マジで航海してます。 (第2話・2017/7/11) 感想

マジで航海してます。

MBS制作/TBS系・ドラマイズム『マジで航海してます。』公式
第2話『船酔い大ピンチ!吐くべきか、我慢すべきか、それが重要です!!』の感想。



実際の航海士の仕事を体験する練習船実習。船酔いを心配し暗い表情の燕(武田玲奈)に、真鈴(飯豊まりえ)は絶対に船酔いしないという呪文を伝授する。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

燕と真鈴と4人の男子が、個性的で演技も自然で良い

船の船の面舵(おもかじ)と取り舵(とりかじ)だけで、あんなにドラマの一部として面白く出来るんだ、と妙に感心させられて始まった第2話。今回は、鵜川杏樹(日比美思)と言う、燕(武田玲奈)と真鈴(飯豊まりえ)と同じ1年生の別班のボスキャラ登場。ちょっとドラマが安っぽくなってきた。

その理由は、前回は触れなかったのだが燕たちの班は、女性2人は当然なのだが、実習生・鳴海新太を演じる勇翔さんら4人の男子が何気に個性的で演技も自然で良いから。もちろん、前回書いたように滑舌も良くて如何にも航海士志望って感じ。なのに、ボスキャラが滑舌良くないし演技も…だから。

お風呂やシャワー、トイレも効果的に使われてる

まっ、気を取り直して。本作って舞台が船だけだから、お風呂やシャワーなども有効活用しないと物語が成立しないのだが、そこのシーンをただのお色気シーン的にだけにせず、毎回ドラマの大切な場面に持って来るのがいい。そして、かなりの時化がやって来た。皆、演技上手いな。こちらまで船酔い気分になって来た。

次席一等航海士演じる岩井堂聖子さんもいい感じだ

次席一等航海士・藤原茜を演じる岩井堂聖子さんもいい感じ。最近はキー局の連ドラでお目にかかっていなかったが、地味な(失礼)映画に出演していて気になっていたから、本作でガッツリと見られて良かった。操船室の緊張感を一手に引き受けてる。

ボスキャラ必要?妙な船上いじめに話が進まない事を祈る

それにしても「カルマ・タテイ・ハ」って船酔いの呪文ってオチが、本作らしい馬鹿馬鹿しさで面白かった。途中でネタバレしちゃってたけど。で、最後は同じ班の友情と言うか仲間意識と言うか、正に青春。30分でちゃんと青春船舶コメディードラマに仕上がってる。妙な、船上いじめに話が進まないことだけを祈る…

あとがき

今回は、真鈴や燕たちの班6名の個性と役割分担が明瞭に描かれて良かったです。この班が良いだけに、もう1つの班が登場した途端に、チープな学園ドラマみたいになるのが今後の心配。次回に期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
帆を上げろ!(初回限定盤A)(DVD付) / BOYS AND MEN ドラマ『マジで航海してます。』主題歌


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/10132/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/451732608.html でも受付けております。


【これまでの感想】
第1話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR