過保護のカホコ (第1話/初回10分拡大・2017/7/12) 感想

過保護のカホコ

日本テレビ系・水曜ドラマ『過保護のカホコ』公式
第1話/初回10分拡大の感想。



大学4年生のカホコ(高畑充希)は、娘以外に関心のない母・泉(黒木瞳)、娘に嫌われたくない父・正高(時任三郎)をはじめ親類縁者から超過保護に愛されて育ってきた。そして、現在は泉と二人三脚で就職活動中だが内定はゼロ。そんなカホコに同級生の初(竹内涼真)は「おまえみたいな過保護がいるから日本は駄目になるんだ」と言い放つ。後日、泉の実家で開かれたカホコの誕生パーティーに、宅配ピザの配達員として初が現れて…。
---上記のあらすじは[公式サイト]より引用---

遊川和彦×南雲聖一=かなり好みの分かれる作風

脚本は、『家政婦のミタ』『純と愛』『○○妻』『はじめまして、愛しています』等の遊川和彦氏。演出は、『花咲舞が黙ってない』『学校のカイダン』『お迎えデス。』『東京タラレバ娘』等の南雲聖一氏。まず、脚本家が超個性的な上に、演出家も一癖ある人物ゆえに、かなり好みの分かれる作風にはなると思ったが…

視聴意欲が下がったワケ…

うーん、本来は俳優、女優の噂話で役柄や作品を評価したくないのだが、風の噂では自分の子育てが上手くいっていないベテラン女優2人が、過保護な花親を演じてる段階で、かなり視聴意欲が下がってしまった。その上、朝ドラで見飽きたあのぼけーっとした顔を今作でもやるのかと思うと、飽きれても来るし…

ドラマ的には、説明が長過ぎる点を抜けば意外と普通

そんな個人的な好みの部分を抜きにしてみると、一番頂けないのは、いくら第1話でも状況説明が長過ぎること。似たようなことの繰り返しで、30分まで苦痛だった。そこさえ無ければ、この脚本家と演出家の作品としては、普通の仕上がり。やはり、観る人を選ぶ作風と言わざるを得なかった。

あとがき

面白くなる可能は秘めてますが、あのヒロインの言動を「過保護」として今後も見続けるのは厳しいです。従って、第1話で離脱します。継続視聴の皆さん、楽しんで下さい。おっと、星野源さんの主題歌「Family Song」は良かったです。それと、竹内涼真さんは朝ドラ出演中だから、同時期の出演は考えて欲しかったです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


 

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
過保護のカホコ オリジナル・サウンドトラック 平井真美子
日本テレビ系 水曜ドラマ「過保護のカホコ」主題歌 Family Song 星野 源 (初回限定盤)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/10136/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/451758198.html でも受付けております。

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

過保護のカホコ 第1話

過保護のカホコの第1話を見ました。 両親から溺愛され、超過保護環境で育てられたカホコは母・泉の助け無しには朝起きることもその日着る服を選ぶこともできず、カホコを甘やかすことをやめられない父・正高も子離れできずにいた。 エントリーシートだけで就活全部落ちているために学生課に呼び出されたカホコは同じ大学に通う画家志望の麦野初からお前みたいな過保護がいるから日本が駄目になると批判される。 ...

過保護のカホコ 第1話

現代の日本が抱える“過保護”の問題を浮き彫りにする、痛快エンターテインメント・ホームドラマ思わず突っ込みどころ満載のデフォルメと、アニメ枠でもって動物に例えられる比喩が可笑しかったです。学校まで車で送り迎え、着る服を自分で選ぶこともできないほど、過保護に育てられた女子大生・根本加穂子(高畑充希)は、何から何まで親の庇護の下でぬくぬく。当然のごとく、就活には、失敗の連続画家志望の麦野初(竹内涼...

過保護のカホコ 第1話

保険会社に勤める根本正高(時任三郎)の目下の悩みは、大学卒業を控え、就職試験に落ち続けている一人娘カホコ(高畑充希)の将来のことでした。 両親から溺愛され、過保護な環境で育てられたカホコは、いまだに母・泉(黒木瞳)の助けがないと何もできないのでした。 ある日、カホコは同じ大学に通う画家志望の麦野初(竹内涼真)から「お前みたいな過保護がいるから日本がダメになる」と批判され、ショック...

水曜ドラマ『過保護のカホコ』第1話

内容就活に連敗中の根本加穂子(高畑充希)父・正高(時任三郎)母・泉(黒木瞳)に大切に育てられ、苦労を知らず育っていた。 ある日、加穂子は、大学で、何かと苦労ばかりの麦野初(竹内涼真)と出会い、「お前のような過保護がいるから、日本がダメになる」と言われて...

過保護のカホコ~〝愛情の貯金〟がいっぱいの加穂子が現実に触れた時、世界は光り輝く

 加穂子(高畑充希)はずっと現実に触れずに生きてきた。  現実に触れそうになると、母・泉(黒木瞳)がそれを見せないようにするのだ。  理由は、加穂子に挫折を味合わせたくないから。  就職できないという挫折も、「だったら花嫁修業をすればいい」と方向転換して...

【過保護のカホコ】初回(第1話)感想と視聴率

第1話の視聴率は、11.6%(関東)でした(^^) 前作「母になる」第1話は10

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR