ひよっこ (第89回・7/14) 感想

連続テレビ小説「ひよっこ」

NHK総合・連続テレビ小説『ひよっこ』公式
第15週『恋、しちゃったのよ』『第89回』の感想。


 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


島谷(竹内涼真)に大学を案内されたみね子(有村架純)。ばったり出会った同級生たちにも「俺の恋人」と紹介されてうれしくなる。2人の「住む世界が違う」ことに引け目を感じていることを打ち明けると、島谷は自分の気持ちを真剣に伝える。後日、休憩中に来た柏木堂で鈴子(宮本信子)や高子(佐藤仁美)に交際を始めたことをうれしそうに報告するが…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

冒頭に、奥茨城の美代子を持って来た編集は巧い

昨日の感想やら読者さんからのコメント返信にも書いたが、やはり今週の演出担当の渡辺哲也氏は、編集が巧い。今回の冒頭も、前回のラストの「ひょっとして島谷の彼女か?」の問いの答えを主題歌明けに持って来ると想像していたのだが…

美代子「これは、私だげに来ました。
    女だげの秘密の話です」

まさか、前回の奥茨城のインサートカットの続きがあるとは!それを編集で冒頭に持ってきたことで、初デートのくだりが2日間だらだらと描かれる印象を払拭することが出来た。また、みね子(有村架純)が母・美代子(木村佳乃)に恋人の相談をするのも自然だ。こう言う編集は良いお手本になる。

真面目で礼儀正しくて正直者のアベックが丁寧に描かれた

前回の妙にど派手な演出が嘘のようだ。島谷(竹内涼真)に「俺の恋人」と紹介されて嬉しくなったみね子が、奥茨城弁で職場の紹介をする場面なんて、正に誰にも「ああ言う気持ち分かるなぁ」的な日常の描写。真面目で礼儀正しくて正直者同士が、次第に自分の、互いの気持ちを確かめ合う過程が丁寧に描かれた。

島谷と美代子の言葉が重なり、意味深い台詞になった

引け目を感じているみね子に、島谷がビシッと言うこの↓台詞も良い。

島谷「じゃ、みね子ちゃんは、
   行方不明になったお父さんのせいで、
   東京に働きに来てる可哀想な女の子?
   違うだろ?君は谷田部みね子だろ?」

この↑島谷の台詞を聞いて思い出したのが、次の↓の第11回(4/11)での夫を探しに上京した美代子が、警察署に捜索願を提出するも粗雑な対応を受けた、あのシーンでの心の叫びだ。

美代子「谷田部実と言います。
    私は、私は出稼ぎ労働者を一人探してくれと
    頼んでいるんではありません。
    ちゃんと名前があります。
    茨城の奥茨城村で生まれて育った谷田部実と言う
    人間を探して下さいとお願いしてます」

本作って、このように時々、人間の尊厳と言うか、アイデンティティーについてさり気なく入れてくる。↑の美代子の台詞の直前にあった「『いばらぎ』じゃなくて、『いばらき』です」なんかも、当時、心にグサッと刺さったものだ。

手紙を読むみね子と手紙を書く美代子の編集が絶妙だった

今回は、本当に編集がいいね。デートから帰宅したみね子に届いた美代子からの手紙を読むみね子と、手紙を書いてる回想の美代子を、巧みにカットバックさせて、この↓美代子の言葉をとても印象的に描くことに成功している。

美代子(M)「自分の好きになった人を信じることが、
      一番大事な気持ぢです」

部屋で手紙を読むみね子のアップも、単純に手紙ナメにせずに。奥に洗濯ハンガーや提灯、風邪で揺れるカーテンなど、季節感も入れ込んで、実に日本の夏の日常風景に、手紙のシーンを置いた。この位の抑え目の演出が本作らしい。

階段→部屋→富さん→バー月時計の編集も良かった

あかね荘の階段での高所恐怖症でずっこける島谷から、部屋で時子(佐久間由衣)にデートの報告を楽しそうにするところの編集もかなり凝ってた。狭い空間の中での細かなカット割りなのに、窮屈感なく見せた。

そして、その流れでついに大家の富(白石加代子)が登場。もう少し印象的な登場でも良かったが、今週はやり過ぎは禁物。富さんの返事が続きがあるような気配だったから、そちらを待つとしよう。「バー月時計」での島谷と秀俊(磯村勇斗)のやり取りの編集も、みね子を割り入れたのがダラダラせずに良かった。

あとがき

どうやら、みね子の初恋も一筋縄では行かないようですね。そして、前回の予想通りに愛子(和久井映見)は土曜日に軽く参戦して、来週から本格的な参戦みたいですね。和久井映見さんと佐藤仁美さんに全部持って行かれちゃいそうで、その辺も楽しみです。とにかく、今回みたいな日常を丁寧に描くのが本作らしさだと思います。

最後に。前回の感想に、90回ものWeb拍手を頂き、ありがとうございました。「称賛の感想でないと残念」って読者の方がいるようですが、称賛するために書いてるのでないので。あくまでも、時に冷静に、時に熱く見守ってるって感じです。と言う訳で、当blogは、まだまだ引き続き本作を応援します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


                   

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説「ひよっこ」 オリジナル・サウンドトラック
がらくた (初回生産限定盤A)
がらくた (初回生産限定盤B)
がらくた (初回生産限定盤C)
連続テレビ小説 ひよっこ Part1 (NHKドラマ・ガイド)
NHK連続テレビ小説 ひよっこ 上
NHK連続テレビ小説「ひよっこ」1964年の食卓 (TJMOOK)
NHK連続テレビ小説「ひよっこ」 若い広場 (NHK出版オリジナル楽譜シリーズ)
有村架純主演 連続テレビ小説 ひよっこ 完全版 ブルーレイ全3巻セット(先着300名様にひよっこメモリアルブックプレゼント!)【NHKスクエア限定セット】
有村架純主演 連続テレビ小説 ひよっこ 完全版 DVD全3巻セット(先着300名様にひよっこメモリアルブックプレゼント!)【NHKスクエア限定セット】
昭和40年代ファン手帳 (中公新書ラクレ)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/10145/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/451792382html でも受付けております。


【これまでの感想】
[妄想] 「ひよっこ」の昭和40年と言う時代設定に、再び“名作の予感”(2017/05/04)
[訂正] 「ひよっこ」第36回で、みね子がビーコロを食べたのは "初任給" でした(謝)(2017/05/14)
「ひよっこ」を2か月間観終えて、今思うこと…(2017/05/28)
「ひよっこ」の“青天目澄子”と演じる女優・松本穂香に注目してみた(2017/06/05)
「ひよっこ」は視聴者の“好意的な解釈”に頼らないで欲しい(2017/06/12)
ひよっこ 総集編(前編) (2017/7/8) 感想
奇跡のコラボ 「ひよっこ」の三男が「コード・ブルー2」に出演していた (2017/07/12)

第1週『お父ちゃんが帰ってくる!』
1  2  3  4  5  6
第2週『泣くのはいやだ、笑っちゃおう』
7  8  9  10  11  12
第3週『明日(あす)に向かって走れ!』
13  14 15  16  17  18
第4週『旅立ちのとき』
19  20  21  22  23  24
第5週『乙女たち、ご安全に!』
25 26 27 28 29 30
第6週『響け若人のうた』
31 32 33 34 35 36
第7週『椰子(やし)の実たちの夢』
37 38 39 40 41 42
第8週『夏の思い出はメロン色』
43 44 45 46 47 48
第9週『小さな星の、小さな光』
49 50 51 52 53 54
第10週『谷田部みね子ワン、入ります』
55 56 57 58 59 60
第11週『あかね荘にようこそ!』
61 62 63 64 65 66
第12週『内緒話と、春の風』
67 68 69 70 71 72
第13週『ビートルズがやって来る』
73 74 75 76 77 78
第14週『俺は笑って生きてっとう!』
79 80 81 82 83 84
第15週『恋、しちゃったのよ』
85 86 87 88

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【ひよっこ】第89回(第15週金曜日) 感想

昭和39年。集団就職で奥茨城から上京した「金の卵」谷田部みね子をヒロインに「ちゅらさん」の岡田惠和脚本が描く青春物語。…89話…

デートの後>『ひよっこ』第89話

島谷&みね子と大学の友人達のシーンで 傍を通り抜けて行った女の子の一人が 赤いブラウス&緑のスカート だったのに目が奪われてしまって 肝心の島谷の恋人宣言に感激できなかった(笑) メインの人達は皆、抑えた色合いなのに 通りすがりの名もなき人物が補色の組み合わせで クリスマスみたいに派手派手って… 面白いじゃん>面白いんかい!? いや、実を言うとね 私も...

デートの後>『ひよっこ』第89話

島谷&みね子と大学の友人達のシーンで傍を通り抜けて行った女の子の一人が赤いブラウス&緑のスカートだったのに目が奪われてしまって肝心の島谷の恋人宣言に感激できなかった(笑)...

ひよっこ 第89回

内容大学を島谷(竹内涼真)に案内されたみね子(有村架純)途中、島谷の同級生と出会い、“恋人”と紹介され、みね子は嬉しくなる。だが同時に、住む世界が違うことを感じたとみね子が打ち明けたところ、島谷は。。。。 敬称略 話自体は、今作の“普通”で、シッカリと描いた感じ。 それに 若...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR