貴族探偵 (第11話/最終回 15分拡大・2017/6/26) 感想

貴族探偵

フジテレビ系・月9『貴族探偵』公式
第11話/最終回 15分拡大『明らかになる全真相!仰天の貴族の思惑と衝撃のラスト!?』の感想。
なお、原作:麻耶雄嵩「貴族探偵」「貴族探偵対女探偵」(小説)は未読。



貴族(相葉雅紀)の秘密を探るため大富豪・具同家の別荘を訪れた愛香(武井咲)だったが、そこで2件の殺人事件が発生。さらに、何者かに頭を殴られて倒れた愛香は、翌朝貴族の天幕で目覚め、昨晩到着したという彼に助けられたことを聞く。貴族から捜査を止められた愛香は、鼻形(生瀬勝久)に貴族も重要な容疑者の1人だと伝える。そんな中、鼻形ら警察と捜査を始めた山本(松重豊)たち使用人の間に戸惑いが生じていく。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

女探偵さえいなければ、もっと面白かったのは間違いない

終わってみれば、“たった1つの要素” さえ無かったら、かなり個性的な探偵ドラマとしての面白味を惹き出せた作品だった、と言うのが最終回を見て、改めて感じたことだ。これまでもその “たった1つの要素” については違和感しか無かったのだが、最終回を見てハッキリと分かった。邪魔だったのだ。

それは、高徳愛香(武井咲)と言う新米探偵と言う存在と、彼女に関わる全ての内容が不要だったのだ。

なぜなら、愛香が存在しなくても、鼻形(生瀬勝久)と共に使用人たちが捜査をすれば、警察も同行しているから不自然さは無いし、最後に「水戸黄門」よろしく貴族(相葉雅紀)が登場し、「全てはお見通しだ」みたいに締めくくることが出来たことは、この最終回で明々白々だから。

そして、その方が、山本(松重豊)、佐藤(滝藤賢一)、田中(中山美穂)の敏腕さはもちろんのこと個性も活かせる。当然、鼻形の出番も増えれば生瀬勝久さんがもっと楽しく盛り上げるのは当然。鼻形と常見(岡山天音)のコンビももっと前に出るだろし、愛香の出番が無くなるだけで面白さが増える要素しかないのだ。

その上、愛香がいなければ、推理をするのは使用人だけになり、貴族探偵と言う “組織” としての面白さやそれを束ねる御前様の存在もグッと前に出て、ドラマの中心に見えるし、何よりあの相葉雅紀演じる独特な御前様がいなければ、本作が存在しないように見えるではないか。

原作との違いを出そうと目論んだ事が、完全に裏目に出た

私は原作未読だが、どうやら本作は2冊の原作から構成されており、その内の「貴族探偵対女探偵」だけ愛香は登場するのを、ドラマ化のために全話に登場したとされている。そもそも、その企画が失敗だった訳だ。原作との違いを出そうと目論んだことが、完全に裏目に出た格好だ。

例えば、この最終回だって、前回で散々登場した愛香は殆ど捜査らしきものはせず、捜査をしたのは鼻形と使用人たち。なのに、最後で愛香が推理を披露する場面なんてつくるからテンポも悪くなるし、後出しジャンケンに見えてしまう。ホント、勿体ない。若い女優が出演しなくても面白いドラマは作れると言う事を、まだフジテレビは学習しないのか?

あとがき

女探偵を登場させておいて全く活かせなかった脚本力、俳優は一生懸命に頑張ってるににちっとも推理モノとしての面白さを引き出せなかった演出力が、人気者や話題の俳優を集めてもダメだったってことですね。

相葉雅紀さん演じる御前様にも慣れましたし、作品の世界観も決して悪くはありません。放送開始直後に原作既読の読者さんから教えてもらった「本作は水戸黄門の世界観」と言う、それを忠実にテレビドラマ化したら良かっただけです。その意味では、女探偵抜きなら、続編やスペシャルドラマを見てみたいです。本当に残念でした。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


               

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
【早期購入特典あり】貴族探偵 Blu-ray BOX(メインビジュアルクリアファイル(B6サイズ))付
【早期購入特典あり】貴族探偵 DVD-BOX(メインビジュアルクリアファイル(B6サイズ))付
貴族探偵 Blu-ray BOX
貴族探偵 DVD-BOX
フジテレビ系ドラマ「貴族探偵」オリジナルサウンドトラック
貴族探偵 (集英社文庫)
貴族探偵対女探偵 (集英社文庫)
I'll be there(初回限定盤)(DVD付) フジテレビ系月9ドラマの最新作『貴族探偵』(主演:相葉雅紀)の主題歌
I'll be there フジテレビ系月9ドラマの最新作『貴族探偵』(主演:相葉雅紀)の主題歌


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/10076/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/451238420.html でも受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

貴族探偵 最終回「明らかになる全真相!仰天の貴族の思惑と衝撃のラスト!?」

ネタバレ失礼します。「ジャーーーン、実は生きてました」な種明かし、久々に見た気がします。大好きだった、エンディングのロングバージョンな回想シーンを見ながら、みんな起き上がってきそうな気がしたりして。豪華キャスティングでの、とんでも推理ショー。使用人達の活躍が、けっこう好きでした。悠々とお茶を飲みつつ「推理なんてものは、使用人に任せておけばいい」と微笑む貴族様(相葉雅紀)同様「んなアホな…」な...

貴族探偵 最終話

貴族探偵(相葉雅紀)と喜多見切子(井川遥)の死の真相を教えてもらう約束をした愛香(武井咲)は、日本有数の門閥・具同家の別荘・星見荘に向かいます。 具同家の後継者・弘基(桐山漣)の従姉妹・真希(矢作穂香)の誕生日パーティーに出席した愛香ですが、その夜、弘基と葉子(南沢奈央)が殺害されてしまいます。 発見した愛香も、鼻形(生瀬勝久)に連絡を取っている最中に襲われて倒れてしまいます。 ...

貴族探偵 第11話(最終回)

『明らかになる全真相!仰天の貴族の思惑と衝撃のラスト!?』内容事件を正しく紐解くことが出来たならば、切子(井川遥)の死の真相を教えると。貴族探偵(相葉雅紀)と約束をした愛香(武井咲)そんななか、具同家の“星見荘”で開かれるパーティーに招かれる。依頼者は、跡取り具同弘基(桐山漣)のいとこ・真希(矢作穂香)1年...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR