僕たちがやりました (第3話・2017/8/1) 感想

僕たちがやりました

関西テレビ制作・フジテレビ系・『僕たちがやりました』公式
第3話『危機!裏切りと追跡真犯人は!?』の感想。
なお、原作の原作:金城宗幸/漫画:荒木光「僕たちがやりました」(講談社)は未読。


トビオ(窪田正孝)と合流する直前、パイセン(今野浩喜)が逮捕されてしまう。途方に暮れるトビオに、音信不通だったマル(葉山奨之)から連絡が。一人で生きていくつもりだったマルだが、パイセンのニュースを見て不安になったらしい。トビオとマルは行動を共にすることに。一方、複数犯との情報を得た所轄刑事の飯室(三浦翔平)らはパイセンを問い詰める。そして大けがを負った市橋(新田真剣佑)はトビオらを捜していて…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

2人の女子高生と、演じる女優が、いい味出してる…

前回同様に、おバカな高校生(一部、元高校生もいるが)がおバカな深みに嵌っていく過程が面白い。それと、主要登場人物の蓮子と今宵の2人の女子高生のキャラが立ってて良いし。彼女らを演じる永野芽郁さんと川栄李奈さんの演技力や存在感も極めて良い。

大袈裟なトビオと市橋のしかめっ面では物足りない…

ただ、如何せんこの第3話は、物語が進まな過ぎる。いくら原作縛りがあるとは言え、もう少し「何か起こりそう」って煽ってくれないと。トビオ(窪田正孝)の大袈裟な言動と市橋(新田真剣佑)のしかめっ面だけでは完全に物足りない。もう少し「次回を見たい」と思わせる “何か” が欲しい。

あとがき

窪田正孝さん、暫く封印されていたのに『デスノート』の夜神月 役みたいな過剰な演技が戻ってきましたね。普通に演技しても十分に見応えあるのに。脚本や演出が単調なので、逆に、彼の必死さが空回りしているように見えてしまうのが惜しいです。もう少し、脚本と演出で何とか出来ないものでしょうか。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
僕たちがやりました(1) (ヤングマガジンコミックス)
[まとめ買い] 僕たちがやりました(ヤングマガジンコミックス)
【早期購入特典あり】僕たちがやりました(初回生産限定盤B)(DVD付)(特典会参加券付)
【早期購入特典あり】僕たちがやりました(初回生産限定盤C)(特典会参加券付)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/10239/


【これまでの感想】
第1話 第2話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

僕たちがやりました 第3話

一緒に海外逃亡を図ろうとしたパイセン(今野浩喜)が逮捕され、空港から逃げ出したトビオ(窪田正孝)は自分も捕まるのではないかと怯え、学校にも家にも戻れず困っているところに、空港へ来なかったマル(葉山奨之)から電話が掛かって来ます。 マルは最初からトビオたちとの約束をすっぽかすつもりで、これからは一人で生きて行くと思って携帯の番号も変えたようですが・・・ 許しを請うマルを呼び出したト...

僕たちがやりました 第3話

「危機!裏切りと追跡真犯人は!?」内容パイセン(今野浩喜)マル(葉山奨之)と海外逃亡を図ったトビオ(窪田正孝)しかし、空港に到着したトビオの目前で、パイセンが逮捕されてしまい、トビオは、その場から逃げ出す。 学校にも行けず、家にも帰れず。そんなとき、マル...

僕たちがやりました #03

『危機!裏切りと追跡 真犯人は!?』

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR