僕たちがやりました (第1話/初回15分拡大・2017/7/18) 感想

僕たちがやりました

関西テレビ制作・フジテレビ系・『僕たちがやりました』公式
第1話/初回15分拡大『イタズラのはずが謎の大爆発…青春逃亡サスペンス』の感想。
なお、原作の原作:金城宗幸/漫画:荒木光「僕たちがやりました」(講談社)は未読。


今どきの高校生・トビオ(窪田正孝)は仲間と毎日をそれなりに楽しんでいる。気掛かりはトビオが通う凡下高校の生徒を捕まえて暴力の餌食にするヤンキー校・矢波高校の不良グループの存在だ。そんなある日、仲間のマル(葉山奨之)が矢波高の連中にボロボロにされてしまう。黙ってはいられないトビオはマルと伊佐美(間宮祥太朗)、OBのパイセン(今野浩喜)の仲間4人で、いたずら半分に矢波高への復讐計画を立てる。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

番宣で散々内容の説明した割に、全然違うじゃん!?

脚本は、『嫌われる勇気』『探偵の探偵』『HOPE~期待ゼロの新入社員~』等の徳永友一氏。演出は、『あすなろ白書』『曲がり角の彼女』、映画『Life 天国で君に逢えたら』等の新城毅彦氏。

適当に遊んで暮らしてた高校生が、自分から手を滑らせて爆弾犯になって、おとぼけ人生が狂っていく…そう言う話…だったんだ?

いやね、私、結構この番組の番宣を観たのだ。何せ「期待度」の記事でも注目作だから。しかし、その番宣では、まず「ひょんなことから爆発事件の容疑者となり逃亡する」と言っていたが、本編を見たら、確かに「ひょんなことから」だが、別に濡れ衣を着せられたとかでなく、バカ野郎の自業自得じゃないのか?

それに、20代俳優が学生服を着て、「“そこそこ” で良いと生きて来た、如何にも今どきな若者たち」と番宣していたが、いくら友人の敵討ちでも爆弾作って仕掛ける高校生を、“そこそこ” とか “今どき” と言うのか?

番宣,脚本,演出が煽り過ぎとやり過ぎで、酷い作品に…

やはり、予想していた通りに、脚本家と演出家が合っていなかった。原作は未読だが、明らかに原作に縛られ過ぎてテレビドラマらしい話の展開を作り込めていない。一方の演出家は、それを「今どき」のドラマにしようと試みたら、「深夜ドラマ風」になっちゃったって感じ。

で、制作陣が放送前にそうなることが分かったから、慌てて各種番宣で煽った。それも視聴者が最大に興味を惹くように、嘘の範疇を超えない範囲で、やれるだけ煽った。その1つが、今回の15分の延長であり、爆発事件の容疑者になるまでの、あくびが出た程の尺の長さ。

その上、作り手も煽るしかないと思っているから、終盤に至るまで、暴力シーンなど完全にやり過ぎ。これ、夜の9時放送だよ。あそこまで描く必然性って私には考えられない。今後がどうなるか、ほぼ見えちゃってるし興味が薄い中で、「既に完結した原作とは異なる結末が用意されている」と言われてもなぁ。

あとがき

28歳の窪田正孝さんが高校生役と言うことで、窪田正孝さんに期待をして見た私としては、「まだ彼にこんな役をさせるの!?」って感じでした。永野芽郁さんにも期待したんですが、別に永野芽郁さんでなくても出来るような役で、『こえ恋』の方が断然良かったです。以上は、私の好みの問題…

好みの問題以外だと、小姑みたいな口うるさいことは言いたくないですが、あの暴力表現は深夜ドラマやお金を払って状況を分かって観る劇場映画でやるべきことだと思います。昭和の悪ガキを扱った作品みたいな時代錯誤の演出は如何なものかと。窪田正孝さんと永野芽郁さんを目当てに、第2話は見てみますが、期待薄です…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
僕たちがやりました(1) (ヤングマガジンコミックス)
[まとめ買い] 僕たちがやりました(ヤングマガジンコミックス)
【早期購入特典あり】僕たちがやりました(初回生産限定盤B)(DVD付)(特典会参加券付)
【早期購入特典あり】僕たちがやりました(初回生産限定盤C)(特典会参加券付)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/10163/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/451929237.html でも受付けております。

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

僕たちがやりました「イタズラのはずが謎の大爆発…青春逃亡サスペンス」

もうすぐ、29歳の誕生日だという窪田正孝、ちゃんと演技の力で高校生に見えました。でも、彼ほどの演技派を無理やり高校生にするのは、ちょっと酷だったような気がしたのは私だけ?今どきの男子高校生たちが、ひょんなことから爆発事件の容疑者となり逃亡する中で、もがきながらも自分の生きる道を模索していく青春サスペンス。2015年~17年まで連載されていた同名人気コミックの連続ドラマ化だそう熱演は認めるので...

僕たちがやりました 第1話

「そこそこで生きられればいい」と考える今どきの高校2年生・増渕トビオ(窪田正孝)は、恋人・新里今宵(川栄李奈)ができて浮かれている同級生・伊佐美翔(間宮祥太朗)や、マルこと丸山友貴(葉山奨之)、高校OBのパイセンこと小坂秀郎(今野浩喜)と、ボウリングやカラオケに興じる、そこそこ楽しい日々を送っていました。 そんな中、不良の巣窟として知られる矢波高校の市橋哲人(新田真剣佑)が仲間に指示し...

僕たちがやりました 第1話

僕たちがやりましたの第1話を見ました。 凡下高校2年生の増渕トビオはそこそこで生きられればいいと考える高校生で、新しい彼女・新里今宵できて浮かれている同級生の伊佐美翔、“マル”こと丸山友貴、“パイセン”こと凡下高OBの小坂秀郎とボウリングやカラオケに興じ、そこそこ楽しい日々を送っていた。 そんな中、ヤンキーの巣窟として知られる矢波高の市橋哲人が仲間に指示し、凡下高の生徒を暴行する事件...

僕たちがやりました 第1話

『窪田正孝主演!青春逃亡サスペンス今夜開幕』「イタズラのはずが謎の大爆発…青春逃亡サスペンス」内容凡下高校2年の増渕トビオ(窪田正孝)特に夢も無く。。。“そこそこ”で良いと思って生きてきた。同級生の伊佐美翔(間宮祥太朗)や“マル”丸山友貴(葉山奨之)そしてOB“...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR