架空OL日記 (第8話・2017/6/3) 感想

架空OL日記

日本テレビ系・『架空OL日記』公式
第8話の感想。
なお、原作:バカリズム「架空OL日記」(小学館文庫)は未読。


後輩のゆみちゃん(田原可南子)が盲腸で入院したニュースで朝の更衣室はもちきり。お昼に皆でいつお見舞いに行くかを話していると、上司の柏原が登場。話を聞いていると、ゆみちゃんに一番早くお見舞いに行くことで、どうも皆にいい上司と思われたいらしい。そんな柏原に小峰(臼田あさ美)が教えてあげたことは…
---上記のあらすじは[公式サイト]より引用---

前半は「OLあるある」の小ネタ満載

『世界卓球×全仏テニス』放送のため、一昨日は『孤独のグルメ Season6』が、昨夜は『マッサージ探偵ジョー』が放送中止になり、週末の楽しみが集中することになった『架空OL日記』の第8話。

まず、冒頭の「いつもより10分早く…」の台詞だけで見事にオチまで作れるのだと感心。そして、物語は自然に盲腸の知識の話へ。これもただくだらないだけののだが面白い。次はお見舞いに何を持って行くかのお話。漫画『あずみ』は面白が全48巻だと途中で退院するとか、殺戮シーンが手術に合わないとか、どーでもいい話…が面白い。

上司の柏原が、いち早く部下のお見舞いに行って “いい上司” と思われたい目論みが、升野(バカリズム)たちに簡単に見透かされて、小峰様(臼田あさ美)に嫌がらせをされるのが、凄くリアル。歯磨きをしながら、何を言ってるか分からないってくだりも、昼休みあるあるらしくて楽しかった。

後半は、升野とマキちゃんと紗英ちゃんのドラマ仕立て

小ネタ攻撃の前半戦に対して、中盤からはちょっとドラマ仕立て。「全然いい」のくだりの会話劇。やはり、バカリズムさんとマキちゃん役の夏帆さんの掛け合いの間がお見事。天然で妹キャラの紗英ちゃんを演じる佐藤玲さんの天然っぷりの演技も素晴らしい。

あとがき

「OLあるある」の芯は30分間ずっとある上で、前半はテンポ良く小ネタで攻めて、後半は女子3人のドラマに仕上げた脚本はお見事でした。安定感抜群のドラマになってきましたね。次回も楽しみです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


 <    

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
架空OL日記 1 (小学館文庫)
架空OL日記 2 (小学館文庫)
LUCKY/TOWA TEI 読売テレビ「架空OL日記」オープニングテーマ「Love Forever」収録
月曜日戦争 (初回限定盤)吉澤嘉代子 読売テレビ「架空OL日記」主題歌


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/9988/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/450520379.html でも受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR