ひよっこ (第111回・8/9) 感想 ※再追記あり

2017/08/09 17:30 記事更新
連続テレビ小説「ひよっこ」

NHK総合・連続テレビ小説『ひよっこ』公式
第19週『ただいま。おかえり。』『第111回』の感想。


 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


奥茨城に帰ってきた実(沢村一樹)とみね子(有村架純)。次郎(松尾諭)のバスを降りると、かつて一緒に歩いた道をたどりながら谷田部家へ向かう。畑仕事をしていた美代子(木村佳乃)は実に駆け寄り、茂(古谷一行)もあたたかく迎え入れる。ちよ子(宮原和)と進(高橋來)も、はじめは戸惑うが実との再会がうれしくて仕方がない。久しぶりにそろった家族の前で、実は「ここでもう一度生き直したい」と自分の決意を伝える。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

まず最初にお礼を言いたいです

まず最初にお礼を言いたいです。よくぞ、月曜日と火曜日の要点だけの簡単感想の上に、誤字脱字があって読みにくい中でも、コメントやWeb拍手をして下さった読者の皆さんに言いたいで。本当にありがとうございます。間違いなく日々の投稿の励みになってます!

前回同様に、回想シーンの選び方、入れ方が間違ってる

今週(多分、今日まで)は、諸事情により「簡単感想」で。

「2年と8か月ぶりに…」になんて、どうして限定的に書いたんだろう?不適切な関係は2年半と曖昧な表現だったのに。まっ、どうでも良いけど。

5分頃の実(沢村一樹)の帰省した際の回想シーンって必要だったかな?個人的には、本作を最初から見ている視聴者なら、あのシーンは心にずっしりと印象に残ってるから、入れて頂かなかった方が、自分の想像の翼でいろいろ妄想できたのに…

「丁寧に描くこと」と「尺が長いこと」は違う

うーん、「簡単感想」と断らなくても、あまり書きたいことが浮かんでこない。だって、な~んとなく淡々と進んでるから。9分頃の農作業をする茂(古谷一行)らに目を留める実のカットも尺が長過ぎ。不自然にもったいぶってるとしか思えない。やはり、「丁寧に描くこと」と「尺が長いこと」が同意になってる。

その他、いろいろ気になったこと

本来なら、美代子(木村佳乃)が世津子(菅野美穂)から実を奪還した時に、すずふり亭に挨拶と事情説明に行って、そのまま今回の冒頭のバスのシーンに直結すれば、親子の再会のシーンはかなり見応えがあったのでは?ホント、もったいない。

やはり、実がみね子(有村架純)と東京で同居した期間の必要性がちっとも見えないし不自然。それに、実が世津子に拾われた季節から今回の田植えの季節の「2年8か月」が映像内の季節感を合っていないような。今回も奥茨城が茨城県の北部として田植えなら5月頃。なのに、みんなの吐く息が白いって?なんか、なんかなぁ…

あとがき

もう、月曜日から水曜日は『赤坂編』、木曜日から土曜日は『奥茨城編 第二章』で、棲み分けしちゃった方が良いような気さえします。この度の実が見つかったくだりを描きながら、すずふり亭は良しとして、あかね荘を絡めるのは無理があると思うんですけど。

明日の投稿から、戦闘モード、いや、通常モードに戻る予定です。

追記(2017/08/09 10:20)

少し時間ができたので、追記と言うか補足を。実が世津子に拾われた季節から今回の田植えの季節の「2年8か月」が映像内の季節感を合っていないの件です。

一度出稼ぎから稲刈りのために帰って来たのが、恐らく9月下旬から10月上旬の頃。再び上京したが10月中旬として、そこから2年と8か月ですから、劇中の「今」は6月中旬ですよね。田植えは連休の後~5月下旬ですよね、普通。そこが最初の違和感。

それに、世津子と2年半暮らしてたんです。2年半を2年6か月すれば、世津子に実が拾われたのは、実が上京してから2か月後。12月中旬から正月ってことになり、あのベンチに座って雨に打たれていたシーンが真冬ってことになります。あのシーン、真冬に見えました?ってことです。どうでも良いことですが。

追記(2017/08/09 17:30)

今朝方、一度投稿しましたが、思うところがあって、この時間に修正・加筆して再投稿しました。なんか、虚構の世界の中のどうでも良いようなことまで、あれこれ言ったり書いたりするのが虚しくなってしまいました。それに、少々の間違いを弁解したり説明するのも疲れてしまいました。

従いまして、本投稿のコメント欄は閉じます。また、もしかすると、次回から本作の感想は書かないかも知れません。それが今の正直な気持ちです…

読者の南高卒さんへ
今朝方にコメントありがとうございました。上記の理由でコメント欄を閉じることになりました。お気持ちは伝わりました。これからも、よろしくお願い申し上げます。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


                   

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説「ひよっこ」 オリジナル・サウンドトラック
がらくた (初回生産限定盤A)
がらくた (初回生産限定盤B)
がらくた (初回生産限定盤C)
連続テレビ小説 ひよっこ Part1 (NHKドラマ・ガイド)
NHK連続テレビ小説 ひよっこ 上
NHK連続テレビ小説「ひよっこ」1964年の食卓 (TJMOOK)
NHK連続テレビ小説「ひよっこ」 若い広場 (NHK出版オリジナル楽譜シリーズ)
有村架純主演 連続テレビ小説 ひよっこ 完全版 ブルーレイ全3巻セット(先着300名様にひよっこメモリアルブックプレゼント!)【NHKスクエア限定セット】
有村架純主演 連続テレビ小説 ひよっこ 完全版 DVD全3巻セット(先着300名様にひよっこメモリアルブックプレゼント!)【NHKスクエア限定セット】
昭和40年代ファン手帳 (中公新書ラクレ)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/10274/


【これまでの感想】
[妄想] 「ひよっこ」の昭和40年と言う時代設定に、再び“名作の予感”(2017/05/04)
[訂正] 「ひよっこ」第36回で、みね子がビーコロを食べたのは "初任給" でした(謝)(2017/05/14)
「ひよっこ」を2か月間観終えて、今思うこと…(2017/05/28)
「ひよっこ」の“青天目澄子”と演じる女優・松本穂香に注目してみた(2017/06/05)
「ひよっこ」は視聴者の“好意的な解釈”に頼らないで欲しい(2017/06/12)
ひよっこ 総集編(前編) (2017/7/8) 感想
奇跡のコラボ 「ひよっこ」の三男が「コード・ブルー2」に出演していた (2017/07/12)
「ひよっこ」のオープニング映像が、後半戦から一部変わってます (2017/07/20)

第1週『お父ちゃんが帰ってくる!』
1 2 3 4 5 6
第2週『泣くのはいやだ、笑っちゃおう』
7 8 9 10 11 12
第3週『明日(あす)に向かって走れ!』
13 14 15 16 17 18
第4週『旅立ちのとき』
19 20 21 22 23 24
第5週『乙女たち、ご安全に!』
25 26 27 28 29 30
第6週『響け若人のうた』
31 32 33 34 35 36
第7週『椰子(やし)の実たちの夢』
37 38 39 40 41 42
第8週『夏の思い出はメロン色』
43 44 45 46 47 48
第9週『小さな星の、小さな光』
49 50 51 52 53 54
第10週『谷田部みね子ワン、入ります』
55 56 57 58 59 60
第11週『あかね荘にようこそ!』
61 62 63 64 65 66
第12週『内緒話と、春の風』
67 68 69 70 71 72
第13週『ビートルズがやって来る』
73 74 75 76 77 78
第14週『俺は笑って生きてっとう!』
79 80 81 82 83 84
第15週『恋、しちゃったのよ』
85 86 87 88 89 90
第16週アイアイ傘とノック』
91 92 93 94 95 96
第17週『運命のひと』
97 98 99 100 101 102
第18週『大丈夫、きっと』
103 104 105 106 107 108
第19週『ただいま。おかえり。』
109 110

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ひよっこ 第111回

ひよっこ 第111回内容みね子(有村架純)とともに奥茨城へ帰ってきた実(沢村一樹) 敬称略 2年8ヶ月。。。。!? もう、どうでもいいや。 。。。。でもなぁ。。。。

【ひよっこ】第111回(第19週水曜日) 感想

奥茨城に帰ってきた実(沢村一樹)とみね子(有村架純)。 次郎(松尾諭)のバスを降りると、かつて一緒に歩いた道をたどりながら谷田部家へ向かう。…

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR