映画「メッセージ(字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし

映画「メッセージ(字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし
映画 『メッセージ(字幕版)』公式)を本日、劇場鑑賞。採点は、★★★☆☆(最高5つ星で3つ)。100点満点なら60 点にします。
なお、原作:テッド・チャンの短編小説「あなたの人生の物語」は未読。

私の評価基準(映画用)

ざっくりストーリー

突如、地球上の各地に巨大な球形飛行物体が出現する。謎の知的生命体がどから来たのか、目的も何もかもが不明だった。言語学者のルイーズ(エイミー・アダムス)は、彼らとの意思疎通をはかり意図を探るよう軍に雇われる。

ルイーズは黒い煙状の文字を解読するうちに、彼らが人類と全く異なる時間の観念を持っていることに気付く。物理学者のイアン(ジェレミー・レナー)と共に、友好的な交信をしようと試みるが、世界各国は彼らを敵と見なし、攻撃の準備を始める。ルイーズは地球を救い、自身の思いを伝えるために大胆な行動に出る…

理屈好きのSF映画ファンなら、大いに楽しめる作品

未知なる生命体との接近遭遇やコミュニケーション、人間の存在意義を問うたり、人類の進化などを描いたりと、過去の代表的で且つ有名なSF映画に登場した要素が多い作品ではあるが…

やり過ぎないセンスの良さが光るビジュアル、緻密な構成のストーリー、アカデミックで崇高な意思を描くことで、観客の知的好奇心を刺激し、人間的情緒を再確認できる点は、今までのどのSF映画とも異なるテイストだ。まあ、理屈好きのSF映画ファンなら、大いに楽しめる作品には仕上がっている。

娘を失った母であり言語学者がヒロインの設定が効いてる

幼い娘ハンナを病で失ってからの言語学者のルイーズの母性は、深い喪失感の中にある。そんなルイーズの娘とのコミュニケーションの物足りなさを埋めるかの如く、未知の生命体に対して根気よく粘ってコンタクトを取り、攻撃とは違う可能性を探し出す設定は面白い。

その意味でも、本作の主人公が娘を失ったばかりの母親と言う女性であることは、本作が他の作品と違う大きな特徴にもなっている。

久し振りに鑑賞中に『2001年宇宙の旅』を思い出した

ただ、全体的にメリハリやダイナミックさに欠ける。別にドンパチやれとかアクションしまくれなんてことではない。これを “静の映像化” と言えばカッコいいが、私にはそこまで感じ取ることは出来なかった。とにかく、きっとスゴイ終盤が待っているだろうと期待させる前半の作り込みに大して、後半が負けてしまった。

特に、肝心のルイーズが時間を逆行するような感覚を得る辺りから、真実に辿り着くまでが分かり難いのが残念。

でも前述の通り、理屈好きのSF映画ファンなら、本作を未知の生命体との遭遇と言う平凡なSF映画でなく、奥深く崇高な人間ドラマと捉えるだろうし、そうでない私も久し振りに『2001年宇宙の旅』を思い出させる映画に出会った感動は確かだ。

あとがき

観る人を選ぶ作品。過去のSF映画の要素をいいとこ取りしながら、娘を亡くした母であり言語学者がヒロインと言う設定が効いてる斬新なSF映画。やや小難しい内容だけに、誰もが楽しめるエンターテインメント作品ではありません。でも、本作の核心部分である「宇宙人の言語」の描写や表現については、劇場の大スクリーンで観る価値大です。

それと、私は今月多忙な中、やっと見つけた時間で、期待を膨らませて劇場に足を運んだのですが、作品の質を考えると、もっと落ち着いた時に観ていたら、違った印象になったかもしれません。これから劇場に行こうと思っている方は、わさわさしていない自分の時に観るのをお勧めします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


   

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
映画「メッセージ」Arrival [BD/Digital HD Combo ] [Blu-ray]
『メッセージ』(オリジナル・サウンドトラック)
あなたの人生の物語


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/9972/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/450401289.html でも受付けております。

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

メッセージ

評価:★★★★☆【4.5点】(11)(11) 宙に浮かぶ謎の物体と朝靄のコントラストが美しすぎる。

"あなたの人生の物語"『メッセージ(Arrival)』ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督、エイミー・アダムス、ジェレミー・レナー、フォレスト・ウィテカー、他

注・内容、台詞、ラストその他全般に触れています。『メッセージ』Arrival原作 : テッド・チャン監督 : ドゥニ・ヴィルヌーヴ出演 : エイミー・アダムスジェレミー・レナーフォレスト・ウィテカー、

メッセージ〜村上春樹的UFO

公式サイト。原題:Arrival。テッド・チャン原作、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督。エイミー・アダムス、ジェレミー・レナー、フォレスト・ウィテカー、マイケル・スタールバーグ。世界12か ...

「メッセージ」:日本の墨絵にも似て

映画『メッセージ』は、かなりハウブラウな所を狙っておりますね。結構アタマ使いなが

「メッセージ」

なかなか地味どしたなあ。

『メッセージ』 映画が避けてきたもの

 【ネタバレ注意】  『メッセージ』には脱帽だ。前回の記事で、私はSF映画の物足りなさを吐露したばかりだ。ところがこの映画は、まさに私が望んでいたものを見せてくれた。  前回の記事「『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』 フォックスと取引した理由」で、私は次のように述べた。  ・地球人の役者が変わった衣裳やメイクで演じるだけの異星人が多いけれど、異星人には地球人とは...

メッセージ・・・・・評価額1750円

それでも、あなたに会いたい。 ネビュラ賞、スタージョン賞を受賞した、テッド・チャン作の傑作SF短編小説「あなたの人生の物語」を、ケベック出身の若き異才ドゥニ・ヴィルヌーヴが映画化。 突然、世界各地に異星人の巨大な宇宙船が出現。 来訪の目的は全く不明で、パニックに陥った人類は何とかコミュニケーションを取ろうとするも、その方法が無い。 これは、未知なる訪問者の“言葉”を解読し、意思疎...

『メッセージ』 避けられない事態をどう扱うか?

 監督は『複製された男』『ボーダーライン』などのドゥニ・ヴィルヌーヴ。  原作はテッド・チャンの『あなたの人生の物語』。  原題は「Arrival」。  異星人とのファーストコンタクトを描いた作品。人類が初めて出会った地球外生命体とのコミュニケーションを丁寧に描いていくのだが、そのことが主人公に何をもたらすことになるのかという部分が見どころとなっている。  原作はSFの有...

劇場鑑賞「メッセージ」

答えは、自分の中にある… 詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201705190001/ メッセージ オリジナル・サウンドトラック [ ヨハン・ヨハンソン ]

【映画】メッセージ

【解説・あらすじ】「プリズナーズ」「ボーダーライン」などを手がけ、2017年公開の「ブレードランナー 2049」の監督にも抜擢されたカナダの鬼才ドゥニ・ビルヌーブが、異星人とのコンタクトを描いた米作家テッド・チャンの短編小説「あなたの人生の物語」を映画化したSF…

メッセージ

ドラマチックに満ちた映画体験に涙がこぼれた。  

「メッセージ」第29回東京国際映画祭

特別招待作品。アメリカ映画。監督はこれまでにも私が個人的にイチ押ししているドゥニ・ヴィルヌーヴ監督。実は、今年の東京国際映画祭は、チケット発売日にチケットが買えないという前代未聞の不手際があり、それはもう上を下への大混乱であった。体験した人は一様に思いを共有してくださると思うが、今年から新しくなった東京国際映画祭のオリジナルのシステムが、全く稼働しない。ともかく購入画面に辿り着かないのである...

メッセージ

【ARRIVAL】 2017/05/19公開 アメリカ 116分監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ出演:エイミー・アダムス、ジェレミー・レナー、フォレスト・ウィテカー、マイケル・スタールバーグ ある日突然、巨大飛行体が地球に。その目的は不明―― 言語学者ルイーズが解読した、人類へのラストメッセージとは――。 STORY:巨大な球体型宇宙船が、突如地球に降り立つ。世界中が不安と混乱に包まれる中、...

メッセージ  監督/ドゥニ・ヴィルヌーヴ

【出演】  エイミー・アダムス  ジェレミー・レナー  フォレスト・ウィテカー 【ストーリー】 巨大な球体型宇宙船が、突如地球に降り立つ。世界中が不安と混乱に包まれる中、言語学者のルイーズは宇宙船に乗ってきた者たちの言語を解読するよう軍から依頼される。彼ら...

メッセージ / Arrival

ネタばれあり。 『宇宙船のモデルは、“ばかうけ”だった』と監督が(冗談で)衝撃の告白をした話題の作品。 うーん、この手の接近遭遇ものでは、地球外生命体から人類がインスパイアを受けてしまうという事を描く事が多いのですが、これもその例に漏れません。言語学者の...

メッセージ

なんで未来が分るんだっけ?

メッセージ(2016)**ARRIVAL

 ある日突然、巨大飛行体が地球に。その目的は不明―― 言語学者ルイーズが解読した、人類へのラストメッセージとは――。 人気SF作家テッド・チャンのベストセラー短編集『あなたの人生の物語』に収められた表題作を「プリズナーズ」「ボーダーライン」のドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が映画化した感動のSFドラマ。ある日突然地球に飛来した謎のエイリアンとの意思疎通という重責を託された女性言語学者を待ち受ける...

メッセージ(2016)

 『メッセージ』(2016年)を渋谷Humaxシネマで見ました。 (1)アカデミー賞のいろいろな部門でノミネートされた作品(注1)なので、映画館に行ってきました。  本作(注2)の冒頭は、湖の畔に建てられている本作の主人公・ルイーズ・バンクス(エイミー・アダムス)の...

「メッセージ」 ARRIVAL (2016 SONY)

この秋に公開される「ブレードランナー」の続篇を監督しているドゥニ・ヴィルヌーヴの作品。どんな映画評でも絶賛されているし、予告編やポスターからも傑作の匂いがプンプンする。この映画だけは見逃せない。でも庄内では公開予定なし。ということでフォーラム山形で鑑賞。ありがとうフォーラムグループ。いやあ久しぶりに頭を使わないとついていけない映画。必死でくらいつく。ネタバレにならないようにヒントだけ。この作...

映画:メッセージ Arrival 21世紀版、エイリアンとのファーストコンタクト、は 映画初体験?!の斬新さ。

まずオープニングで舌を巻く。 ほんの数分で主人公の職業・経歴・経験値だけでなく、心の状態までもが露わにされる。 ほぼ平行して直ちに事件が発生、鑑賞者もその危機的状態に叩き込まれる! この手腕、なかなかに流石。 それもそのはず! 周回遅れDVD鑑賞なのに去年のベスト10入り「ボーダーライン」 ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督(「灼熱の魂」「プリズナーズ」)の成長・充実ぶりに感心...

メッセージ

テッド・チャンの短編小説をドゥニー・ヴィルヌーヴ監督が映画化したSF作品だ。ある日突然地球に飛来したエイリアンとの意思疎通を女性言語学者が解明する物語だけど、実は数千年後の地球にいる生物と人類との対話みたいな様相だと思った。最初から人類と敵対しているわけで

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR