ひよっこ (第105回・8/2) 感想

連続テレビ小説「ひよっこ」

NHK総合・連続テレビ小説『ひよっこ』公式
第18週『大丈夫、きっと』『第105回』の感想。


 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


みね子(有村架純)からの手紙を読んだ美代子(木村佳乃)は不安でたまらなくなるが、ちよ子(宮原和)や進(高橋來)になんとか動揺を悟られないように努める。夜、茂(古谷一行)にも手紙を見せると、東京へ行く決意を話す美代子。みね子は、美代子との待ち合わせ場所に向かう前に、愛子(和久井映見)から声をかけられる。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

今週は、演出が不明瞭で困ってしまう…

モノローグでは「心が痛くなります…」と言ってるのに、みね子(有村架純)は笑顔と言う不思議なアバンタイトルで始まった本作。これ、島谷(竹内涼真)との別れも翌日に吹っ切れたように、前回の鈴子(宮本信子)たちの励ましで元気になったと受け取らば良いのだろうか?ホント、今週は演出が不明瞭で困ってしまう。

1カット、一瞬だけ表情が曇るみね子のアップを入れて、主題歌に繋げれば、何の引っ掛かりも無く進むのに…。おっと、一応書いておく。これは、今週の演出家・田中正氏を責めてるんじゃない。終わったことを責めたって意味ないし。ただ、ただ、私個人の好みの問題で、「こうしてくれていたら嬉しい」と書いてるだけだから…。

主題歌明けの奥茨城の谷田部家は良かった

主題歌明けの奥茨城の谷田部家での、美代子(木村佳乃)と茂(古谷一行)のシーンは、カット割りも編集も俳優さんの演技もとても良かった。手紙の寄りから始まらず、ちゃんと2ショットの引きで始まって、言葉少なく俳優の演技で登場人物の心情を描いてたから。ホントは、谷田部家の全景が欲しいけど。

また言うが、私の好みなら、曲(劇伴)先行させない方が好き。美代子と茂の台詞をしっかり聞きたいし、曲先行しちゃうと、折角のこのシーンより、次のすずふり亭のシーンの印象が強く感じるから。谷田部家のあとに、月夜の情景カットを入れて、すずふり亭の全景に電話のベルが先行するのもアリかも…

たった1つの違和感が、それに続くシーンにも違和感を…

ごめんなさいね。どうして、みね子が世津子(菅野美穂)に電話を掛けて、みね子の第一声の直前に愛子(和久井映見)を1カット入れたんだろ?金魚も気になったし。第一声のあとに愛子を入れて金魚は無くても良かったような。別に私が気になっただけだから、どうでも良いのだが…

それよりも「そうだったのか!」と感じたのが、あかね荘から世津子の家に電話掛けると言うのがアリなら、川本邸からあかね荘に電話するのもアリな訳だ。だとすると、前回で鈴子たちが川本邸での出来事を知っていたように見えた(見せた)のは、みね子が電話で愛子か時子(佐久間由衣)に話したってこと???

だとしたら、大家の富さん(白石加代子)も知ってたってこと?前回のアバンタイトルでのみね子の濡れた前髪のたった1つの(私にとって)おかしな演出をして違和感を覚えさせるから、それに続くシーンや台詞も違和感を感じてしまう。連ドラとは、連ドラの演出とはそう言うものだと思う…

谷田部家の部分の演出は、とても良い

夜から朝になる時間経過も気になったが、理由は省略。眠れぬみね子の姿のあとに、朝の谷田部家の全景が欲しかった理由は、さっきと同じ。それにしても、谷田部家の部分の演出はすごく良いんだよね。美代子が仏壇に向かう時の、画面上手(右側)の空き具合とか、障子に当たる日差しの明るさとか。実に自然。

美代子が仏壇に手を合わせる時、画面下手上(左上)にぶら下がってる民芸品?が僅かに揺れてるのとか。演出家が揺らしてるよね。カメラが引くと日差しの絶妙さが良く分かった。美代子の白いソックスが彼女の健気さをしっかり表現してるし。田んぼの周りを歩く美代子も正面、背後と段階的に丁寧にカット割り。いいね。

更に、バス停にバスが到着するシーンまでちゃんと入れて、乗車する美代子の姿の次は、座ってる美代子に車掌の次郎(松尾諭)の話し掛ける場面に絶妙に編集による省略が為されて、劇伴と相まって程好いテンポの良さ。そんな中で美代子が「応援して」と次郎を視聴者代表に見立てた台詞。

黒崎博氏の演出は、見ていて気持ちがいい

気のせいだと思うが。今回の奥茨城は、4月の頃の秀逸だった「奥茨城編」の脚本と演出が蘇ったようだった。水曜日だから演出家のクレジットは無いが、本当に田中正氏の演出だろうか?上野駅に到着してからの回想シーンもホント見応えがあった。

美代子「『いばらき』です。
    『いばらぎ』じゃなくて、『いばらき』です。
    谷田部実と言います。私は、私は出稼ぎ労働者を
    1人捜してくれと頼んでいるんではありません。
    ちゃんと名前があります!
    茨城の奥茨城村で生まれで育った
    谷田部実と言う人間を探して下さいとお願いしてます。
    ちゃんと、ちゃんと名前があります!」

第11話(4/14)で、ハンカチを握り締めて警察官の話を聞いていた美代子が、一粒の涙をこぼして、こう↑訴えるシーンは、いつ見ても感動的。やはり、黒崎博氏の演出は見ていて気持ちがいい。先週は残念だったが、脚本ありきの演出家の仕事だからしょうがなかったか…

好意的に解釈した方が良いか?

演出力の違いがあり過ぎる違和感は残るものの、回想シーンをたっぷり使ったことで、本当の意味で、みね子の心が動き出したのは表現されたと、好意的に解釈した方が良いのだろうか。視聴者は全てを見ているが、登場人物はすべてを見ている訳でないのに、回想を切り貼りしても、ちょっと分かり難いと思うが…

丁寧なのと、時間を掛けるのは違うと思う…

でも、愛子があかね荘に住んでいる必然性も表現された。その上、愛子が先程の電話を偶然に立ち聞きした意味も出た。やはり、ここは最年長の鈴子よりも、美代子より年上の愛子が、美代子とみね子の2人の気持ちを汲んで、みね子を励ますと言う選択は成功だった。

ただ、久し振りに母子が再会するカットがあっても良かったような。それになんで、みね子の「こご」の台詞で劇伴も終わったなら、台詞終わりで「つづく」にしなかったのかな?もちろん、今回の終点もアリかもしれないが、丁寧なのと時間を掛けるのは違うと思う…

あとがき

前回の感想のコメント欄を読んで下されば(わざわざ読まなくて結構です)、1人の読者さんがしつこいのはお分かり頂けると思います。コメント欄を閉鎖するとか、いっそ暫く本作の感想を書くのを止めようと思ったのですが、こんなblogでも楽しみにされている読者さんがいらっしゃるので、悩んだ末に書いてみました。

さて、私、昭和42年当時は自身の記憶が無いので良く分からないのですが、当時の二十歳の女性って、あんな風に前髪は長かったのでしょうか。あと、バッグを斜め掛けしてるのとか、どうも現代に見えてしまっているのですが…。

前回も愚痴ばかりのような感想なのに、109回ものWeb拍手やたくさんのコメントを頂き、本当にありがとうございます。皆さんの声が励みになります。個人的には、あまりドロドロな話になるのは嬉しくないですが、物語が進むのは良いこと。と言う訳で、当blogは私なりに、まだまだ引き続き本作を応援します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


                   

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説「ひよっこ」 オリジナル・サウンドトラック
がらくた (初回生産限定盤A)
がらくた (初回生産限定盤B)
がらくた (初回生産限定盤C)
連続テレビ小説 ひよっこ Part1 (NHKドラマ・ガイド)
NHK連続テレビ小説 ひよっこ 上
NHK連続テレビ小説「ひよっこ」1964年の食卓 (TJMOOK)
NHK連続テレビ小説「ひよっこ」 若い広場 (NHK出版オリジナル楽譜シリーズ)
有村架純主演 連続テレビ小説 ひよっこ 完全版 ブルーレイ全3巻セット(先着300名様にひよっこメモリアルブックプレゼント!)【NHKスクエア限定セット】
有村架純主演 連続テレビ小説 ひよっこ 完全版 DVD全3巻セット(先着300名様にひよっこメモリアルブックプレゼント!)【NHKスクエア限定セット】
昭和40年代ファン手帳 (中公新書ラクレ)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/10242/


【これまでの感想】
[妄想] 「ひよっこ」の昭和40年と言う時代設定に、再び“名作の予感”(2017/05/04)
[訂正] 「ひよっこ」第36回で、みね子がビーコロを食べたのは "初任給" でした(謝)(2017/05/14)
「ひよっこ」を2か月間観終えて、今思うこと…(2017/05/28)
「ひよっこ」の“青天目澄子”と演じる女優・松本穂香に注目してみた(2017/06/05)
「ひよっこ」は視聴者の“好意的な解釈”に頼らないで欲しい(2017/06/12)
ひよっこ 総集編(前編) (2017/7/8) 感想
奇跡のコラボ 「ひよっこ」の三男が「コード・ブルー2」に出演していた (2017/07/12)
「ひよっこ」のオープニング映像が、後半戦から一部変わってます (2017/07/20)

第1週『お父ちゃんが帰ってくる!』
1 2 3 4 5 6
第2週『泣くのはいやだ、笑っちゃおう』
7 8 9 10 11 12
第3週『明日(あす)に向かって走れ!』
13 14 15 16 17 18
第4週『旅立ちのとき』
19 20 21 22 23 24
第5週『乙女たち、ご安全に!』
25 26 27 28 29 30
第6週『響け若人のうた』
31 32 33 34 35 36
第7週『椰子(やし)の実たちの夢』
37 38 39 40 41 42
第8週『夏の思い出はメロン色』
43 44 45 46 47 48
第9週『小さな星の、小さな光』
49 50 51 52 53 54
第10週『谷田部みね子ワン、入ります』
55 56 57 58 59 60
第11週『あかね荘にようこそ!』
61 62 63 64 65 66
第12週『内緒話と、春の風』
67 68 69 70 71 72
第13週『ビートルズがやって来る』
73 74 75 76 77 78
第14週『俺は笑って生きてっとう!』
79 80 81 82 83 84
第15週『恋、しちゃったのよ』
85 86 87 88 89 90
第16週アイアイ傘とノック』
91 92 93 94 95 96
第17週『運命のひと』
97 98 99 100 101 102
第18週『大丈夫、きっと』
103 104

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【ひよっこ】第105回(第18週水曜日) 感想

昭和39年。集団就職で奥茨城から上京した「金の卵」谷田部みね子をヒロインに「ちゅらさん」の岡田惠和脚本が描く青春物語…ひよっこ第105回(第18週水…

ひよっこ 第105回

内容父・実(沢村一樹)が生きていたことなどを書いた手紙を母・美代子(木村佳乃)に送ったみね子(有村架純) 手紙を受け、美代子は上京することに。 敬称略 再び違和感である。 明らかなミッシングリンクが、存在している。。。。(苦笑)

半分>『ひよっこ』第105話

お化粧バッチリの大女優と スッピンの田舎のオバチャン なんだけど 顔立ち自体はオバチャンの方が良いところが 何だかちょっと悲しい>ぉぃ でも、菅野美穂の顔の方が個人的には好みよ>フォロー …ひじゅにですが何か? 「着物にすればえがったかな」by美代子 ↑女心だよなあ… 美代子お母ちゃんがやって来る!の巻― 昨日、手紙を上...

半分>『ひよっこ』第105話

お化粧バッチリの大女優とスッピンの田舎のオバチャンなんだけど顔立ち自体はオバチャンの方が良いところが何だかちょっと悲しい>ぉぃでも、菅野美穂の顔の方が個人的には好みよ>...

コメント

別に楽しみでもない。あなたの好みはどうでもいい。
  • 2017-08-02│18:21 |
  • URL│
  • [edit]

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR