ひよっこ (第63回・6/14) 感想

連続テレビ小説「ひよっこ」

NHK総合・連続テレビ小説『ひよっこ』公式
第11週『あかね荘にようこそ!』『第63回』の感想。


 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


高子(佐藤仁美)からホールの仕事を教わるみね子(有村架純)。トレイの持ち方、メニューや水の置き方など1つ1つ真剣にメモを取る。高子いわく「一度の動きでいかに効率よくできるかが鍵」だという。鈴子(宮本信子)や省吾(佐々木蔵之介)、秀俊(磯村勇斗)、元治(やついいちろう)とまかないの昼食をとるが、開店までのあわただしさについていくのも精いっぱいのみね子。いよいよランチタイムが始まるが…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

丁寧なのは良いが、新人研修に5分も割く必要あるの?

うーん、分からなくもないが、ここまで丁寧に新人研修のシーンを描く必要ってあるのだろうか?だって、5分以上だよ。別に私が働くのではないのだから。それに、「語り」ですずふり亭のタイムスケジュールの説明まで必要だったのかな?まあ、描くなとは言わないが、モノローグも多くて何だかなぁって感じ。

「このまま開店しなければ楽しい」は、みね子らしくない

そんなこんなで、今度は “まかない” の時間で、あっと言う間に10分過ぎ。社会人になって9か月も働いてきたのに、今さら社会がどうだとか、「このまま開店しなければ楽しい」とかってモノローグも何か、何かなぁって感じ。だって、せっせと働いて実家に仕送りするのが、今のみね子(有村架純)のすることでは?

初日にミスするのは、「向島電機編」の第1週で放送済み

うーん。今回、2度目のため息が出たのが12分過ぎ。みね子が小さなミスを始めた頃だ。みね子が不器用だったり、のろまだったり、間抜けなのは良い。それが、第1回から続いてる正統派のみね子のキャラクター設定だから。失敗するのも可愛らしい。

ただ、新しい職場で初めての作業でミスをするってのは、既に「向島電機編」の第1週で放送済みだ。そりゃあ、仕事が違えばミスもするのは当然だが、これは架空の世界を描く朝ドラ。だとしたら、初出勤日のあるあるミスを描くよりも、努力をした上でミスをしてしまった “新たに成長したみね子” を描いて欲しかった。

"不器用でミス" でなく努力して失敗するみね子が見たい

そんなの簡単でしょ。初日は鈴子(宮本信子)や高子(佐藤仁美)ら店の従業員の助けを借りて、何とかミスをせずに…って描いて、それから数日間は、高子に叱られながらもみね子は頑張った。でも、ある時大失敗をしてしまうで良いんだから。ヒロインが学習能力が乏しいのはダメ。『まれ』と『べっぴんさん』の二の舞になるから。

それに、これでは「向島電機編」そのものを否定しているようにも見えてしまう。これでは話が1からやり直し。やはり、「すずふり亭編」でのみね子は社会人として9か月働いた成長したみね子で無ければおかしいでしょ?何か、今回は12分過ぎまで助長気味、12分過ぎは、向島電機のライン止め騒動を思い出しただけの15分間だった。

あとがき

今日はこれから人間ドックなので、昨晩9時から飲まず食わずのため、省吾(佐々木蔵之介)が焼くフライパンの上のハンバーグが一番心に刺さりました。また、仕事に慣れず落ち込んで、「私も始めはそうだった」なんてみんなに助けられて…ってやるんでしょうか。

今日の鈴子と高子が言ってたことも、愛子(和久井映見)と幸子(小島藤子)が言ってましたよね。上↑にも書きましたが、少しで良いから成長したみね子を見たいんです。なのに成長しないどころか、最近キャラクターが少し変わってきたような気さえするのが残念と言うか…

最後に。前回の「制服を支給される場面を入れたら良かったのに…」と言う感想に79回ものWeb拍手を頂き、ありがとうございました。これでは、「向島電機編」の第1週目と同じですよね。職場、職業は違えど、丁寧にゆっくりやることを学習したみね子を描いたら良かったのにと思います。という訳で、当blogは、まだまだ引き続き本作を応援します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


           

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 ひよっこ Part1 (NHKドラマ・ガイド)
NHK連続テレビ小説 ひよっこ 上
NHK連続テレビ小説「ひよっこ」1964年の食卓 (TJMOOK)
NHK連続テレビ小説「ひよっこ」 若い広場 (NHK出版オリジナル楽譜シリーズ)
三丁目の夕日の時代 ’64(昭和39年)篇―写真と資料で読む昭和39年大図鑑!! (C&L MOOK)
NHK人形劇クロニクルシリーズVol.2 劇団ひとみ座の世界~ひょっこりひょうたん島~ [DVD]
朝ドラ~NHK連続テレビ小説テーマ集~


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/10026/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/450846718.html でも受付けております。


【これまでの感想】
[妄想] 「ひよっこ」の昭和40年と言う時代設定に、再び“名作の予感”(2017/05/04)
[訂正] 「ひよっこ」第36回で、みね子がビーコロを食べたのは "初任給" でした(謝)(2017/05/14)
「ひよっこ」を2か月間観終えて、今思うこと…(2017/05/28)
「ひよっこ」の“青天目澄子”と演じる女優・松本穂香に注目してみた(2017/06/05)
「ひよっこ」は視聴者の“好意的な解釈”に頼らないで欲しい(2017/06/12)

第1週『お父ちゃんが帰ってくる!』
1  2  3  4  5  6
第2週『泣くのはいやだ、笑っちゃおう』
7  8  9  10  11  12
第3週『明日(あす)に向かって走れ!』
13  14 15  16  17  18
第4週『旅立ちのとき』
19  20  21  22  23  24
第5週『乙女たち、ご安全に!』
25 26 27 28 29 30
第6週『響け若人のうた』
31 32 33 34 35 36
第7週『椰子(やし)の実たちの夢』
37 38 39 40 41 42
第8週『夏の思い出はメロン色』
43 44 45 46 47 48
第9週『小さな星の、小さな光』
49 50 51 52 53 54
第10週『谷田部みね子ワン、入ります』
55 56 57 58 59 60
第11週『あかね荘にようこそ!』
61 62

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【ひよっこ】第63回 感想

高子(佐藤仁美)からホールの仕事を教わるみね子(有村架純)。トレイの持ち方、メニューや水の置き方など1つ1つ真剣にメモを取る。高子いわく「一度の…

OPEN>『ひよっこ』第63話

簡単な仕事なんて世の中にはない― ひじゅには平衡感覚がないから 料理を運ぶなんて至難の業 体力もないから 立ちっ放し動きっ放しの仕事は恐怖 おまけにコミュ障だから… もうキリがない(^^;) だから、みね子が頭真っ白になるのも良く分かる 工場の時以上にハラハラするな …ひじゅにですが何か? 「『どうぞ~美味しいですよ~』  という気持ちを乗せ...

OPEN>『ひよっこ』第63話

簡単な仕事なんて世の中にはない―ひじゅには平衡感覚がないから料理を運ぶなんて至難の業体力もないから立ちっ放し動きっ放しの仕事は恐怖おまけにコミュ障だから…もうキリがない...

ひよっこ 第63回

内容みね子(有村架純)の“すずふり亭”の初日。高子(佐藤仁美)から大事なのは、1度の動きで効率よく。。。だという。様々なことを教わるみね子。そして開店前のまかない。鈴子(宮本信子)から、最後の注意を与えられ。。。。。 敬称略 う~~~ん。。。 イマサラ。。。役割が。。。だとか。。。。云々。。。 奇妙すぎるモノローグ。心の声。 あの~~~スタッフさん。いや、脚...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR