に期待します。引き続き、 今後の感想は書きたい時になります。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
TBS系 日曜劇場「ごめん、愛してる」オリジナル・サウンドトラック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/10295/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ごめん、愛してる 「運命の第2章!報われぬ想い…母がくれた唯一の宝物」

律(長瀬智也)、若菜(池脇千鶴)、魚(大智)と一緒に暮らし始めた凜華(吉岡里帆)は平穏な生活。ところが、凜華(吉岡里帆)が、わりとあっさり、サトル(坂口健太郎)に見つかり、職を失った、若菜(池脇千鶴)のために働かないかと。でも、盗みを疑われ、気の毒なことに。でも、すぐに冤罪が証明されて、良かった良かったサトル(坂口健太郎)と塔子(大西礼芳)が婚約麗子(大竹しのぶ)はピアノを弾くことに薬を忘れ...

ごめん、愛してる #05

『運命の第2章!報われぬ想い…母がくれた唯一の宝物』

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR