遺留捜査 第4シリーズ(第5話・2017/8/10) 感想

遺留捜査 第4シリーズ

テレビ朝日系・木曜ミステリー『遺留捜査 第4シリーズ』公式
第5話『鬼と呼ばれた女の涙 20億の森に眠る秘密』の感想。
なお、過去の3シリーズやスペシャル番組は、鑑賞済み。


資産家の竹原(団時朗)が、家族の留守中に屋敷に押し入ってきた強盗を猟銃で射殺。竹原は正当防衛を主張するが、糸村(上川隆也)らは念のため過剰防衛がなかったか、捜査を進める。死んだのは空き巣の常習犯・石橋(辻本祐樹)だった。糸村は、石橋がうつ伏せで死んでいたことや、遺体の左手に握られていた金色のチェーンが気になる。調べると、チェーンはネックレスで、母親の形見のコインが付いていたことが分かる。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

『4』の見所は、更に増えた糸村と村木のやり取りだけ?

今回は、事件そのものが特筆すべき内容で無かったのが一番残念。「3分下さい」もそれ程効果が無かったような。こうなると、『4』の見所は、前回よりも更に増えた糸村(上川隆也)と村木(甲本雅裕)の面白いやり取りだけって感じ。

神崎が糸村の単独捜査を叱ったのが、せめてもの救い…

ただ、第4話にして、やっと糸村の単独捜査が際立って良かったのは評価できる。それは、神崎(栗山千明)が糸村が勝手に捜査するのを叱ったから。これによって、これまでで一番『遺留捜査』らしさが醸し出された。でも、結果的に神崎は糸村の助手になり、その他の刑事たちの存在感の薄さは倍増したのは頂けない。

あとがき

制作陣も、「糸村 vs 村木」で視聴者を楽しませる後方に軌道修正しているように見えてしまいました。確かに2人のやり取りは面白いし、本作らしいのですが、本来やるべきは刑事たちの捜査と糸村の単独捜査の対比じゃないのかな?あと、エンディングテーマが本作に合っていないと感じるのは私だけ?

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


 

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
遺留捜査スペシャル(2015年5月17日放送)
刑事ドラマ・ミステリーがよくわかる 警察入門 捜査現場編 (じっぴコンパクト新書)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/10283/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

黒革の手帖 「VS強欲な学園理事長!銀座No.1クラブの頂上へ…!!」

銀座のクラブの最高峰である『ルダン』が売りに出され、ぜひ手に入れて「銀座で1番、若いママ」から、「銀座一のママ」にのぼりつめたい、と野心を燃やす原口元子(武井咲)。そして、ターゲットに選ばれたのが、予備校理事長の橋田常雄(高嶋政伸)。彼もまた元子ママを狙っていて、巧みに誘って、力づく作戦をも敢行します。その時、助けてくれた仲居の島崎すみ江(内藤理沙)が『カルネ』で働きたい、とやってきます。ま...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR