ひよっこ (第57回・6/7) 感想

連続テレビ小説「ひよっこ」

NHK総合・連続テレビ小説『ひよっこ』公式
第10週『谷田部みね子ワン、入ります』『第57回』の感想。


 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


鈴子(宮本信子)に「すずふり亭で働かないか」と勧められたみね子(有村架純)。うれしくてたまらないみね子が、さっそく調理場の省吾(佐々木蔵之介)たちにあいさつしていると、ホール担当の高子(佐藤仁美)が帰ってくる。すると鈴子は急に慌てた様子でみね子を店の裏に連れ出す。なんと高子の最終面接があるのを忘れていたという。しかも、高子の選考基準は、とんでもないものだった…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

佐藤仁美さんの看板娘"高子"のキャラで乗り切った15分

これまで、実(沢村一樹)、美代子(木村佳乃)、みね子(有村架純)への的確で人情の厚い態度が魅力的だった鈴子(宮本信子)が、高子(佐藤仁美)の最終面接があることを忘れていたってことと、みね子の外見が平成女子にしか見えない違和感で始まった第57回。

まあ、みね子がすずふり亭に再就職するのは既定路線だから、それをどう1話入魂で魅せるかどうかってことに限って言えば、ドラマによくある話ではあるが、佐藤仁美さんから滲み出る看板娘「朝倉高子」のキャラクターの素晴らしさで、強引に15分間乗り切ったって感じ。朝ドラらしい緩いメリハリのあった15分間だった。

みね子のキャラクターがこれまでと微妙に違うような…

ただ、何だろう?何かみね子のキャラクターがこれまでと微妙に違うような。私の記憶では、もっとお堅くて真面目で誠実で謙虚な人間に映っていたのだが、「向島電機編」が終わった前回から、先に書いた通り、外見はまるで平成女子のようだし、テンションは高めで言動は軽め。

決して、ウザいとか鬱陶しいとまでは言わないが、月曜日で終わった乙女たちの中にいたみね子と別人みたい。これ、9か月間の東京生活であか抜けたとか、変わったと捉えるべきなのか、これからの話は過去の2か月と切り離して見て下さいってことなのか?

"ひよっこ劇団" の違う朝ドラを見ているような新鮮さ

それにしても放送開始から、1か月目は「奥茨城編」、2か月目は「向島電機編」、そして3か月目が「すずふり亭編」と、1か月単位で “ひよっこ劇団” が演じる違う朝ドラを見ているような雰囲気は、ある意味で新鮮だ。決して、褒めている訳ではないが、2度あることは3度あったと考えれば、ある意味 “作風” と言えるかも?

ただ、以前にも書いたが、脚本上は、みね子は高卒で就職する気は無かった訳だから、仕送りと父親捜しの両方をするために、最初からすずふり亭で働くと言う選択肢もあったはず。また、向島電機とすずふり亭がご近所と言う設定も出来たはず。

その2択をせずに、あっと言う間に再就職が決まる展開にした理由が見えてこない…。「向島電機編」は不要だったと言う強硬派の意見も分からなくもないが、乙女たちのエピソードの楽しさを考えたら、向島電機とすずふり亭が近所だったらと悔やまれる…

あとがき

まだ、「すずふり亭編」が始まって2日目ですが、だいぶ漫画チックな脚本と演出になってますね。佐藤仁美さんの名演技がなければ、大量の説明台詞で時間繋ぎをしただけにも思えちゃいました。どうやら「向島電機編」の時のように、新しいテイストに慣れるまで、乙女ロスと違和感を引き摺らなければならないようですね。

今週末にみね子が帰省する前に、乙女たちが難しいなら、せめて三男(泉澤祐希)と時子(佐久間由衣)の現状報告のシーンなんかを挿入してくれたら、3編が繋がったような印象になって、楽しくなりそうなんですが…。でも、「すずふり亭編」は明るい物語になりそうなのは良いです。愛子さんに報告する場面でホッとさせて欲しいです。

最後に。前回の「いくら新たな登場人物紹介を兼ねているとは言え11分間は長過ぎる」と言った落胆の感想に、82回ものWeb拍手を頂き、ありがとうございました。脚本のノリも演出のテイストも、出演者のメンバーを見ても、これまでの2か月とは違う雰囲気で進みそうですね。それが吉と出るか凶と出るか。という訳で、当blogは、引き続き恐る恐るにはなりましたが本作を応援します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


         

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 ひよっこ Part1 (NHKドラマ・ガイド)
NHK連続テレビ小説 ひよっこ 上
NHK連続テレビ小説「ひよっこ」1964年の食卓 (TJMOOK)
三丁目の夕日の時代 ’64(昭和39年)篇―写真と資料で読む昭和39年大図鑑!! (C&L MOOK)
NHK人形劇クロニクルシリーズVol.2 劇団ひとみ座の世界~ひょっこりひょうたん島~ [DVD]
朝ドラ~NHK連続テレビ小説テーマ集~


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/9998/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/450635888.html でも受付けております。


【これまでの感想】
[妄想] 「ひよっこ」の昭和40年と言う時代設定に、再び“名作の予感”(2017/05/04)
[訂正] 「ひよっこ」第36回で、みね子がビーコロを食べたのは "初任給" でした(謝)(2017/05/14)
「ひよっこ」を2か月間観終えて、今思うこと…(2017/05/28)
「ひよっこ」の“青天目澄子”と演じる女優・松本穂香に注目してみた(2017/06/05)

第1週『お父ちゃんが帰ってくる!』
1  2  3  4  5  6
第2週『泣くのはいやだ、笑っちゃおう』
7  8  9  10  11  12
第3週『明日(あす)に向かって走れ!』
13  14 15  16  17  18
第4週『旅立ちのとき』
19  20  21  22  23  24
第5週『乙女たち、ご安全に!』
25 26 27 28 29 30
第6週『響け若人のうた』
31 32 33 34 35 36
第7週『椰子(やし)の実たちの夢』
37 38 39 40 41 42
第8週『夏の思い出はメロン色』
43 44 45 46 47 48
第9週『小さな星の、小さな光』
49 50 51 52 53 54
第10週『谷田部みね子ワン、入ります』
55 56

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ウワサの高ちゃん>『ひよっこ』第57話

やはり 第3部『すずふり亭編』(勝手に決めている)は 「お笑い劇場」路線 で、行くみたいな雰囲気だな (ま、それだけでは終わらないだろうけど) …ひじゅにですが何か? 「頑張ります!…は、もう言ったか…頑張ります!」                               byみね子 今日は、高子さんの紹介回でもあったね。 今のと...

ウワサの高ちゃん>『ひよっこ』第57話

やはり第3部『すずふり亭編』(勝手に決めている)は「お笑い劇場」路線で、行くみたいな雰囲気だな(ま、それだけでは終わらないだろうけど)…ひじゅにですが何か?「頑張ります...

【ひよっこ】第57回 感想

鈴子(宮本信子)に「すずふり亭で働かないか」と勧められたみね子(有村架純)。うれしくてたまらないみね子が、さっそく調理場の省吾(佐々木蔵之介)…

ひよっこ 第57回

内容意気消沈で“すずふり亭”を訪れたみね子(有村架純)事情を知った鈴子(宮本信子)は、店で働かないかと言ってくれる。大喜びするみね子。しかし、その直後、鈴子が慌てはじめ、省吾(佐々木蔵之介)も顔色を変える。そしてホール係の朝倉高子(佐藤仁美)が店に帰ってくると、鈴子は、みね子を店の外へと連れ出すのだった。ホールには最終面接があると言う。。。。。 敬称略 話自体...

コメント

No title
違和感というのは今日もみね子に感じましたね。ベテランのコックさんへの態度は何かなぁと思いました。以前は綿引さんからの手紙にもお辞儀してましたよね?まだ高校生なのに偉いなぁって。謙虚さとか純朴さとかは変わらないで欲しいです。
ところで、佐藤仁美さんの看板娘いいですね!みね子がホール係にっていうときの調理場でのちょっとした緊張感と鍋がグツグツ音たてて、何か引き込まれました。高子さんも好きなキャラクターの一人です。
やはり主人公のキャラクターは変に変えないで欲しいですよね。不安になります。前回のトラウマも少しありますし。
恐る恐るでなくて、思いっきり応援したいですよね。
  • 2017-06-07│19:24 |
  • 舞子 URL│
  • [edit]
Re: No title
☆舞子さん
コメントありがとうございます。

みね子は、勝手に厨房に入るような娘じゃない!
なんて考えるのは、私が田舎娘のみね子の印象が強すぎるからでしょうか?

流石に、ちょっとキャラクターが変わり過ぎですよ。

佐藤仁美さんは、ドラマ『ビーチボーイズ』時代から注目している女優さんなので、
こうして今でも大活躍してくれるのはうれしいです。
  • 2017-06-07│20:26 |
  • みっきー(管理人) URL│
  • [edit]

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR